ヨシュア​記 20:1-9

20  エホバはヨシュアにった。  「イスラエルじんにこうげなさい。『わたしがモーセをとおしてはなしたなんまち+ぶんたちのためにえらびなさい。  せずにまたはあやまって*ひところした*ものがそこにげるためである。そこはふくしゅうしゃ*からの+なんじょとなる。  そのものなんまちの1つに+まちもん+ぐちち,そこのちょうろうたちにじょうはなさなければならない。ちょうろうたちはそのものまちれてしょあたえ,そのものかれらとともむ。  ふくしゅうしゃけてきても,そのものわたしてはならない。あやまって*なかころしたのであって,ぜんからにくんでいたのではないからである+  そのものは,たみまえさばかれるまで+そのまちみ,そのときだいさいまでそこにとどまらなければならない+。そのぜんいたまちもどってぶんいえはいってよい+』」。  イスラエルじんは,ナフタリのさんにあるガリラヤのケデシュ+,エフライムのさんのシェケム+,ユダのさんにあるキルヤト・アルバ+つまりヘブロンをしんせいところとした*  ヨルダンほう,エリコのひがしでは,ルベンぞくからだい*こうにあるベツェル+,ガドぞくからギレアデのラモト+,マナセぞく+からバシャンのゴラン+えらんだ。  これらが,イスラエルじんすべてとそのあいだがいこくじんきょじゅうしゃのためのまちとしてさだめられた。だれでもせずにひところしたものがそこにげるため+,そのものたみまえさばかれるまえふくしゅうしゃかってぬことのないためである+

脚注

または,「知らずに」。
または,「打った」。
または,「流血に対する復讐者」。
または,「知らずに」。
または,「取り分けた」。
または,「高原」。

注釈

メディア