マルコ​に​よる​福音​書 4:1-41

4  イエスが再び湖のほとりで教え始めると,非常に大勢の人が近くに集まった。それでイエスは舟に乗って座り,岸から少し離れたが,群衆は皆,岸辺にいた+  イエスは多くのことを例えで+教え始め,こう言った+  「聞きなさい。人が種をまきに出掛けました+  まいていると,幾らかは道端に落ち,鳥が来て食べてしまいました+  幾らかは土が少ない岩地に落ち,土が深くないのですぐに芽を出しました+  しかし,太陽が昇ると日に焼けて,根がないので枯れてしまいました。  幾らかはいばらの間に落ち,伸びてきたいばらにふさがれて,実を付けませんでした+  しかし,幾らかは良い土に落ち,成長して大きくなり,実を付け始め,30倍,60倍,100倍の実を結ぶようになりました+」。  そしてイエスは,「聞く耳のある人は聞きなさい+」と付け加えた。 10  イエスが1人になった時,12人と一緒に周りにいた人たちが,例えについて質問し始めた+ 11  イエスは言った。「あなたたちには神の王国の神聖な秘密+に関する理解が与えられていますが,ほかの人たちには全てのことが例えのままです+ 12  それで,その人たちは,目を向けますが見えず,聞きはしますが意味を悟りません。神のもとに帰って許されることもありません+」。 13  さらに言った。「あなたたちはこの例えが分かって*いません。では,どうして全ての例えを理解できるでしょうか。 14  人がまく種とは神の言葉です+ 15  種が道端にまかれたのは,次のような人です。その人が神の言葉を聞くとすぐ,サタンがやって来て+,まかれた言葉を取り去ります+ 16  また,岩地にまかれたのは,次のような人です。その人は神の言葉を聞くとすぐ,喜んで受け入れます+ 17  けれども自分の内に根がなく,一時は続きますが,後で神の言葉のために苦難や迫害が生じると,すぐに信仰を捨ててしまいます。 18  ほかに,いばらの間にまかれた人がいます。これは神の言葉を聞いた人ですが+ 19  今の体制での心配事や+,富の誘惑*+,またほかのいろいろなものへの欲望+が心に入り込んできて,神の言葉がふさがれ,実らなくなってしまいます。 20  最後に,良い土にまかれた人とは,神の言葉を聞き,快く受け入れ,30倍,60倍,100倍の実を結ぶ人のことです+」。 21  またイエスは言った。「ランプを持ってきて,籠で覆ったりベッドの下に置いたりしますか。台の上に置くのではありませんか+ 22  隠されているものは全て明らかにされ,注意深く秘められているものは全て公になります+ 23  聞く耳のある人は聞きなさい+」。 24  イエスはさらに言った。「聞いている事柄に注意を払いなさい+。あなたたちは自分が量って与えるのと同じはかりで与えられます。しかも,さらに加えられます。 25  持っている人にはさらに与えられますが+,持っていない人は持っているものまで取り上げられるのです+」。 26  イエスは続けて言った。「神の王国は,人が地面に種をまく場合のようです。 27  人は夜に眠り,昼は起きていますが,そうしているうちに,種は芽を出し,丈が高くなります。どのようにしてかを人は知りません。 28  地面はひとりでに,最初は茎,次に穂,最後に熟した穂の中身というように,次第に実を生じさせていきます。 29  穀物が実るとすぐ,人は鎌を入れます。収穫の時が来たからです」。 30  イエスは続けて言った。「神の王国を何になぞらえることができるでしょうか。どんな例えで説明できるでしょうか。 31  それはからしの種のようです。地面にまかれる時,地上のあらゆる種の中で一番小さなものです+ 32  しかし,まかれると成長して,どんな野菜より大きくなり,大きな枝を伸ばし,その陰に鳥が巣を作れるほどになります」。 33  イエスは,人々の聞く*力に応じて,このような例えをたくさん使って+神の言葉を語った。 34  実際,例えを使わずに話そうとはしなかった。しかし,弟子たちだけの時に全ての説明をした+ 35  その日の夕方,イエスは,「向こう岸に渡りましょう」と言った+ 36  それで弟子たちは,群衆を解散させてから,イエスを舟に乗せたまま出発した。ほかの舟も一緒だった+ 37  ところが,激しい暴風が起き,舟は何度も波を浴びて,水浸しになった+ 38  しかしイエスは,船尾で枕を使って眠っていた。それで弟子たちはイエスを起こし,「先生,私たちが死んでしまいそうなのに何とも思わないのですか」と言った。 39  イエスは起き上がって,風を叱りつけ,湖に「静まれ! 静かになれ!」と言った+。すると風はやみ,湖面はすっかり穏やかになった+ 40  イエスは弟子たちに言った。「なぜそんなに怖がっている*のですか。まだ少しも信仰がないのですか」。 41  しかし弟子たちは大変な畏れを感じ,「一体どういう方なのだろう。風や湖さえ従うのだ」と互いに言った+

