マルコ​に​よる​福音​書 9:1-50

9  イエスはさらに言った。「はっきり言いますが,ここに立っている人の中には,死を迎える前に,神の王国が力を持ってすでに来ているのを見る人たちがいます+」。  6日後,イエスはペテロとヤコブとヨハネだけを連れて,高い山に登った。そして3人の目の前でイエスの姿が変わった+  外衣はきらきら輝き,地上のどんな洗濯人にもできないほどに白くなった。  また,エリヤがモーセと共に現れ,イエスと語り合っていた。  そこでペテロがイエスに言った。「ラビ,私たちがこの場にいられるのは素晴らしいことです。3つの天幕を立てさせてください。あなたと,モーセと,エリヤのためです」。  ペテロはどう反応したらいいか分からなかったのである。3人ともすっかり恐れていた。  すると,雲ができて皆を覆い,雲の中から声がした+。「これは私の愛する子である+。彼の言うことを聞きなさい+」。  その瞬間,3人は辺りを見回したが,イエス以外にはもう誰も見えなかった。  山を下っていた時,イエスは,人の子が生き返るまでは,見た事柄を誰にも話してはならない,と厳重に命じた+ 10  3人はその言葉を心に留めた*が,この生き返るとはどういう意味なのかを論じ合った。 11  そしてイエスに質問し始め,「なぜ律法学者たちは,まずエリヤ+が来なければならないと言うのですか」と言った+ 12  イエスは言った。「確かにエリヤがまず来て,全てのものを回復します+。では,人の子が必ず多くの苦しみに遭い+,侮辱される,と書いてあるのはどうしてでしょうか+ 13  あなたたちに言いますが,エリヤ+は現に来て,人々は彼に対してしたい放題のことをしました。書かれていた通りです+」。 14  彼らがほかの弟子たちの所に来ると,大勢の人が群がっていて,律法学者たちが弟子たちと言い合っていた+ 15  群衆はイエスを見掛けると非常に驚き,走り寄って,あいさつした。 16  イエスは,「何を言い合っているのですか」と尋ねた。 17  群衆の1人が答えた。「先生,息子が邪悪な天使に取りつかれて話せないので,あなたの所に連れてきました+ 18  その者はいつでも息子を襲うと地面にたたきつけ,息子は泡を吹き,歯ぎしりして,ぐったりしてしまいます。あなたの弟子たちに,追い出してくれるよう頼みましたが,できませんでした」。 19  それでイエスは言った。「ああ,不信仰な世代よ+,私はいつまであなた方といなければならないのでしょう。いつまであなた方のことを耐えなければならないのでしょう。その子を連れてきなさい+」。 20  その少年が連れてこられた。邪悪な天使はイエスを見ると,すぐにその子にけいれんを起こさせ+,子供は地面に倒れ,泡を吹きながら転げ回った。 21  イエスは父親に尋ねた。「こうしたことがいつから起きているのですか」。父親は言った。「小さな頃からずっとです。 22  邪悪な天使は息子を殺そうとして,何度も火の中や水の中に投げ込みました。しかし,何かできるのでしたら,かわいそうだと思って私たちを助けてください」。 23  イエスは言った。「『できるなら』と言うのですね。信仰がある人には全てのことが可能です+」。 24  父親は直ちに声を張り上げて言った。「私には信仰があります! もっと信仰を持てるよう助けてください*+!」 25  その時イエスは,群衆が押し寄せてくるのに気付き,邪悪な天使を叱りつけて,「口と耳をふさぐ邪悪な天使よ,私は命じます。この子から出て,二度と入ってはなりません」と言った+ 26  すると,邪悪な天使は叫び声を上げ,何度もけいれんを起こさせてから,出ていった。子供は死んだように見え,大半の人が「この子は死んだ!」と言った。 27  しかし,イエスが手を取って起こすと,子供は立ち上がった。 28  イエスが家に入ってから,弟子たちがそっと尋ねた。「なぜ私たちは追い出せなかったのでしょうか+」。 29  イエスは言った。「この種のものは,祈らなければ追い出せません」。 30  一行はそこを出発してガリラヤを通ったが,イエスはそのことを誰にも知られたくなかった。 31  弟子たちを教え,こう話していたからである。「人の子は裏切られて人々に引き渡され,殺されます+。しかし,殺されても3日後に生き返ります+」。 32  けれども,弟子たちはその言葉が理解できず,質問する勇気もなかった。 33  一行はカペルナウムに入った。家の中にいた時,イエスは弟子たちに,「途中で何を言い合っていたのですか」と質問した+ 34  弟子たちは黙っていた。途中で,誰が一番偉いかと言い合っていたからである。 35  イエスは腰を下ろし,12人を呼んで,言った。「1番でありたい人は,みんなの最後となり,みんなの奉仕者とならなければなりません+」。 36  そして,幼い子供を真ん中に立たせ,その子に腕を回して,弟子たちに言った。 37  「私の名のためにこのような幼い子供1人を受け入れる人は+,私をも受け入れます。そして私を受け入れる人は,私だけでなく,私を遣わした方をも受け入れます+」。 38  ヨハネがイエスに言った。「先生,ある人があなたの名を使って邪悪な天使を追い出していたので,私たちはやめさせようとしました。私たちの後に従っていないからです+」。 39  しかしイエスは言った。「やめさせようとしてはなりません。私の名によって強力な行いをしながら,すぐに私を悪く言える人はいないからです。 40  私たちに反対していない人は私たちに味方しているのです+ 41  はっきり言いますが,あなたたちがキリストの弟子だという理由で1杯の飲み水をくれる人は+,必ず報いを得ます+ 42  しかし,信仰を持つそのような目立たない人1人の信仰を妨げる人は,ロバの回す石臼を首に掛けられて海に投げ込まれる方がよいでしょう+ 43  もし一方の手があなたの信仰の妨げとなるなら,それを切り捨てなさい。片方の手を失って命を得る方が,両手があるままゲヘナに,消えない火の中に行くよりは,よいのです+ 44  ― 45  また,もし一方の足があなたの信仰の妨げとなるなら,それを切り捨てなさい。片方の足を失って命を得る方が,両足があるままゲヘナに投げ込まれるよりは,よいのです+ 46  ― 47  また,もし一方の目があなたの信仰の妨げとなるなら,それを捨て去りなさい+。片方の目を失って神の王国に入る方が,両目があるままゲヘナに投げ込まれるよりは,よいのです+ 48  ゲヘナでは,うじは死なず,火は消えません+ 49  全ての人には,塩が振り掛けられるように,火が注がれなければならないのです+ 50  塩は良いものです。しかし,もし塩が塩気を失ったら,何によって塩気を取り戻せるのですか+。自分の内に塩を持ちなさい+。そして,互いに平和を保ちなさい+」。

