マルコ​に​よる​福音​書 8:1-38

8  そのころふたたおおぜいひとあつまっていて,べるものがなかった。イエスはたちをせて,った。  「ぐんしゅうがかわいそうです+わたしともに3いて,べるものがないのです+  くうふくのまま*いえかえらせたら,ちゅうたおれてしまうでしょう。とおくからているひともいます」。  たちはこたえた。「このへんぴなしょで,このひとびとじゅうぶんべさせるだけのパンをどこからられるでしょうか」。  イエスはたずねた。「パンはいくつありますか」。たちは,「7つです」とこたえた+  イエスは,めんすわるようぐんしゅうし,7つのパンをってかんしゃいのりをしてから,それをり,ひとびとくばるためにたちにわたはじめた。そしてたちがぐんしゅうくばった+  ちいさなさかななんびきかあったので,いのってから,それもくばるようにった。  ひとびとべてまんぞくした。あまったかけらをひろうと,7つのおおかごがいっぱいになった+  そこにいただんせいやく4000にんだった。そのイエスはひとびとかいさんさせた。 10  すぐにイエスはたちとふねり,ダルマヌタほうはいった+ 11  パリサイひとたちがてイエスとろんはじめ,てんからのしるし*もとめた。イエスをためすためである+ 12  イエスはふかなげいてった。「なぜこのだいはしるしをもとめるのですか+。はっきりいますが,このだいにしるしがあたえられることはありません+」。 13  そして,そのひとたちをのこしてふたたふねり,たいがんかった。 14  ところで,たちはパンをっていくのをわすれた。それで,ふねにはパンが1つしかなかった+ 15  イエスははっきりけいこくした。「じっとっていて,パリサイのパンだねとヘロデのパンだねけなさい+」。 16  それでたちは,パンがないことについていをはじめた。 17  これにいてイエスはった。「なぜパンがないことについてっているのですか。まだからず,かいできないのですか。いまでもこころにぶくてかいできないのですか。 18  『があってもえないのですか。みみがあってもこえないのですか』。おぼえていませんか。 19  わたしが5つのパン+を5000にんのためにったときいくつのかごがかけらでいっぱいになりましたか」。「12です」とたちはった+ 20  「7つのパンを4000にんのためにったときいくつのおおかごがかけらでいっぱいになりましたか」。「7つです」とたちはった+ 21  「まだかいできないのですか」とイエスはった。 22  さて,いっこうはベツサイダにはいった。ひとびとえないだんせいをイエスのところれてきて,そのだんせいれてくれるようたんがんした+ 23  イエスはえないだんせいってむらそとれていった。そして,だんせいりょうつばけてから+だんせいりょうて,「なにえますか」とたずねた。 24  だんせいげて*った。「ひとえます。のようにえますが,あるまわっています」。 25  イエスがりょうふたただんせいりょうてると,はっきりえるようになった。りょくもどり,すべてのものがくっきりえた。 26  イエスはそのだんせいいえかえらせ,「このむらはいってはいけません」とった。 27  つぎに,イエスとたちはカエサレア・フィリピのむらむらかった。どうちゅう,イエスはたちに,「ひとびとわたしのことをだれだとっていますか」としつもんはじめた+ 28  たちはった。「バプテストのヨハネや+,エリヤ+げんしゃ1人ひとりなどとっています」。 29  イエスはしつもんした。「でも,あなたたちは,わたしのことをだれだといますか」。ペテロがこたえた。「キリストです+」。 30  するとイエスは,ぶんのことをだれにもわないようにとたちにげんじゅうめいじた+ 31  また,ひとかならおおくのくるしみにい,ちょうろうさいちょうりっぽうがくしゃたちに退しりぞけられてころされ+,3かえる,ということをおしはじめた+ 32  しかも,そのことをはっきりとかたっていた。ところが,ペテロはイエスをわきれていってしかはじめた+ 33  イエスはきをえ,たちをながらペテロをしかり,「わたしうしろにがれ,サタン! あなたは,かみかんがえではなく,にんげんかんがえをいだいています」とった+ 34  いでイエスは,たちといっしょぐんしゅうぶんのもとにんで,った。「だれでもわたしいてきたいとおもうなら,ぶんて,くるしみのくいげ,えずわたしあとしたがいなさい+ 35  ぶんいのちすくおうとおもひとはそれをうしないますが,わたしらせのためにいのちうしなひとはそれをすくうからです+ 36  ぜんかいれても,いのちうしなうなら,いったいなんがあるでしょうか+ 37  ひとぶんいのちえに,いったいなにあたえることができるでしょうか+ 38  このつみぶかかんいんだいにおいてわたしわたしことじるようになるひとについては,ひとも,せいなるてん使たちとともに,ぶんちちえいこうびてとき+,そのひとじるのです+」。

