マルコ​に​よる​福音​書 7:1-37

7  さて,エルサレムから来ていたパリサイ派の人と律法学者たちがイエスの周りに集まった+  そして,ある弟子たちが清くない手で,つまり手を洗わずに食事をするのを見た。  (パリサイ派の人をはじめユダヤ人は皆,父祖たちからの伝統を固守し,手を肘まで洗わなければ食事をせず,  市場から戻ったときには,体に水を掛けなければ食事をしない。ほかにも,杯と水差しと銅器を水にくぐらせるなど,昔からの多くの伝統を固守している+。)  それで,パリサイ派の人と律法学者たちはイエスに尋ねた。「あなたの弟子が父祖たちからの伝統を守らず,清くない手で食事をするのはどうしてですか+」。  イエスは言った。「イザヤはあなた方偽善者について適切に預言しました。こう書いてあります。『この民は唇で私を敬うが,心は私から遠く離れている+  私を崇拝し続けても無駄である。人間の命令を教理として教えるからである+』。  あなた方は神のおきてを無視して,人間の伝統を固守しています+」。  イエスはさらに言った。「あなた方は自分たちの伝統を維持しようとして,神のおきてを巧妙に退けています+ 10  例えば,モーセは,『父と母を敬いなさい+』,そして,『父や母に暴言を吐く*人は死刑にしなさい+』と言いました。 11  ところがあなた方は言います。『誰でも父や母に,「私の物でお役に立ちそうな物はどれもコルバン(つまり,神に献納された供え物)なのです」と言ってよい』。 12  こうして,父や母のために何一つさせません+ 13  自分たちが伝える伝統によって神の言葉を否定しているのです+。ほかにも,似たようなことをたくさん行っています+」。 14  イエスは群衆を再び呼んで,言った。「皆さん,私の話すことを聞いて,意味を理解してください+ 15  外から人に入っていって人を汚せるものは何もありません。人から出てくるものが人を汚します+」。 16  ― 17  イエスが群衆から離れて家に入ると,弟子たちがこの例えについて質問し始めた+ 18  イエスは言った。「あなたたちも理解していないのですか。外から人に入っていって人を汚せるものは何もないのではありませんか。 19  それは人の心ではなく胃に入っていき,それから下水*に出ていくからです」。こうしてイエスは全ての食物を清いものとした。 20  さらに言った。「人から出てくるものが人を汚します+ 21  中から,つまり人の心から,有害な考えが出てきます+。性的不道徳,盗み,殺人, 22  姦淫,貪欲,邪悪な行為,欺き,恥知らずな行い,ねたみ,冒瀆,傲慢,無分別です。 23  これら邪悪な事柄は皆,中から出てきて人を汚します+」。 24  イエスはそこをたって,ティルスとシドンの地方に行った+。ある家に入り,誰にも知られたくなかったが,気付かれてしまった。 25  すぐに,邪悪な天使に取りつかれた小さな娘を持つ女性が,イエスのことを聞き,やって来て足元にひれ伏した+ 26  この女性はギリシャ人でシリアのフェニキアで暮らしており*,邪悪な天使を娘から追い出してくれるよう求め続けた。 27  しかしイエスは言った。「まず子供たちに十分食べさせるべきです。子供たちのパンを取って小犬に投げ与えるのは正しくありません+」。 28  それでも女性は,「そうです,主よ。でも,食卓の下の小犬も小さな子供たちのパンくずを食べます」と答えた。 29  イエスは言った。「そこまで言うのであれば,分かりました。行きなさい。邪悪な天使はあなたの娘から出ていきました+」。 30  女性は家に帰っていき,幼い娘が寝床で横になっているのを見た。邪悪な天使はすでに出ていた+ 31  イエスはティルス地方から戻る時,シドンを経て,デカポリス地方を通ってガリラヤ湖に行った+ 32  ここで人々は,耳が聞こえず言語障害のある男性をイエスのもとに連れてきて+,その男性に手を置いてくれるようにと嘆願した。 33  イエスは群衆の中からその男性だけを連れていった。指を男性の両耳に入れ,それから唾を掛けて,舌に触れた+ 34  そして,天を見上げて深く息を吐き,「エファタ」,つまり「開かれよ」と言った。 35  すると,耳は開かれ+,言語障害はなくなり,男性は普通に話し始めた。 36  イエスは人々に,誰にも言わないようにと命じた+。しかし,イエスが命じれば命じるほど,人々はますます広めるのだった+ 37  実際,すっかり驚いて+,「あの人は何でも見事に行った。耳が聞こえない人を聞こえるように,口が利けない人を話せるようにするのだ」と言った+

