マルコ​に​よる​福音​書 5:1-43

5  一行は湖の向こう側に着き,ゲラサの人たちの地域に入った+  イエスが舟を下りてすぐ,邪悪な天使に取りつかれた男が墓場から出てきてイエスに会った。  この男は墓場に住み着いていて,その時まで誰一人として,鎖を使っても縛り付けておけなかった。  足かせと鎖でたびたび縛られたが,鎖を引きちぎり,足かせを打ち壊してしまった。誰にもこの男を従わせる力がなかった。  この男は昼も夜も絶えず,墓場や山の中で叫んだり,石で自分の体を傷つけたりしていた。  ところが,遠くからイエスを見つけると,走ってきてひれ伏した+  そして大声で叫んで,言った。「至高の神の子イエス,何をしに来たのですか。私を罰しないことを神に懸けて誓ってください+」。  これはイエスが,「その人から出なさい,邪悪な天使よ」と言っていたからである+  しかしイエスは,「あなたの名前は何ですか」と尋ねた。男は,「レギオンです。私たちは大勢いるからです」と答えた。 10  そして,邪悪な天使たちをその地方から追い出さないようにと繰り返し嘆願した+ 11  ところで,豚+の大群がそこの山で草を食べていた+ 12  邪悪な天使たちは,「私たちを豚の中に送り込んで,その中に入らせてください」と嘆願した。 13  イエスがそれを許すと,邪悪な天使たちは男から出てきて豚の中に入った。すると,2000匹ほどの群れが突進して崖から湖に落ち,溺れ死んだ。 14  豚を飼っていた人たちは逃げていき,町や田舎でそのことを知らせた。人々は,何が起きたのかを見ようとしてやって来た+ 15  イエスの所に来ると,邪悪な天使の軍団に取りつかれていた人が服を着て,正気になって座っていた。それで恐ろしくなった。 16  また,目撃していた人たちから,邪悪な天使に取りつかれた男や豚に起きたことを聞いた。 17  それでイエスに,この地域から去ってくださいと嘆願し始めた+ 18  イエスが舟に乗ろうとしていると,邪悪な天使に取りつかれていたその男が,一緒に行かせてくださいと言ってきた+ 19  しかしイエスはそれを許さず,こう言った。「親族のもとに帰り,エホバがしてくださった全てのことと示してくださった憐れみについて知らせなさい」。 20  男は去っていき,イエスがしてくれた全てのことをデカポリスで広め始めた。人々は皆,とても驚いた。 21  イエスが再び舟で湖を渡って対岸に着くと,大勢の人が集まってきた。イエスは湖のほとりにいた+ 22  そこへ,会堂の役員の1人で,ヤイロという男性が来た。イエスを見つけると,その足元にひれ伏し+ 23  何度も嘆願して,言った。「私の娘は今にも死にそう*です。元気になって生きられるよう,おいでになって手を置いてやってください+」。 24  そこでイエスは一緒に行った。すると,大勢の人がイエスに群がるように付いてきた。 25  ところで,12年間も出血が続いている+女性がいた+ 26  多くの医者にかかってはひどい苦しみを味わい,資産を使い果たしたのに少しも良くならず,かえって悪くなっていた。 27  その女性はイエスの評判を聞いて,群衆の中でイエスの後ろから近づき,外衣に触った+ 28  「あの方の外衣に触るだけで良くなる*」と言い続けていたのである+ 29  すると出血はすぐに止まり,つらい病気が癒やされたことを体で感じた。 30  イエスはすぐに,力+が自分から出ていったことに気付き,群衆の中で振り返って,「外衣に触ったのは誰ですか」と言った+ 31  しかし弟子たちは言った。「人々が群がってきているのに,『触ったのは誰か』と言うのですか」。 32  それでもイエスは,誰が触ったのかと周囲を見回していた。 33  女性は,自分の身に起きたことが分かり,恐れて震えながら進み出て,イエスの前でひれ伏し,全てをありのままに話した。 34  イエスは言った。「あなたが良くなった*のは信仰があったからです。安心して暮らしなさい+。つらい病気は治りました+」。 35  イエスが話しているうちに,会堂の役員の家から何人かの人が来て,「娘さんは亡くなりました。もう先生を煩わさなくてもよいのではありませんか」と言った+ 36  イエスはその言葉を耳にして,会堂の役員に言った。「心配は要りません*。ただ信仰を抱きなさい+」。 37  イエスは,ペテロ,ヤコブ,ヤコブの兄弟ヨハネ以外は付いてこさせなかった+ 38  一行は会堂の役員の家に来た。イエスは,人々が騒ぎ立て,泣いたりわめいたりしているのを目にした+ 39  そして中に入って言った。「なぜ泣いて,騒いでいるのですか。子供は死んだのではなく,眠っているのです+」。 40  人々はイエスのことをあざ笑いだした。しかしイエスは人々を外に出してから,父親と母親と弟子たちと一緒に,子供のいる所に入っていった。 41  そして子供の手を取って,「タリタ クミ」と言った。これは訳せば,「少女よ,さあ,起きなさい」という意味である+ 42  すると少女はすぐに起き上がって歩き始めた。(少女は12歳だった。)その時,両親はわれを忘れて大喜びした。 43  しかしイエスは,このことを誰にも知らせないようにと繰り返し*命じた+。そして,少女に何かを食べさせてあげるようにと言った。

