ミカ​書 2:1-13

2  「ゆうがいなことをたくらむものどこうえわるいことをけいかくするものにはわざわいがある!あさのぼると,かれらはじっこううつす。かれらのにはちからがあるからだ+   かれらははたけしがり,うば+いえしがり,る。いえそうぞくざいさんをだまし+   それでエホバはこうう。わたしはあなたたちにもたらすわざわいについてかんがえている+あなたたちはのがれられず+,もうごうまんにはあゆめない+わざわいのときなのだ+   そのひとびとはあなたたちについてのかえす。あなたたちについてはげしくなげ+こううのだ。「わたしたちはすっかりらされた+わたしたちのたみぶん*ひとわたされた。られたのだ+わたしたちのはたけちゅうじつものあたえられた」。   あなたはエホバのかいしゅう*なかに,はかづなってけるものたなくなる。   「でんどうをやめよ!」とかれらはでんどうし,「こうしたことをでんどうしてはならない。われわれがはずかしめられることなどない」とう。   ヤコブのそんよ,こうわれているのをいたか。「エホバ*まんできなくなったのか。これがそのちか」。わたしことは,しょうじきあゆひとにはいことをもたらすのではないか。   しかしさきごろわたしたみてきとしてがった。あなたたちは,ふくから*りっかざりをこうぜんる。たたかいからかえってくるひとのようにあんしんしてとおっていくひとたちから。   あなたたちはわたしたみじょせいたちをかいてきいえからし,どもたちからわたしこうえいきゅうる。 10  がってすすめ。ここはあんじゅうではない。けがれのゆえに+めつがある。つうめつである+ 11  かぜあざむきにいていくものが,わたしはあなたにぶどうしゅなどのさけについてでんどうしよう」と,たわごとうなら,そのものこそ,このたみのためのでんどうしゃ+ 12  ヤコブよ,わたしはあなたのすべてをかならあつめる。イスラエルののこっているひとたちをかならしゅうごうさせる+わたしかれらをひとつにならせる。かこいのなかひつじたち,ぼくそうにいるれのように+そこはひとでにぎわうことになる+』。 13  とっするものかれらのまえく。かれらはやぶり,もんとおってていく+かれらのおうかれらのまえすすむ。せんとうにはエホバがいる+」。

脚注

または,「土地」。
用語集参照。
または,「エホバの力」。
または,「服と」。

注釈

メディア