脚注

または,「をののしる」。
または,「便所」,「屋外便所」。
または,「の生まれで」。

注釈

清くない手で,つまり手を洗わずに: ここと3,4節のマルコの説明は,「清くない手」という用語やユダヤ人の手洗いの習慣になじみがない読者のためになっただろう。(「マルコの紹介」参照。)この習慣は衛生のためというより伝統を固守するための儀式上の清めだった。後代,バビロニア・タルムード(ソター 4b)は,手を洗わずに食べることを娼婦と関係を持つことと同列に置いており,手を洗うことを軽く見る人は「世から根絶やしにされる」と述べている。

清くない手で,つまり手を洗わずに: ここと3,4節のマルコの説明は,「清くない手」という用語やユダヤ人の手洗いの習慣になじみがない読者のためになっただろう。(「マルコの紹介」参照。)この習慣は衛生のためというより伝統を固守するための儀式上の清めだった。後代,バビロニア・タルムード(ソター 4b)は,手を洗わずに食べることを娼婦と関係を持つことと同列に置いており,手を洗うことを軽く見る人は「世から根絶やしにされる」と述べている。

手を……洗わなければ: モーセの律法で,祭司は祭壇で奉仕したり会見の天幕に入ったりする前に手と足を洗うことが求められた。(出 30:18-21)しかし,マル 7:2の注釈に示されている通り,イエスの時代のパリサイ派やその他のユダヤ人は,儀式上の清めの際に人間の伝統を固く守っていた。4福音書のうちマルコの記述だけに,儀式として手を肘まで洗ったことが記されている。

体に水を掛けなければ: 多くの古代写本は,ここでギリシャ語バプティゾー(「浸す」,「漬ける」)を使っている。この語はほとんどの場合クリスチャンのバプテスマを指すが,ルカ 11:38では,繰り返されるいろいろな儀式上の洗いを指して使われている。それはユダヤ人の伝統に根付いていた。古代写本の中には,ここで「振り掛ける」,「振り掛けて清める」という意味のギリシャ語ランティゾーを使っているものもある。(ヘブ 9:13,19,21,22)どちらの写本の読みを選ぶとしても,意味はだいたい同じ。信心深いユダヤ人は何らかの仕方で儀式上の清めをしなければ食事をしなかった。エルサレムに,この時ユダヤ人が儀式用の浴槽を使ったという考古学的証拠がある。それはこの文脈で動詞のバプティゾーを「体を浸す」と訳す根拠となるだろう。

を水にくぐらせる: または,「のバプテスマ」。ギリシャ語バプティスモスはここで,イエスの時代の信心深いユダヤ人が行っていた清めの儀式に関して使われている。その人たちは,食事で使う杯や水差しや銅器を水にくぐらせた。

偽善者たち: ギリシャ語ヒュポクリテースは元々,声を増幅するための大きな仮面を着けたギリシャ(後にはローマ)の舞台俳優を指す。この語は,うそや見せ掛けで自分の本当の意図や性格を隠す人のことを表す隠喩として使われるようになった。イエスはここでユダヤ人の宗教指導者を「偽善者たち」と呼んでいる。(マタ 6:5,16