脚注

もしかすると,「この件を胸にしまい込んだ」。
直訳,「私の信仰の欠如を助けてください」。

注釈

カエサレア・フィリピ: ヨルダン川の水源地で海抜350メートルの高台にあった町。ガリラヤ湖の北40キロほど,ヘルモン山の南西山麓にあった。ヘロデ大王の息子で四分領太守のフィリポがローマ皇帝をたたえてカエサレアと名付けた。同じ名前の海港の町と区別するために,カエサレア・フィリピと呼ばれた。これは「フィリポのカエサレア」という意味。付録B10参照。

イエスの姿が変わった: または,「イエスが変化した」,「イエスが変貌した」。同じギリシャ語動詞(メタモルフォオー)がロマ 12:2に出てくる。

高い山: カエサレア・フィリピに近いヘルモン山の可能性がある。(マル 8:27マタ 16:13の注釈を参照。)標高2814メートル。イエスの姿が変わったのは,ヘルモン山のどこかの尾根だったかもしれない。付録B10参照。

イエスの姿が変わった: マタ 17:2の注釈を参照。

ラビ: 字義的には,「私の偉大な方」という意味。「偉大な」という意味のヘブライ語ラブに由来。一般の用法で「ラビ」は「先生」という意味だった。(ヨハ 1:38

天から声があった: 福音書の中で,エホバが人間に直接話したことが記されている3つの事例のうち最初のもの。マル 9:7,ヨハ 12:28の注釈を参照。

声: 福音書の中で,エホバが人間に直接話したことが記されている3つの事例のうち3つ目のもの。1つ目は西暦29年のイエスのバプテスマの時で,マタ 3:16,17,マル 1:11,ルカ 3:22に記されている。2つ目は西暦32年,イエスの姿が変わった時で,マタ 17:5,マル 9:7,ルカ 9:35に記されている。3つ目はヨハネの福音書だけに出ていて,西暦33年,イエスの最後の過ぎ越しの少し前のこと。エホバは,お名前を栄光あるものとしてください,というイエスの願いに答えた。