脚注

または,「病状が極めて深刻」。
または,「救われる」。
または,「救われた」。
または,「心配するのをやめなさい」。
または,「強く」。

注釈

ガダラの人たちの地域: ガリラヤ湖の向こう岸(東岸)の地域。湖から10キロ離れたガダラまで広がる地域かもしれない。そう言えるのは,ガダラの硬貨によく船が描かれているため。マルコとルカはそこを「ゲラサの人たちの地域」と呼んでいる。(マル 5:1の注釈を参照。)その2つの地域は重なり合っていたのかもしれない。付録A7,地図3B,「ガリラヤ湖で行ったこと」と付録B10を参照。

ゲラサの人たち: この出来事の並行記述では(マタ 8:28-34。マル 5:1-20。ルカ 8:26-39),それが起きた場所について異なった名称が使われている。それぞれの記述について,古代の写本に異読もある。入手できる最良の写本によれば,マタイはもともと「ガダラの人たち」を使い,マルコとルカは「ゲラサの人たち」を採用した。とはいえ,この節のゲラサの人たちの地域に関する注釈で示されているように,どちらの語もおおよそ同じ辺りを指している。

ゲラサの人たちの地域: ガリラヤ湖の向こう側(東側)の地域。今日,この地域の境界ははっきりせず,明確な場所は分からない。ゲラサの人たちの地域を湖の東岸の急斜面に近いクルシの辺りと結び付ける人もいる。一方,ガリラヤ湖の南南東55キロに位置するゲラサ(ジャラシュ)の町を中心に広がる地域と考える人もいる。マタ 8:28では「ガダラの人たちの地域」と呼ばれている。(この節のゲラサの人たちに関する注釈とマタ 8:28の注釈を参照。)異なる名前が使われているが,どちらもガリラヤ湖東岸のおおよそ同じ辺りを指していて,2つの地域は重なり合っていたのかもしれない。それで,記述は矛盾していない。付録A7,地図3B,「ガリラヤ湖で行ったこと」と付録B10も参照。

墓場: または,「記念の墓」。(用語集の「記念の墓」参照。)墓は,洞窟や,自然の岩をくりぬいた部屋だと思われる。普通,町の外にあった。墓場は,関係する儀式上の汚れのためにユダヤ人から敬遠されていたので,狂人や邪悪な天使に取りつかれた人の格好の住みかとなった。

男: 福音書筆者のマタイ(8:28)は2人の男と言っているが,マルコとルカ(8:27)は1人の男について述べている。マルコとルカが邪悪な天使に取りつかれた1人の男だけに注目したのは,イエスがその男と話し,彼の様子がとりわけ目立ったからだと思われる。もしかすると,その男の方が凶暴だったか長期にわたって邪悪な天使の影響を受けていたのかもしれない。2人の男が癒やされた後,イエスに同行したいと言ったのが1人だけだったという可能性もある。(マル 5:18-20

墓場: マタ 8:28の注釈を参照。

牢番: 「牢番」と訳されるギリシャ語バサニステースは「責め苦に遭わせる者」という基本的な意味がある。牢番が囚人に残酷な拷問を加えることが多かったからだと思われる。しかし,この語は一般的な意味で牢番を指すようになった。拷問があってもなくても監禁は責め苦と見なされたからだと思われる。マタ 8:29の注釈を参照。