偽善者: マタ 6:2の注釈を参照。

聖なる宝物庫: これは,ヨハ 8:20に出てくる「神殿の寄付箱の辺り」のことかもしれない。女性の庭と呼ばれるエリアに13個の寄付箱があった。(付録B11参照。)神殿には,寄付箱から集めたお金を持っていく主要な宝物庫もあったと考えられている。

コルバン: ギリシャ語コルバンは,「捧げ物」を意味するヘブライ語のコルバーンからの借用語。このヘブライ語はレビ記と民数記によく出ていて,血を含む捧げ物にも含まない捧げ物にも使われている。(レビ 1:2,3; 2:1。民 5:15; 6:14,21)関連するコルバナースという語がマタ 27:6に出ていて,「聖なる宝物庫」と訳されている。マタ 27:6の注釈を参照。

神に献納された供え物: 律法学者とパリサイ派の人は,お金や所有物など,何でも神に献納した供え物は神殿のものだと教えた。この伝統によると,息子は,神殿のためのものだと主張すれば,献納した供え物を自分のもとに保持して自分のために使うことができた。資産をそのように献納し,親を世話する責任を免れた人がいたようだ。(マル 7:12

一部の写本は「聞く耳のある人がいるなら,聞きなさい」という文を含めているが,初期の重要な幾つかの写本には出ていない。それで,この文はマルコの原文の一部ではないと思われる。とはいえ,同様の言葉がマル 4:9,23の聖書本文に含まれている。写字生マル 4:9,23の言葉を基に,14節を受ける自然な表現としてこの文をここに入れたと考える学者もいる。付録A3参照。

こうしてイエスは全ての食物を清いものとした: ギリシャ語の本文では,この部分をイエスの言葉の続きとも解釈できるが,一般にはイエスが説明したことに関するマルコの注釈と理解されている。この部分は,モーセの律法で汚れているとされた食物を今やユダヤ人が食べてよいとイエスが宣言した,という意味ではない。律法はイエスの死まで有効だった。マルコのコメントは歴史的背景に沿って理解しなければならない。(レビ 11章。使徒 10:9-16。コロ 2:13,14)伝統に縛られた宗教指導者たちは,律法では求められていない細かな清めの儀式に従わない限り「清い」食物でさえ人を汚す,と考えていた。それでマルコのコメントの趣旨は,人間の伝統に沿った儀式上の手洗いをしなかったからといって,モーセの律法で「清い」とされた食物が人を汚すことはないとイエスは宣言した,ということだと思われる。さらに,イエスの言葉がやがてクリスチャンにとって持つ意味についてもマルコはコメントしていたと理解する人もいる。マルコが福音書を書く時までに,ペテロは幻を見て,その中で,マルコと同様の言葉遣いで,モーセの律法で汚れたとされていた食物を「神が清めた」と告げられていた。(使徒 10:13-15)いずれにしても,この部分は,イエスの言葉の意味をマルコが聖なる力に導かれて要約したものであって,イエス自身の言葉ではないと見られる。

性的不道徳: ここでは,「性的不道徳」に当たるギリシャ語(ポルネイア)の複数形が使われていて,「性的不道徳の行為(事例)」とも訳せる。マタ 5:32の注釈用語集を参照。

性的不道徳: マタ 15:19の注釈を参照。

欲で満ちていれば: 直訳,「悪ければ」,「邪悪であれば」。文字通りの目が悪くて健全でないと,はっきり物が見えない。同様に,欲で満ちた目は本当に重要な物事に焦点を合わせられない。(マタ 6:33)そのような目は満足せず,貪欲で,注意散漫で,移り気。そのような目を持つ人は,物事を正しく評価できず,利己的な生き方を追い求める。マタ 6:22の注釈を参照。

あなたはねたむ: 直訳,「あなたの目は邪悪になる(悪くなる)」。(マタ 6:23の注釈を参照。)「目」という語は,人の意図,性向,感情を指して比喩的に使われている。マル 7:22の注釈と比較。

