マラキ​書 2:1-17

2  「さいたちよ,このおきてはあなたたちのためのものである+  あなたたちがくこともこころめることもせず,わたしをたたえないなら,わたしはあなたたちにわざわいをもたらし+,あなたたちのしゅくふくわざわいにえる+わたしはすでにしゅくふくわざわいにえてきた。あなたたちがこころめていないからだ」と,たいぐんひきいるエホバはう。  「わたしは,あなたたちのゆえに,あなたたちがまいたたねにする*+わたしはあなたたちのかおにふんを,まつりのふん*びせ,あなたたちはいっしょはこられる。  そしてあなたたちは,わたしがこのおきてをあなたたちにあたえて,レビとのわたしけいやくつづくようにしたことをさと+」と,たいぐんひきいるエホバはう。  「かれとのわたしけいやくは,いのちへいけいやくだった。わたしいのちへいおそ*ともあたえた。かれわたしおそれた。わたしけいちをいだいたのだ。  しんじつりっぽう*かれくちにあった+かれくちびるせいつかることはなかった。かれへいに,しょうじきわたしともあゆんだ+おおくのひとわるかたをやめさせた。  さいくちびるしきたもつべきであり,たみさいくちりっぽう*もとめるべきである+さいは,たいぐんひきいるエホバの使しゃだからである。  それなのに,あなたたちはそのみちからそれた。りっぽうかんして*おおくのひとみちはずさせた*+。あなたたちはレビのけいやくやぶった+」と,たいぐんひきいるエホバはう。  「それでわたしは,あなたたちがげられるようにし,すべてのたみまえであなたたちをいやしめる。あなたたちがわたしみちまもらず,りっぽうてきようかたよりがあったからである+」。 10  「わたしたちすべてのちちは,ひとりではないか+わたしたちをそうぞうしたのは,ひとりのかみではないか。わたしたちがたがいにうら+たちのけいやくけがしているのはどうしてか。 11  ユダはうらこうをした。まわしいことがイスラエルとエルサレムでおこなわれてきた。ユダはエホバがあいするしんせい*けが+がいこくかみすうはいするじょせいつまにした+ 12  エホバは,だれであれそのようなことをおこなひとを,ヤコブのてんまくからはいじょする。たとえそれが,たいぐんひきいるエホバにそなものひとであっても+」。 13  「あなたたちはほかにも,エホバのさいだんなみだごえやためいきおおわれるようなことをしている。あなたたちのそなものはもうきもされず,あなたたちがものはどれもこうてきられない+ 14  あなたたちは『どうしてか』とう。エホバはあなたとあなたのわかときからのつまとのあいだてきたしょうにんである。かのじょはあなたのはんりょけいやくした*つまであるにもかかわらず,あなたはかのじょうらったのだ+ 15  しかし,そうはしないひとがいた。せいなるちから*のこりをっていたからである。そのひとなにもとめていたか。かみそんである。だから,あなたたちもぶんないめんけいこう*けなさい。わかときからのつまうらってはならない。 16  わたしこんにく+」と,イスラエルのかみエホバはう。「ぼうりょくるう*ひとをもにくむ」と,たいぐんひきいるエホバはう。「ぶんないめんけいこうけなさい。うらりをしてはならない+ 17  あなたたちはかたことでエホバをつかれさせた+。それでもあなたたちはう。『どうつかれさせたか』と。『わるいことをおこなひとすべてを,エホバはいとごらんになり,よろこばれる』とったり+,『こうせいかみはどこにいるのか』とったりすることによってである」。

脚注

直訳,「叱責する」。
犠牲の動物から出るふんのこと。
または,「尊敬」,「敬意」。
または,「指示」。
または,「指示」。
直訳,「多くの人をつまずかせた」。
もしかすると,「与えた指示によって」。
もしかすると,「聖なる所」。
または,「正式に結婚した」。
ヘブライ語,ルーアハ。用語集参照。
ヘブライ語,ルーアハ。用語集参照。
直訳,「暴力で自分の服を覆う」。

注釈

メディア