何をしに来たのですか: または,「私とあなたに共通するものがありますか」。この修辞的な質問は直訳すると,「私とあなたとには何が」。このセム語系の慣用句はヘブライ語聖書に出ていて(裁 11:12,脚注。ヨシ 22:24。サ二 16:10; 19:22。王一 17:18。王二 3:13。代二 35:21。ホセ 14:8),対応するギリシャ語表現がギリシャ語聖書で使われている。(マタ 8:29。マル 1:24; 5:7。ルカ 4:34; 8:28。ヨハ 2:4)具体的な意味は文脈によって異なる。この節で(マル 5:7),この慣用句は敵意や拒絶の表れであり,「邪魔をするな」,「放っておいてくれ」と訳す人もいる。別の文脈では,侮蔑や高慢さや敵意の表れではなく,見方や意見が異なることを表明したり提案された事に関わりたくないことを示したりするために使われている。

私を罰し: 関係するギリシャ語がマタ 18:34注釈を参照)で「牢番」と訳されている。それで,この文脈で「罰する」とは並行記述のルカ 8:31に出てくる「底知れぬ深み」への拘束や監禁を指すようである。

軍団: ローマの軍隊の主要な単位。1世紀,1軍団は普通6000人ほどの兵士で構成された。ここの「12軍団」は具体的な数ではなく,とにかく大きな数という意味だと思われる。イエスは,天の父にお願いすれば,自分を保護するために天使をいくらでも送っていただけるということを言っている。

レギオン: 恐らく,これは邪悪な天使に取りつかれた男の実名ではなく,男が大勢の邪悪な天使に取りつかれていたことを示している。もしかすると,そのうちの主要な者が男にレギオンと名乗らせたのかもしれない。1世紀,ローマの軍団(レギオン)は普通6000人ほどで構成された。この場合,多くの邪悪な天使が関わっていたことを示しているのかもしれない。マタ 26:53の注釈を参照。

豚: 豚は律法では汚れた動物だったが(レビ 11:7),デカポリス地方にはユダヤ人でない人が大勢住んでいて,豚肉の市場があった。ギリシャ人もローマ人も豚肉をごちそうと見ていた。豚を飼っていた人たちがユダヤ人で律法を破っていたのかどうかは述べられていない。(マル 5:14

エホバがしてくださった全てのこと: イエスは,奇跡が自分ではなく天の父によるものであることを癒やされた人に伝えている。ルカが同じ出来事を記した時にテオス(神)というギリシャ語を使っていることからもそう言える。(ルカ 8:39)ほとんどのギリシャ語写本はここマル 5:19で「主」(ホ キュリオス)としているが,もともと神の名前が使われていて後代に主という称号に置き換えられたと考える十分の理由がある。そのため,ここの本文でエホバという名前を使っている。付録C1,C3の序文とマル 5:19を参照。

知らせなさい: イエスは,奇跡のことを言い触らさないようにといういつもの指示(マル 1:44; 3:12; 7:36)とは異なり,起きた事を親族に話すようこの男に指示した。イエスはその地域を去るように言われていて直接自分で語ることができないので,そう指示したのかもしれない。また,豚が失われたことに関する良くないうわさが広まったとしても,それを打ち消すことになっただろう。

デカポリス: または,「10の町の地方」。用語集付録B10参照。

ある指導者: この「指導者」(ギリシャ語アルコーン)の名前はヤイロで,並行記述のマルコとルカに記されている。そこでは,会堂の役員と呼ばれている。(マル 5:22。ルカ 8:41

会堂の役員: ギリシャ語アルキシュナゴーゴスは字義的には,「会堂の支配者」という意味。マタ 9:18の注釈を参照。

出血: 慢性的な月経の出血と思われる。モーセの律法によれば,この女性はその症状のために儀式上汚れたものとなり,他の人に触れてはならなかった。(レビ 15:19-27

出血: マタ 9:20の注釈を参照。

つらい病気: 直訳,「むち打ち」。この語は字義的には,しばしば拷問のために行われるむち打ちを指す。(使徒 22:24。ヘブ 11:36)ここでは比喩的な意味で使われていて,この女性の病気から来る苦しみを印象的に表現している。

