ヨシュア​記 19:1-51

19  2ばんのくじ+はシメオンのため,シメオンぞく+ぞくのためにた。かれらのはユダのなかにあった+  かれらのは,ベエル・シェバ+およびシェバ,モラダ+  ハツァル・シュアル+,バラ,エツェム+  エルトラド+,ベトル,ホルマ,  チクラグ+,ベト・マルカボト,ハツァル・スサ,  ベト・レバオト+,シャルヘン。13のまちとそのまわりのしゅうらく  アイン,リモン,エテル,アシャン+。4つのまちとそのまわりのしゅうらく  これらのまちしゅうにあるすべてのしゅうらく,バアラト・ベエル,みなみのラマまでのしゅうらく。これが,シメオンぞくぞくそうぞくしていくだった。  シメオンのそんは,ユダのなかからあたえられた。ユダがけたぶんかれらにとってひろぎたからである。シメオンのそんかれらのなかしょゆう+ 10  3ばんのくじ+がゼブルン+そんぞくのためにた。かれらのきょうかいはサリドまでだった。 11  きょうかいせん西せいほうのぼってマルアラにき,ダベシェトに,ヨクネアムにめんするたに*たっした。 12  またサリドからとうほうへ,ほうこうかってキスロト・タボルのきょうかいすすみ,ダベラト+て,ヤフィアにのぼった。 13  そこからとうほうに,ほうこうかってガト・ヘフェル+に,エト・カツィンにすすみ,リモンにて,ネアにった。 14  きょうかいせんはそこのきたまわってハナトンにき,イフタハ・エルのたにたっした。 15  それに,カタト,ナハラル,シムロン+,イドアラ,ベツレヘム+。12のまちとそのまわりのしゅうらく 16  これが,ゼブルンのそんぞく+そうぞくしていくだった。まちとそのまわりのしゅうらくである。 17  4ばんのくじ+がイッサカル+のため,イッサカルのそんぞくのためにた。 18  かれらのきょうかいせんかうのは,エズレル+,ケスロト,シュネム+ 19  ハファライム,シオーン,アナハラト, 20  ラビト,キション,エベツ, 21  レメト,エン・ガニム+,エン・ハダ,ベト・パツェツ。 22  きょうかいせんはタボル+,シャハツマ,ベト・シェメシュにたっし,ヨルダンがわしゅうてんだった。16のまちとそのまわりのしゅうらく 23  これが,イッサカルぞくぞく+そうぞくしていくであり,まちとそのまわりのしゅうらくだった。 24  5ばんのくじ+がアシェルぞく+ぞくのためにた。 25  かれらのきょうかいせんにあるのは,ヘルカト+,ハリ,ベテン,アクシャフ, 26  アラメレク,アムアド,ミシュアル。きょうかいせんは,西にしはカルメル+,シホル・リブナトにたっし, 27  ひがしもどってベト・ダゴンにき,ゼブルンにせっし,イフタハ・エルのたにきたに,ベト・エメク,ネイエルにたっし,カブルのひだりび, 28  エブロン,レホブ,ハモン,カナに,だいシドン+にまですすんだ。 29  きょうかいせんもどってラマに,ぼうされたまちティルス+にまですすみ,ホサにもどり,うみたっした。そのほうにあるのは,アクジブ, 30  ウマ,アフェク+,レホブ+。22のまちとそのまわりのしゅうらく 31  これが,アシェルぞくぞく+そうぞくしていくだった。まちとそのまわりのしゅうらくである。 32  6ばんのくじ+がナフタリのそんのため,ナフタリのそんぞくのためにた。 33  かれらのきょうかいせんは,ヘレフから,ツァアナニム+たいぼくからで,アダミ・ネケブ,ヤブネエル,ラクムにき,ヨルダンがわしゅうてんだった。 34  きょうかいせん西にしもどってアズノト・タボルにすすみ,そこからフッコクにった。みなみがわでゼブルンに,西にしがわでアシェルに,ひがしのヨルダンがわところでユダにせっした。 35  ぼうされたまちはツィディム,ツェル,ハムマト+,ラカト,キネレト, 36  アダマ,ラマ,ハツォル+ 37  ケデシュ+,エドレイ,エン・ハツォル, 38  イルオン,ミグダル・エル,ホレム,ベト・アナト,ベト・シェメシュ+。19のまちとそのまわりのしゅうらく 39  これが,ナフタリぞくぞく+そうぞくしていくであり,まちとそのまわりのしゅうらくだった。 40  7ばんのくじ+がダンぞく+ぞくのためにた。 41  かれらのきょうかいせんにあるのは,ツォルア+,エシュタオル,イル・シェメシュ, 42  シャアラビン+,アヤロン+,イトラ, 43  エロン,ティムナ+,エクロン+ 44  エルテケ,ギベトン+,バアラト, 45  エフド,ベネ・ベラク,ガト・リモン+ 46  メ・ヤルコン,ラコンで,きょうかいせんはヨッパ+ちかくをとおった。 47  しかし,ダンのりょうかれらにとってせまぎたので+のぼっていってレシェム+たたかい,そのまちこうりゃくしてつるぎった。そこをしゅとくしてむようになり,ダンにちなんでレシェムをダンというまええた+ 48  これが,ダンぞくぞくそうぞくしていくだった。まちとそのまわりのしゅうらくである。 49  をそれぞれのりょうけることがわった。イスラエルじんはヌンのヨシュアにぶんたちのあいだあたえた。 50  かれもとめたまち,エフライムのさんにあるティムナト・セラハ+をエホバのあたえた。ヨシュアはそのまちなおしてむようになった。 51  じょうが,さいエレアザルとヌンのヨシュアとイスラエルのぞくちょう*がシロ+で,エホバのまえかいけんてんまく+ぐちで,くじによってぶんぱいした+だった。こうしてはいぶんわった。

脚注

または,「ワジ」。
または,「父方の家の頭」。

注釈

メディア