脚注

または,「食べ物を持たせずに」,「何も食べないまま」。
または,「奇跡的な証拠」。
または,「視力を取り戻して」,「再び見えるようになって」。

注釈

かわいそうに思った: この表現で使われているギリシャ語動詞スプランクニゾマイは「腸」を意味する語(スプランクナ)と関係があり,内奥の強い感情を指す。思いやりを表す極めて強いギリシャ語。

がかわいそうです: または,「に思いやりを感じます」。マタ 9:36の注釈を参照。

大籠: または,「食料籠」。ここで使われているギリシャ語スフュリスは,イエスが以前に約5000人の男性に食事をさせた時に使われた籠より大きな籠を指すようだ。(マル 6:43の注釈を参照。)同じギリシャ語は,パウロがダマスカスの城壁の窓から地面に下ろされた時の「籠」に使われている。使徒 9:25の注釈を参照。

籠: 旅行者が持ち運びするためのひもが付いた小さな編み籠だったと思われる。容量は7.5リットルぐらいと考えられている。マル 8:19,20の注釈を参照。

籠: ルカはここでギリシャ語スフュリスを使っている。その語はマタイとマルコの福音書でも,イエスが4000人の男性に食事をさせた後余ったかけらを集めて入れた7つの籠を指して使われている。(マタ 15:37の注釈を参照。)その語は大籠を指す。使徒パウロは自分が逃げた時のこの出来事をコリントのクリスチャンに話した際,ギリシャ語サルガネーを使った。その語は縄や小枝を編んで作った籠を意味する。どちらのギリシャ語も,同じような大籠を指して使える。(コ二 11:32,33

男性は約4000人: この奇跡に関する記述で,マタイの並行記述(マタ 15:38)だけが女性や子供のことも述べている。この奇跡によって食事をした人は1万2000人を超えた可能性がある。

マガダン: 今日,ガリラヤ湖周辺でマガダンと呼ばれる土地は知られていないが,マガダンはマグダラと同じ場所だと考える学者もいる。マグダラは,ティベリアの北北西約6キロの所にあるキルベト・マジダル(ミグダル)と考えられている。並行記述(マル 8:10)で,この地域はダルマヌタと呼ばれている。付録B10参照。

ダルマヌタ: この地名は聖書の他の書にも聖書以外にも出ていない。マルコの福音書だけに記されている。正確な場所は分からないが,並行記述のマタイでマガダンと呼ばれていて,ガリラヤ湖の西岸近くだったようだ。(マタ 15:39の注釈を参照。)ダルマヌタはマガダンの別名だったのかもしれない。

深く嘆いて: マルコは,イエスの感じ方や反応の仕方を何度も記していて(マル 3:5; 7:34; 9:36; 10:13-16,21),ギリシャ語聖書でここにしか出ていない動詞を使っている。これは,マル 7:34注釈を参照)で使われている動詞の強意形で,強い感情的な反応を表現している。この深い嘆きは,力がはっきり表明されるのを既に何度も見ながらかたくなに無視していたパリサイ派の人たちがしるしを要求したことに対するイエスの憤りの表れだったのかもしれない。