脚注

または,「を理解して」。
または,「裕福という魅惑(見せ掛けの幸せ)」。
または,「理解する」。
または,「小心な」。

注釈

浜辺に: カペルナウム近くのガリラヤ湖の岸辺に,天然の円形劇場のような場所がある。この場所は音響効果が良く,イエスが舟から話すのを大勢の人が聞けただろう。

岸から少し離れた: マタ 13:2の注釈を参照。

例え: または,「例え話」。ギリシャ語パラボレーは字義的には,「そばに(一緒に)置く」という意味で,例え話,格言,例えなどの形を取る。イエスはある事柄を説明するのによく似た事柄になぞらえる,つまり「そばに置く」ことが度々あった。(マル 4:30)イエスの例えは短い話でたいていは創作的なものであり,そこから道徳上また宗教上の真理を引き出すことができた。

例え: マタ 13:3の注釈を参照。

岩地: あちこちに岩がある土地ではなく,土がほとんどない岩場や岩棚を指す。並行記述のルカ 8:6には,幾つかの種が「岩の上に」落ちたとある。そのような土地では,種が根を深く張れないので必要な水分を得られない。

岩地: マタ 13:5の注釈を参照。

いばらの間: イエスは,いばらの茂みではなく,耕す時に畑から取り切れなかったいばらのことを言っていると思われる。それが成長して,まかれたばかりの種はふさがれてしまう。

いばらの間: マタ 13:7の注釈を参照。

聞く耳のある人は聞きなさい: イエスは,種をまく人の例えを話す前に,「聞きなさい」と言った。(マル 4:3)そして,この勧めの言葉で例えを締めくくり,イエスの助言に注意を払うことが弟子にとってどれほど大切かを強調している。同様の勧めがマタ 11:15; 13:9,43,マル 4:23,ルカ 8:8; 14:35,啓 2:7,11,17,29; 3:6,13,22; 13:9にもある。

体制: ギリシャ語アイオーンは,基本的に「時代」という意味で,特定の期間,時期,または時代を特色づける情勢や特徴を指せる。ここでは,今の体制での生活に伴う心配事や問題と結び付けられている。用語集参照。

体制: マタ 13:22の注釈を参照。

ランプ: 聖書時代,普通の家庭用ランプはオリーブ油を入れた小さな土器。

籠: 穀物などの乾いた物を量るのに使われた。ここで言われている「籠」(ギリシャ語モディオス)は容量が約9リットル。

ランプ: マタ 5:15の注釈を参照。

籠: マタ 5:15の注釈を参照。

自分が量って与えるのと同じはかりで: 文脈の23節から25節を見ると分かるように,弟子たちはわずかな関心や注意しか払わないなら,イエスの教えから多くを得ることは期待できない。しかし,最大限の注意を払うなら,イエスはそれに応えて期待を上回る知識を与えて啓発してくださる。それによって,弟子たちは多くを学び,他の人をよりよく教えることができる。イエスは惜しみなく,期待したよりさらに与えてくださる。