姦淫: ここでは,「姦淫」に当たるギリシャ語(モイケイア)の複数形が使われている。用語集参照。

恥知らずな行い: ギリシャ語アセルゲイアは,神の律法に対する重大な違反であり,恥知らずで厚かましい態度が表れた行為を指す。用語集参照。

ねたみ: または,「ねたむ目」。ここで「ねたむ」と訳されるギリシャ語は字義的には,「悪い」,「邪悪な」という意味。「目」という語は,人の意図,性向,感情を指して比喩的に使われている。マタ 6:23;20:15の注釈を参照。

フェニキア人: または,「カナン人」。ギリシャ語,カナナイア。フェニキアの初期の住民はノアの孫カナンの子孫で(創 9:18; 10:6),やがて「カナン」は主にフェニキアを指すようになった。マル 7:26の注釈を参照。その聖句には,この女性が「シリアのフェニキアで暮らし」とある。

ギリシャ人: イスラエル人でないこの女性はギリシャ系の人だったようだ。

シリアのフェニキアで: 原語では「シリア人」と「フェニキア人」を組み合わせた語(「スロフェニキア人」)が使われており,その表現は恐らくフェニキアがローマの属州シリアの一部だったことから生じたのだろう。マタ 15:22の注釈を参照。その聖句では,この女性が「フェニキア人」つまり「カナン人」と呼ばれている。

子供たち……小犬: 犬はモーセの律法では汚れた動物だったので,その語は聖書の中でしばしば軽蔑的な意味で用いられている。(レビ 11:27。マタ 7:6。フィリ 3:2,脚注。啓 22:15)しかし,イエスの会話に関するマタイの記述(15:26)とマルコの記述では,その語の指小辞形が使われている。それは「小犬」や「飼い犬」を意味し,和らげた言い方になっている。イエスが使った言葉は,ユダヤ人ではない家庭でペットに対して使われる愛情のこもった表現だったのかもしれない。イスラエル人を「子供たち」に,またユダヤ人ではない人たちを「小犬」になぞらえることにより,イエスは優先順位を示そうとしていたと思われる。家庭に子供と犬がいる場合,食べ物はまず子供に与えられただろう。

デカポリス: 用語集付録B10参照。

耳が聞こえず言語障害のある男性: 耳が聞こえず言語障害のある男性をイエスが癒やしたことを述べているのはマルコだけ。(マル 7:31-37

その男性だけを連れていった: イエスは,病気の人を癒やす時に普段はこうしなかった。男性にきまりの悪い思いをさせたくなかったのだろう。イエスはできる限り親切に助けたいと思った。

唾を掛けて: ユダヤ人でも異国人でも,唾を掛けることを癒やしの手段やしるしと考える人がいた。それでイエスは男性に,これから癒やすということを伝えるために唾を掛けただけかもしれない。いずれにしても,唾液を自然療法として使ったのではない。

深く息を吐き: マルコはよくイエスの感じ方を記録している。感情豊かな人だったペテロがマルコに話したのだろう。(「マルコの紹介」参照。)この動詞は,祈って息を吐くかうめく様子を表現して,この男性に対するイエスの感情移入,さらには全人類の苦しみを思うイエスの苦痛を示しているのかもしれない。関連する動詞がロマ 8:22で創造物全ての「うめき」を表現している。

エファタ: イザ 35:5で「聞こえるようになる」と訳されているヘブライ語の語根語に由来する言葉と考える人もいる。それがギリシャ語に翻字されている。イエスの使ったこの表現がその様子を見ていた人(恐らくペテロ)に忘れられない印象を残し,その人が耳にしたままをマルコに伝えたのだろう。「タリタ クミ」という表現(マル 5:41)と同じく,耳にしたままのイエスの言葉が引用されている数少ない例の1つ。

メディア