深く息を吐き: マルコはよくイエスの感じ方を記録している。感情豊かな人だったペテロがマルコに話したのだろう。(「マルコの紹介」参照。)この動詞は,祈って息を吐くかうめく様子を表現して,この男性に対するイエスの感情移入,さらには全人類の苦しみを思うイエスの苦痛を示しているのかもしれない。関連する動詞がロマ 8:22で創造物全ての「うめき」を表現している。

パン種: または,「酵母」。聖書ではしばしば比喩的に使われていて,腐敗や罪を表す。ここでは腐敗した教えや影響力を指す。(マタ 16:6,11,12。コ一 5:6-8)その語がこの節で繰り返されているのは,パリサイ派の「パン種」とヘロデやヘロデ党の「パン種」とが違っていたからだろう。後者は宗教的というより政治的なグループだった。彼らの国家主義的な「パン種」の1例は,パリサイ派と共にイエスをわなに掛けようとして税の支払いについてした質問だった。(マル 12:13-15

ヘロデ: 一部の古代写本は,「ヘロデ党の人たち」としている。用語集の「ヘロデ党の人たち」参照。

籠: 旅行者が持ち運びするためのひもが付いた小さな編み籠だったと思われる。容量は7.5リットルぐらいと考えられている。マル 8:19,20の注釈を参照。

大籠: または,「食料籠」。ここで使われているギリシャ語スフュリスは,イエスが以前に約5000人の男性に食事をさせた時に使われた籠より大きな籠を指すようだ。(マル 6:43の注釈を参照。)同じギリシャ語は,パウロがダマスカスの城壁の窓から地面に下ろされた時の「籠」に使われている。使徒 9:25の注釈を参照。

大籠: または,「食料籠」。マル 8:8,19の注釈を参照。

籠: イエスが群衆に食事をさせた2度の奇跡に関する記述で(マル 6:43;8:8,20の注釈マタ 14:20; 15:37; 16:9,10にある並行記述を参照),余ったかけらを集めるのに使われた籠は別々の種類だったことが一貫して示されている。5000人の男性に食事をさせた時は,ギリシャ語コフィノス(訳は「籠」)が使われ,4000人の男性に食事をさせた時は,ギリシャ語スフュリス(訳は「大籠」)が使われている。このことから,筆者たちがその場にいたか信頼できる目撃証人から事実を聞いたことが分かる。

大籠: または,「食料籠」。ここで使われているギリシャ語スフュリスは,イエスが以前に約5000人の男性に食事をさせた時に使われた籠より大きな籠を指すようだ。(マル 6:43の注釈を参照。)同じギリシャ語は,パウロがダマスカスの城壁の窓から地面に下ろされた時の「籠」に使われている。使徒 9:25の注釈を参照。

籠: イエスが群衆に食事をさせた2度の奇跡に関する記述で(マル 6:43;8:8,20の注釈マタ 14:20; 15:37; 16:9,10にある並行記述を参照),余ったかけらを集めるのに使われた籠は別々の種類だったことが一貫して示されている。5000人の男性に食事をさせた時は,ギリシャ語コフィノス(訳は「籠」)が使われ,4000人の男性に食事をさせた時は,ギリシャ語スフュリス(訳は「大籠」)が使われている。このことから,筆者たちがその場にいたか信頼できる目撃証人から事実を聞いたことが分かる。

大籠: または,「食料籠」。マル 8:8,19の注釈を参照。

目が見えない男性: 福音書筆者の中で,目が見えないこの男性をイエスが癒やしたことを記しているのはマルコだけ。(マル 8:22-26

カエサレア・フィリピ: ヨルダン川の水源地で海抜350メートルの高台にあった町。ガリラヤ湖の北40キロほど,ヘルモン山の南西山麓にあった。ヘロデ大王の息子で四分領太守のフィリポがローマ皇帝をたたえてカエサレアと名付けた。同じ名前の海港の町と区別するために,カエサレア・フィリピと呼ばれた。これは「フィリポのカエサレア」という意味。付録B10参照。