つらい病気: 直訳,「むち打ち」。マル 5:34の注釈を参照。

あなた: 直訳,「娘よ,あなた」。イエスが女性に直接「娘よ」と語り掛けたという記録に残る唯一の事例。配慮が必要な状況で,女性が「震え」ていたので,そう呼んだのかもしれない。(マル 5:33。ルカ 8:47)愛情を示すこの表現は,女性の年齢を示す呼び掛けではなく,イエスの優しい気遣いをはっきり表すものだった。

安心して暮らしなさい: 直訳,「平和のうちに行きなさい」。この慣用表現はギリシャ語聖書でもヘブライ語聖書でも,「あなたにとって事がうまく運びますように」という意味でよく使われている。(ルカ 7:50; 8:48。ヤコ 2:16。サ一 1:17; 20:42; 25:35; 29:7,サ二 15:9,王二 5:19と比較。)しばしば「平和」と訳されるヘブライ語(シャーローム)は広い意味を持つ語で,戦争や騒乱がないことを指し(裁 4:17。サ一 7:14。伝 3:8),健康や安全(サ一 25:6,脚注。代二 15:5,脚注。ヨブ 5:24,脚注),福祉(エス 10:3),友情(詩 41:9)という考えを伝えることもある。ギリシャ語聖書で,「平和」に当たるギリシャ語(エイレーネー)もヘブライ語の場合と同じく広い意味合いで使われていて,争いがない状況だけでなく,健康,救い,調和という考えを表現している。

つらい病気: 直訳,「むち打ち」。この語は字義的には,しばしば拷問のために行われるむち打ちを指す。(使徒 22:24。ヘブ 11:36)ここでは比喩的な意味で使われていて,この女性の病気から来る苦しみを印象的に表現している。

ただ信仰を抱きなさい: または,「ただ信仰を抱き続けなさい」。ここで使われているギリシャ語動詞の語形は継続的な行為を指すと思われる。ヤイロはイエスに近づいた時にある程度の信仰を示したが(マル 5:22-24),娘の死を知った今も信仰を保つよう強く促されている。

死んだのではなく,眠っている: 聖書の中で,死はたびたび眠りに例えられている。(詩 13:3。ヨハ 11:11-14。使徒 7:60。コ一 7:39; 15:51。テサ一 4:13)イエスは少女を生き返らせに行くところだったので,こう言ったのかもしれない。深い眠りに就いている人を起こすことができるように,死んだ人を生き返らせることができる,ということを示そうとしていた。少女を復活させるイエスの力は,「死んだ人を生かし,ないものをあるかのように呼ぶ方」である天の父から来た。(ロマ 4:17

エファタ: イザ 35:5で「聞こえるようになる」と訳されているヘブライ語の語根語に由来する言葉と考える人もいる。それがギリシャ語に翻字されている。イエスの使ったこの表現がその様子を見ていた人(恐らくペテロ)に忘れられない印象を残し,その人が耳にしたままをマルコに伝えたのだろう。「タリタ クミ」という表現(マル 5:41)と同じく,耳にしたままのイエスの言葉が引用されている数少ない例の1つ。

タリタ クミ: マタイとルカもヤイロの娘の復活を記録しているが(マタ 9:23-26。ルカ 8:49-56),マルコだけはこのイエスの言葉を書いて訳を付けている。セム語系のこの表現をタリタ クームとしているギリシャ語写本もある。これをアラム語だとする学者もいるが,ヘブライ語ともアラム語とも取れると考える学者もいる。マル 7:34の注釈を参照。

大喜びした: または,「非常に驚いた」。ギリシャ語エクスタシス(「外へ」という意味のエクと「立っている」という意味のスタシスから来ている)は,驚き,驚愕,神からの幻によって人が通常の心理状態から放り出されていることを指す。このギリシャ語は,マル 16:8で「胸がいっぱいだった」,ルカ 5:26で「驚嘆して」と訳されている。「使徒の活動」で,この語は神の働き掛けと結び付けられていて,使徒 10:10; 11:5; 22:17で,「恍惚状態」と訳されている。

メディア

ガリラヤ湖の東側の崖
ガリラヤ湖の東側の崖

イエスが2人の男から邪悪な天使を追い出して豚の群れの中に送り込んだのは,ガリラヤ湖東岸沿いでのことだった。