神の王国は,人が……種をまく場合のようです: 福音書筆者の中でマルコだけが26節から29節の例えを記録している。

からしの種: イスラエルでは数種類のからしが自生している。広く栽培されているのはクロガラシ(Brassica nigra)。種はかなり小さく,直径1-1.6ミリで重さは1ミリグラムだが,木のようになる。からしの中には,高さ4.5メートルになる種類もある。

あらゆる種の中で一番小さなもの: からしの種は,ユダヤ人の古代文書の中で最も微小なものの比喩として使われた。現在,もっと小さな種も知られているが,イエスの時代にガリラヤで農業をする人が集めたりまいたりした種の中では一番小さかったと思われる。

からしの種: マタ 13:31の注釈を参照。

あらゆる種の中で一番小さなもの: マタ 13:32の注釈を参照。

聞く: または,「理解する」。「聞く」に当たるギリシャ語は,「聞いて注意を払う」と「理解する」という意味を伝える。

向こう岸: ガリラヤ湖の東岸のこと。

向こう岸: マタ 8:18の注釈を参照。

大嵐: このような嵐はガリラヤ湖では珍しくなかった。湖面は海面より約210メートル低く,そこは周辺の台地や山より気温が高い。そのため大気の乱れや強風が生じ,波が起きやすい。

激しい暴風: この表現は3つのギリシャ語の訳で,「風の大きな嵐」と直訳できる。(マタ 8:24の注釈を参照。)その場にいなかったマルコが暴風のことなど詳細を生き生きと描写しているのは,ペテロから情報を得たことを示しているのかもしれない。ペテロがマルコの福音書に与えた影響については,「マルコの紹介」参照。

枕: または,「クッション」。ギリシャ語聖書でこの語が出ているのはここだけ。ギリシャ語で定冠詞が使われているのは,この枕が舟の備品だったからかもしれない。船尾甲板の下に置かれたバラスト用の砂袋,あるいは,かじ取り人の革張りの座席か,漕ぎ手が座るための毛の敷物やクッションだったかもしれない。

メディア

家庭用のランプ台
家庭用のランプ台

この家庭用のランプ台(1)はエフェソスやイタリアで見つかった1世紀の工芸品に基づいて画家が描いたもの。この種のランプ台は裕福な家で使われたと思われる。貧しい家庭では,ランプを天井からつるすか,壁のくぼみ(2),あるいは土製や木製の台に置いた。

1世紀の漁船
1世紀の漁船

この絵は,ガリラヤ湖の岸辺の泥に埋まっていた1世紀の漁船と湖畔の町ミグダルで発見された1世紀の家のモザイク画に基づいている。この種の舟は帆柱と帆があって5人が乗り組んだのではないかと思われる。4人がこぎ,1人が船尾の小さな甲板に立ってかじを取った。この舟は長さが約8メートル,幅は中央部で約2.5メートル,深さは1.3メートルほど。13人以上を乗せられたようだ。

ガリラヤの漁船の遺物
ガリラヤの漁船の遺物

1985年から1986年にかけての干ばつでガリラヤ湖の水位が下がり,泥に埋まっていた古代の舟の一部が姿を現した。出土した舟は長さ8.2メートル,幅2.3メートル,深さは最大1.3メートル。考古学者によれば,この舟は紀元前1世紀から西暦1世紀の間に造られた。動画では,現在イスラエルの博物館に展示されているこの舟を再現し,水に浮かんでいた2000年ほど前の様子をイメージして描いている。

イエスは嵐を静める
イエスは嵐を静める

猛烈な暴風が舟に打ち付け,弟子たちはびしょぬれになる。溺れてしまうのではないかと恐れ,助けを求めて叫ぶ。眠っていたイエスは起きて,湖に「静まれ! 静かになれ!」と命じる。すぐに嵐は収まり,「湖面はすっかり穏やかになった」。(マル 4:35-41)この奇跡は,イエスが地上を治める時,イエスと天の父は神の王国のもとで暮らす人たちが厳しい気象の害を決して受けないようにすることを示している。(啓 21:4)マルコはこの場にいなかったが,この福音書の特徴であるテンポのよいスタイルでこの出来事を記録している。生き生きと描写し,細かな点まで述べているので,舟に乗っていた人,恐らくペテロから情報を得たのだろう。