カエサレア・フィリピ: マタ 16:13の注釈を参照。

バプテストのヨハネ: マタ 3:1,マル 1:4の注釈を参照。

エリヤ: マタ 11:14の注釈を参照。

エリヤ: 「私の神はエホバ」という意味のヘブライ語の名前。

ヨハネ: ヘブライ語名のエホハナンあるいはヨハナンに相当する。「エホバは恵みを与えてくださった」,「エホバは慈悲深い」という意味。

バプテストの: または,「浸礼を施す人」,「浸す人」。マル 1:4; 6:14では「バプテスマを施す人」,マル 6:24では「バプテスマを施す者」と呼ばれている。ヨハネの別名で,水に浸してバプテスマを施すのがヨハネの特徴となる活動だったことを示していると思われる。ユダヤ人の歴史家フラウィウス・ヨセフスは,「別名をバプテストというヨハネ」と書いている。

バプテスマを施す人: または,「浸礼を施す人」,「浸す人」。こことマル 6:14,24で使われているギリシャ語バプティゾーの分詞形は「バプテスマを施す人」と訳せる。これはマル 6:25; 8:28,およびマタイとルカで「バプテスト」と訳されているギリシャ語名詞バプティステースとは語形が少し違う。「バプテスマを施す者」と「バプテスト」という2つの呼び方は,マル 6:24,25で同意語として使われている。マタ 3:1の注釈を参照。

キリスト: マタ 16:16の注釈を参照。

キリスト: ペテロはイエスが「キリスト」(ギリシャ語,ホ クリストス)だと認めた。キリストは「メシア」(ヘブライ語マーシーアハ)に相当する称号で,どちらも「油を注がれた者」(「選ばれた者」とも訳される)という意味。ギリシャ語では,ここの「キリスト」の前に定冠詞が付いている。イエスのメシアとしての地位を強調するためと思われる。マタ 1:1; 2:4の注釈を参照。

祭司長: ここのギリシャ語は,単数の場合,しかも神の前で民を代表する主要な人を指す場合,「大祭司」と訳される。ここでは複数形で,元大祭司たちを含め,祭司たちの中の主立った人々を指す。24の祭司の組の長たちも含むかもしれない。

長老: 直訳,「年長者」。聖書で,ギリシャ語プレスビュテロスは主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。年上の人を表すこともあるが(ルカ 15:25,使徒 2:17がその例),年配者に限られてはいない。ここでは,祭司長や律法学者とよく一緒に出てくる,ユダヤ国民の指導者を指す。サンヘドリンはこれら3つのグループの男性で構成されていた。(マタ 21:23; 26:3,47,57; 27:1,41; 28:12用語集参照。

人の子: または,「人間の子」。原語で,この表現は福音書に約80回出ている。イエスは自分を指してこの表現を用いた。自分が女性から生まれた紛れもない人間であること,また人類を罪と死から救う力を持つ,アダムにちょうど対応する人間であることを強調したものと思われる。(ロマ 5:12,14,15)この同じ表現は,イエスがメシアすなわちキリストであることも明らかにした。(ダニ 7:13,14用語集参照。

人の子: マタ 8:20の注釈を参照。

長老: 直訳,「年長者」。聖書で,ギリシャ語プレスビュテロスは主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。年上の人を表すこともあるが(ルカ 15:25,使徒 2:17がその例),年配者に限られてはいない。ここでは,祭司長や律法学者とよく一緒に出てくる,ユダヤ国民の指導者を指す。サンヘドリンはこれら3つのグループの男性で構成されていた。(マル 11:27; 14:43,53; 15:1マタ 16:21の注釈用語集を参照。