声: 福音書の中で,エホバが人間に直接話したことが記されている3つの事例のうち2つ目のもの。マル 1:11,ヨハ 12:28の注釈を参照。

人の子: または,「人間の子」。原語で,この表現は福音書に約80回出ている。イエスは自分を指してこの表現を用いた。自分が女性から生まれた紛れもない人間であること,また人類を罪と死から救う力を持つ,アダムにちょうど対応する人間であることを強調したものと思われる。(ロマ 5:12,14,15)この同じ表現は,イエスがメシアすなわちキリストであることも明らかにした。(ダニ 7:13,14用語集参照。

人の子: マタ 8:20の注釈を参照。

てんかん: ギリシャ語は字義的には,「月に打たれる」という意味。しかし,マタイはこの語を医学的な観点で使っている。迷信に影響されて病気を特定の月相と結び付けているのではない。マタイ,マルコ,ルカが記した症状は明らかにてんかんと関連がある。

けいれん: ここの事例では,邪悪な天使の働きがてんかんの症状と結び付けられていた。しかし聖書は,一般的に邪悪な天使に取りつかれることをてんかんの原因としているわけではない。耳が聞こえないとか話せないという場合と同様である。(マル 9:17,25と比較。)実際,マタ 4:24は,「邪悪な天使に取りつかれた人,てんかんがある人」を含め,病んでいる人たちがイエスのもとに連れてこられたと報告しており,この2種類の人々を区別している。マタ 4:24の注釈を参照。

一部の古代写本はここを,「しかし,この種のものは祈りと断食によらなければ出ません」としている。(マル 9:29の注釈を参照。)しかし,この文は最初期の最も信頼できる幾つかの写本には出ておらず,聖書にもともとあったわけではないと思われる。付録A3参照。

祈らなければ: 一部の写本は「祈りと断食によらなければ」としているが,「と断食」の部分は最初期の最も信頼できる幾つかの写本には出ていない。その部分は,断食を唱道し実践する写字生が加えたものだと思われる。その人たちは,以前の写本にはない幾つもの箇所に断食のことを含めた。マタ 17:21の注釈を参照。

信仰の妨げ: 「信仰の妨げ」と訳されているギリシャ語スカンダロンは,元々わなを指していたと考えられている。わなの中の餌の付いた棒のことだと考える人もいる。転じてこの語は,人をつまずかせたり倒れさせたりする障害物を指すようになった。比喩的な意味で,人を誤った歩み,道徳的な堕落,罪へと至らせる行動や状況を指す。この語と関係のある動詞スカンダリゾーはマタ 18:8,9で「信仰の妨げとなる」と訳されており,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。

ロバの回す石臼: または,「大きな石臼」。直訳,「ロバの臼の石」。直径1.2-1.5メートルと思われる。非常に重くてロバで回す必要があった。

の信仰を妨げる: 直訳,「をつまずかせる」。ギリシャ語聖書で,ギリシャ語スカンダリゾーは比喩的な意味で使われている。この文脈では,イエスの後に従ってイエスを信じるはずの人の信仰の障害となることを指して広く使われているのだろう。罪を犯させることやわなとなることも含まれるかもしれない。それには,道徳に関する神の律法を破ること,信仰を失うこと,偽りの教えを受け入れることが関係するかもしれない。(マタ 18:7の注釈を参照。)そのような目立たない人という表現は,この世の観点では重要に見えなくても神の目に貴重なイエスの弟子を指す。

ロバの回す石臼: マタ 18:6の注釈を参照。

信仰の妨げ: 「信仰の妨げ」と訳されているギリシャ語スカンダロンは,元々わなを指していたと考えられている。わなの中の餌の付いた棒のことだと考える人もいる。転じてこの語は,人をつまずかせたり倒れさせたりする障害物を指すようになった。比喩的な意味で,人を誤った歩み,道徳的な堕落,罪へと至らせる行動や状況を指す。この語と関係のある動詞スカンダリゾーはマタ 18:8,9で「信仰の妨げとなる」と訳されており,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。

