ヨナ​書 1:1-17

1  エホバはアミタイの子ヨナ*+に言った。  「大都市ニネベに行き+,処罰について知らせなさい。そこの人々の悪は目に余るものがある」。  しかし,ヨナはエホバから逃げてタルシシュに行こうとした。ヨッパに下って,タルシシュ行きの船を見つけた。それで料金を払って乗船し,エホバから離れて,ほかの人たちと一緒にタルシシュに向かった。  エホバは海に暴風を吹かせた。激しい嵐が起き,船は難破しそうになった。  船乗りたちは恐れて,それぞれ自分の神に助けを求め始めた。そして,船を軽くしようと,船内の荷物を海に投げていった+。一方,ヨナは船底*に下り,そこで横になってぐっすり眠っていた。  船長が近くに来て,言った。「どうして眠っているんだ。起きて,あなたの神に呼び掛けてくれ! 真の神が気に掛け,助けてくれるかもしれない+」。  船乗りたちはこう言い合った。「くじを引こうじゃないか+。誰のせいでこんな災難に遭っているのか,調べよう」。それでくじを引くと,くじはヨナに当たった+  彼らはヨナに言った。「どうか言ってくれ。こんな災難に遭っているのはあなたのせいなのか。あなたの仕事は何だ。どこから来たんだ。国はどこか。どの民族か」。  ヨナは答えた。「私はヘブライ人です。海と陸を造った方,天の神エホバを畏れる*者です」。 10  船乗りたちはますます恐れ,「何てことをしたんだ」と言った。(ヨナがエホバから逃げようとしていることを知ったのだった。ヨナがそう話したからである。) 11  彼らは,「海が静まるためには,あなたをどうしたらいいのか」と言った。海がいっそう荒れてきたのである。 12  ヨナは答えた。「私を抱えて,海に投げ込んでください。そうすれば,海は静まります。激しい嵐に襲われているのは私のせいなのです」。 13  それでも船乗りたちは必死にこいで,船を陸に戻そうとした。しかし,うまくいかなかった。海がいっそう荒れてきたのである。 14  それで彼らはエホバに向かって叫んだ。「ああ,エホバ,どうかこの人のことで私たちを死なせないでください! 無実の人の死*の責任を私たちに負わせないでください。エホバ,あなたは望まれることを行ってこられたのですから」。 15  そうしてヨナを抱え,海に投げ込んだ。すると,荒れ狂っていた海は静まった。 16  それで彼らはエホバを非常に畏れ+,エホバに犠牲を捧げて誓約をした。 17  エホバは巨大な魚を送り,ヨナをのみ込ませた。ヨナはその魚の腹の中に3日3晩いた+

脚注

意味,「ハト」。
または,「甲板の下」。
または,「崇拝する」。
直訳,「血」。

注釈

メディア