祭司長: マタ 2:4の注釈用語集を参照。

律法学者: マタ 2:4の注釈用語集を参照。

律法学者: この語はもともと聖書の写字生を指したが,イエスの時代には,律法の専門家で律法の教師である人たちを指した。

私の後ろに下がれ: 並行記述のマタ 16:23によれば,イエスは「あなたは私の邪魔をしています」とも述べている。(マタ 18:7の注釈を参照。)イエスはペテロを厳しく叱り,父の意志を実現させるのを何ものにも妨げられないようにした。またペテロはイエスの言葉を聞いて,協力して主人の後に従う人としてのふさわしい立場を思い起こしたかもしれない。

サタン: マタ 16:23の注釈を参照。

信仰の妨げ: 「信仰の妨げ」と訳されているギリシャ語スカンダロンは,元々わなを指していたと考えられている。わなの中の餌の付いた棒のことだと考える人もいる。転じてこの語は,人をつまずかせたり倒れさせたりする障害物を指すようになった。比喩的な意味で,人を誤った歩み,道徳的な堕落,罪へと至らせる行動や状況を指す。この語と関係のある動詞スカンダリゾーはマタ 18:8,9で「信仰の妨げとなる」と訳されており,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。

サタン: イエスはペテロを悪魔サタンと見ていたのではない。ヘブライ語サーターンには反抗者や反対者という意味があって,イエスはペテロがそのような者だと言っていた。ペテロがこの時の行動によってサタンに影響されるままになっていたことを暗示していたのかもしれない。

苦しみの杭: または,「処刑用の杭」。古典ギリシャ語で,スタウロスという語はおもに,真っすぐに立てられた杭または棒を指す。時に比喩的に使われ,イエスの後に従うゆえに経験する苦しみ,辱め,拷問,さらには死を表す。用語集参照。

私に付いてきたい: または,一部の古代写本によれば,「私の後に従いたい」。

自分を捨て: または,「自分自身にある権利を全て捨て」。進んで自分を全く否定したり自分に対する所有権を神に渡したりする気持ちを表している。この部分のギリシャ語は,自分の欲望,大望,利便性に「いいえ」と言うことを含むので,「自分に『いいえ』と言わなければならない」とも訳せる。(コ二 5:14,15)マルコは,ペテロがイエスを知っていることを否定した時の描写に同じギリシャ語動詞を使っている。(マル 14:30,31,72

苦しみの杭: マタ 16:24の注釈を参照。

命: ギリシャ語,プシュケー。用語集の「プシュケー」参照。

命: ギリシャ語,プシュケー。用語集の「プシュケー」参照。

命: ギリシャ語,プシュケー。用語集の「プシュケー」参照。

姦淫の: または,「不忠実な」。比喩的な意味で,姦淫は,神と契約で結ばれた人たちが神に不忠実になることを指す。生来のイスラエルは,誤った宗教上の慣行によって律法契約に違反し,比喩的な姦淫の罪を負った。(エレ 3:8,9; 5:7,8; 9:2; 13:27; 23:10。ホセ 7:4)同様の理由で,イエスは当時のユダヤ人の世代を姦淫の世代として糾弾した。(マタ 12:39; 16:4)新しい契約に入っているクリスチャンが現在の体制によって自分を汚すなら,比喩的な姦淫をすることになる。原則として,これはエホバに献身した人全てに当てはまる。(ヤコ 4:4

メディア

ヘロデ・アンテパスが造った硬貨
ヘロデ・アンテパスが造った硬貨

これらの写真は,イエスが宣教を行っていた頃に鋳造された銅貨の両面。硬貨を造らせたヘロデ・アンテパスはガリラヤとペレアの四分領太守つまり地域支配者。イエスがエルサレムに行く途中でヘロデの領土のペレアを通った時と思われるが,パリサイ派の人たちは,ヘロデがイエスを殺そうとしていると告げた。イエスはそれに答えた時,ヘロデを「あのキツネ」と呼んだ。(ルカ 13:32の注釈を参照。)ヘロデの支配下にいたのはほとんどがユダヤ人だったので,彼が造った硬貨にはヤシの枝(1)と木の葉の冠(2)が描かれている。それらはユダヤ人の感情を害するものではなかった。