ヨシュア​記 9:1-27

9  ヨルダン川の西側+,すなわち山地,シェフェラ,大海*の沿岸全域+,レバノンまでの全ての王は,起きたことを聞いた。ヘト人,アモリ人,カナン人,ペリジ人,ヒビ人,エブス人の王たちである+  彼らはヨシュアおよびイスラエルと戦うために同盟を結んだ+  ギベオン+の住民も,ヨシュアがエリコ+とアイ+にしたことを聞いた。  そして抜け目ない行動を取った。擦り切れた袋に食料を入れ,張り裂けて繕ってある擦り切れたぶどう酒用の革袋と一緒にロバに載せた。  擦り切れて継ぎを当てたサンダルを履き,擦り切れた服を着た。食料のパンはどれも,乾いてぼろぼろ砕けるものだった。  それから,ギルガルの宿営+にいるヨシュアのもとに行き,ヨシュアとイスラエルの人たちに言った。「私どもは遠くの土地から参りました。どうか私どもと契約を結んでください」。  しかしイスラエルの人たちはそのヒビ人たち+に言った。「あなたたちは近くに住んでいるのかもしれない。どうしてあなたたちと契約を結べるだろうか+」。  彼らはヨシュアに言った。「私どもはあなたに仕えます*」。 ヨシュアは言った。「あなたたちは何者ですか。どこから来たのですか」。  彼らは言った。「私どもは,あなたの神エホバのお名前を伺って非常に遠い土地から+やって参りました。その方の名声,エジプトでなさった全てのことについて聞いたからです+ 10  また,ヨルダン川の向こう側*にいたアモリ人の2人の王,ヘシュボンのシホン王+と,アシュタロテにいたバシャンのオグ王+になさった全てのことについても聞きました。 11  それで,私どもの長老たちと土地の住民は皆,こう言いました。『旅の食料を持って,その方たちに会いに行き,こう申し上げなさい。「私どもはあなた方に仕えます+。どうか私どもと契約を結んでください+」』。 12  食料として持ってきたこのパンも,皆さんのもとに来るために家を出た日にはまだ熱かったのですが,今ではご覧の通り,乾いてぼろぼろ砕けております+ 13  ぶどう酒を入れた時には新しかったこの革袋も,今では張り裂けてしまいました+。私どもの服やサンダルも,非常な長旅のために擦り切れております」。 14  人々は彼らの食料をいくらか手に取って*みたが,エホバに尋ねることはしなかった+ 15  ヨシュアは平和を約束し+,彼らを生かしておくという契約を結んだ。民の長たちもそのことを彼らに誓った+ 16  契約を結んで3日がたち,人々は,彼らが近くに,近辺に住んでいることを聞いた。 17  そこでイスラエル人は出掛け,3日目に彼らの町に来た。ギベオン+,ケフィラ,ベエロト,キルヤト・エアリム+である。 18  しかし,イスラエル人は彼らを攻撃しなかった。民の長たちがイスラエルの神エホバに懸けて誓っていたからである+。民全員が長たちに対して不満を口にし始めた。 19  長たちは皆,民全体に言った。「私たちは,イスラエルの神エホバに懸けて誓ったので,彼らを傷つけることは許されない。 20  私たちはこうする。彼らを生かしておき,彼らに誓った誓いのために私たちに対して憤りが生じないようにする+」。 21  長たちはさらに言った。「彼らを生かしておくが,民全員のためにまきを集める者,水をくむ者とする」。これは長たちが彼らに約束したことだった。 22  ヨシュアは彼らを呼んで,こう言った。「あなたたちはすぐそこに住んでいるのに,どうして『非常に遠い所から来た』と言って,私たちをだましたのですか+ 23  あなたたちは今後,卑しい*者です+。ずっと奴隷となり,私の神の家のためにまきを集め,水をくむのです」。 24  彼らはヨシュアに答えた。「私どもは,あなたの神エホバがご自分の奉仕者モーセに,この土地全てを皆さんに与えて住民全てを全滅させるようにお命じになったことをはっきりと知らされたのです+。それで,皆さんのゆえに自分たちは殺されるのではないかと不安になりました+。ですから,あのようにしたのです+ 25  どんな扱いも受け入れます。正しくて良いと思われることを何でも行ってください」。 26  ヨシュアは彼らにそのようにした。そして彼らを守り,イスラエル人に殺させなかった。 27  その日,ヨシュアは彼らを,神が選ぶ場所で+民およびエホバの祭壇のためにまきを集める者,水をくむ者とした+。今もそうである+

脚注

地中海のこと。
または,「の奴隷です」。
東側のこと。
または,「調べて」。
または,「災いを受ける」。

注釈

メディア