ゲヘナ: この語は,ヘブライ語ゲー ヒンノームに由来し,「ヒンノムの谷」という意味。その谷は古代エルサレムの南から南西にあった。(付録B12,「エルサレムとその周辺」の地図を参照。)イエスの時代には,ごみ焼却場になっていたので,「ゲヘナ」という語は完全な滅びの象徴として適切だった。用語集参照。

あなたの信仰の妨げとなる: この文脈で,ギリシャ語スカンダリゾーは,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。マタ 18:7の注釈を参照。

切り捨てなさい: イエスは誇張法を使っていた。手,足,目などが自分を不忠実な行為に陥らせるのを許すよりはそのような貴重なものも進んで放棄すべきである,と言っていた。明らかに,自分の体を傷つけることを勧めていたのではなく,人が手足や目の意志に従っていると言っていたのでもない。(マル 9:45,47)体の一部を使って罪を犯すより,それをいわば殺す,すなわちそれが体から切断されているかのように扱う,という意味だった。(コロ 3:5と比較。)人は命を得ることを何ものにも妨げられてはならない。

ゲヘナ: マタ 5:22の注釈用語集を参照。

一部の写本はここで「そこでは,うじは死なず,火は消えません」としているが,その言葉は初期の重要な幾つかの写本には出ていない。同様の言葉が48節にあり,その文面について不明な点はない。証拠からすると,写本家が48節の言葉を44節46節にも入れたのだろう。付録A3参照。

あなたの信仰の妨げとなる: この文脈で,ギリシャ語スカンダリゾーは,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。マタ 18:7の注釈を参照。

ゲヘナ: この語は,ヘブライ語ゲー ヒンノームに由来し,「ヒンノムの谷」という意味。その谷は古代エルサレムの南から南西にあった。(付録B12,「エルサレムとその周辺」の地図を参照。)イエスの時代には,ごみ焼却場になっていたので,「ゲヘナ」という語は完全な滅びの象徴として適切だった。用語集参照。

あなたの信仰の妨げとなる: マル 9:43の注釈を参照。

ゲヘナ: マタ 5:22の注釈用語集を参照。

マル 9:44の注釈を参照。

あなたの信仰の妨げとなる: この文脈で,ギリシャ語スカンダリゾーは,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。マタ 18:7の注釈を参照。

ゲヘナ: この語は,ヘブライ語ゲー ヒンノームに由来し,「ヒンノムの谷」という意味。その谷は古代エルサレムの南から南西にあった。(付録B12,「エルサレムとその周辺」の地図を参照。)イエスの時代には,ごみ焼却場になっていたので,「ゲヘナ」という語は完全な滅びの象徴として適切だった。用語集参照。

あなたの信仰の妨げとなる: マル 9:43の注釈を参照。

ゲヘナ: マタ 5:22の注釈用語集を参照。

ゲヘナ: この語は,ヘブライ語ゲー ヒンノームに由来し,「ヒンノムの谷」という意味。その谷は古代エルサレムの南から南西にあった。(付録B12,「エルサレムとその周辺」の地図を参照。)イエスの時代には,ごみ焼却場になっていたので,「ゲヘナ」という語は完全な滅びの象徴として適切だった。用語集参照。

ゲヘナ: マタ 5:22の注釈で示されているように,イエスの時代までにヒンノムの谷(「ゲヘナ」はこの表現に由来)はごみ焼却場になっていた。うじは死なず,火は消えませんと述べたイエスは,イザ 66:24の預言の言葉に言及していたと思われる。その預言は,責め苦に遭わされている人を描写しているのではなく,エホバに反逆した「者たちの死体」に起きることを述べている。火が達しない所では,虫つまりうじが湧いて,火で燃やされなかったものを食い尽くした。それで,イエスの言葉は,神の不利な裁きの結果が責め苦ではなく完全な滅びであることを意味している。

塩が振り掛けられるように,火が注がれなければならない: この比喩表現は2通りの解釈が可能。(1)この表現がマル 9:43-48に記録されているイエスの直前の言葉と結び付いているなら,ゲヘナの火による滅びを指すのだろう。イエスは,ソドムとゴモラに起きたことに言及していたのかもしれない。神が死海(塩の海)付近のそれらの町に「硫黄と火を降らせた」時のことである。(創 19:24)この流れだとすると,「全ての人には,塩が振り掛けられるように,火が注がれなければならない」というイエスの言葉は,手足や目が自分や他の人を不忠実な行為に陥らせるままにする人は皆,塩が振り掛けられるようにしてゲヘナつまり永遠の滅びという火を注がれる,という意味だろう。(2)この表現が直後のマル 9:50に記録されている言葉と結び付いているなら,弟子たちと彼らの活動のために注がれて互いの平和な関係を促進する火についてイエスは語っていたのかもしれない。この流れだと,全ての人つまり全ての弟子は,偽りと誤りを焼き尽くすエホバの言葉によって,またエホバへの忠誠と専心を試して純化する迫害や試練という火によって清められる。(エレ 20:8,9; 23:29。ペ一 1:6,7; 4:12,13)イエスはここで挙げた考えの両方を念頭に置いていた可能性もある。

塩: 食物の保存や味付けに使われたミネラル。この文脈で,イエスは塩の保存作用に注目していたと思われる。弟子たちは,人々が神との関係や正しい道徳観を保つよう助けることができた。

塩: 食物の保存や味付けに使われたミネラル。マタ 5:13の注釈を参照。

塩気を失った: イエスの時代,塩は死海地方産のものが多く,他の鉱物が混入していた。その混合物から塩気のある部分がなくなると,味がなく役に立たない物だけが残った。

自分の内に塩を持ちなさい: イエスはここで,クリスチャンの言動を品位と思いやりがあり,健全で,他の人の命を保たせるのに役立つものにする性質を指して「塩」と言ったと思われる。使徒パウロもコロ 4:6で,同様の意味で「塩」を使っている。イエスは誰が一番偉いかと使徒たちが言い合っていたことについて考えていたのかもしれない。比喩的な塩があれば,私たちの語る言葉は他の人が受け入れやすいものとなり,平和を保つ助けになる。

メディア

ヘルモン山
ヘルモン山

カエサレア・フィリピから近いヘルモン山は標高2814メートルで,イスラエル近辺で最も高い山。雪を頂く山頂部で水蒸気が凝結して大量の露が生じるので,長い乾期でも草木が枯れることはない。(詩 133:3)雪解け水がヨルダン川の主な水源となる。イエスの姿が変わったのはヘルモン山でのことだったかもしれない。(マタ 17:2

フーラ渓谷自然保護区から見たヘルモン山
フーラ渓谷自然保護区から見たヘルモン山

ヘルモン山は約束の地の北端に位置し,幾つかの峰がある。最も高い所は標高2814メートル。それらの峰はアンティ・レバノン山脈の南の部分に当たる。イエスの姿が変わったのはヘルモン山でのことだったかもしれない。

臼の上石と下石
臼の上石と下石

この写真にあるような大きな石臼は,ロバなどの家畜を使って回した。臼は穀粒をひいたりオリーブの実をつぶしたりするために使われた。臼の上石は,直径が1.5メートルほどのものもあり,さらに大きい下石の上で回された。

現代のヒンノムの谷
現代のヒンノムの谷

ヒンノムの谷(1)はギリシャ語聖書でゲヘナと呼ばれている。1世紀,神殿の丘(2)にユダヤ人の神殿建造物群があった。神殿の丘で現在一番目立つ建物は岩のドームとして知られるイスラム教の寺院。付録B12の地図を参照。

死海沿岸の塩
死海沿岸の塩

今日,死海(塩の海)の水は世界の海洋の約9倍の塩分を含んでいる。(創 14:3)死海の水の蒸発によってイスラエル人に十分な量の塩が供給された。ただし,他の鉱物が混入していたので,質は劣っていた。イスラエル人は,フェニキア人からも塩を入手したかもしれない。フェニキア人は地中海の水を蒸発させて塩を得ていたとされている。聖書で塩は味を付ける物として述べられている。(ヨブ 6:6)イエスは人々の日常生活に関係するものを例えに使うのが巧みで,塩を例えにして重要な教訓を与えた。山上の垂訓では,弟子たちに「あなたたちは地の塩です」と述べた。弟子たちは,人々に神との関係や正しい道徳観を保たせる保存料のような働きをする。