マタイ​に​よる​福音​書 8:1-34

8  イエスが山から下りてきた後,大勢の人がその後に従った。  すると,重い皮膚病の男性がやって来てイエスに敬意を表し,言った。「主よ,あなたは,お望みになるだけで,私を癒やす*ことができます+」。  イエスは手を伸ばして男性に触り,「そう望みます。良くなりなさい」と言った+。すぐに病気は治った+  イエスは言った。「誰にも話さないようにしなさい+。ただ自分を祭司に見せに行き+,モーセが指定した供え物を捧げなさい+。癒やされた証拠としてです+」。  イエスがカペルナウムに入ると,ある士官がそのもとに来て,嘆願して+  言った。「閣下,私の召し使いが,体がまひして家で寝込んでおり,ひどく苦しんでおります」。  イエスは言った。「そちらへ行く時に治してあげましょう」。  士官は答えた。「閣下,私のような者の家に来ていただくには及びません。ただ一言言ってくだされば,召し使いは癒やされます。  といいますのは,私は権威の下にある人間で,私の下にも兵士がおり,この者に『行け!』と言えば,行き,別の者に『来い!』と言えば,来ます。また,私の奴隷に,『これをせよ!』と言えば,それをします」。 10  イエスはこれを聞いてとても驚き,後に従う人たちに言った。「はっきり言いますが,イスラエルの中でも,これほどの信仰は見たことがありません+ 11  とはいえ,あなたたちに言いますが,大勢の人が東や西から来て,天の王国でアブラハム,イサク,ヤコブと共に食卓に着きます+ 12  一方,王国の子たちは外の闇に放り出され,そこで泣き悲しんだり歯ぎしりしたりします+」。 13  それからイエスは士官に言った。「行きなさい。あなたが信じた通りになりますように+」。すると,召し使いはその時に癒やされた+ 14  イエスはペテロの家に入り,ペテロのしゅうとめ+が熱病にかかって寝ているのを見た+ 15  それで彼女の手に触ると+,熱が引き,しゅうとめは起き上がってイエスをもてなし*始めた。 16  夕方になってから,人々は邪悪な天使に取りつかれた人を大勢連れてきた。イエスは邪悪な天使たちを言葉で追い出し,病気に苦しむ人全てを治した。 17  預言者イザヤを通して語られた次の言葉が実現するためである。「彼は私たちの病気を取り去り,私たちの病を担った+」。 18  イエスは周りの群衆を見て,向こう岸へ出発するよう命じた+ 19  ある律法学者がやって来て,言った。「先生,あなたが行く所なら,どこへでも付いていきます+」。 20  しかしイエスは言った。「キツネには穴があり,鳥には巣がありますが,人の子には自分の家*がありません+」。 21  それから,弟子の1人がイエスに言った。「主よ,まず行って父を葬らせてください+」。 22  イエスは言った。「私の後に従い続け,死人は死人に葬らせなさい+」。 23  イエスが舟に乗ると,弟子たちが後に従った+ 24  ところが,湖に大嵐が生じ,舟は波にのまれそうになった。それでも,イエスは眠っていた+ 25  弟子たちが来てイエスを起こし,「主よ,助けてください。死んでしまいそうです!」と言った。 26  しかしイエスは言った。「なぜそんなに怖がっている*のですか。信仰の少ない人たち+」。それから起き上がって風と湖を叱りつけた。すると湖面はすっかり穏やかになった+ 27  弟子たちはとても驚き,「どういう方なのだろう。風や湖さえ従うのだ」と言った。 28  イエスが向こう岸に着いてガダラの人たちの地域に入ると,邪悪な天使に取りつかれた2人の男が墓場から出てきてイエスに会った+。2人はとりわけ凶暴だったので,誰もすぐ近くの道を通る勇気がなかった。 29  2人はわめいて,言った。「神の子よ,何をしに来たのですか+。私たちを罰するために+,定められた時よりも前に来たのですか+」。 30  遠く離れた所で,豚の大きな群れが草を食べていた+ 31  それで邪悪な天使たちはイエスに嘆願し始め,「私たちを追い出すのでしたら,あの豚の群れの中に送り込んでください」と言った+ 32  イエスが「行け!」と言うと,邪悪な天使たちは出てきて豚の中に入った。何と,群れ全体が突進して崖から湖に落ち,水の中で死んだ。 33  豚を飼っていた人たちは逃げて町に入り,邪悪な天使に取りつかれた男たちのことを含め,一切のことを知らせた。 34  すると,町中の人がイエスに会いに出てきた。そしてイエスを見ると,この地域から出ていくようにと求めた+

脚注

または,「清くする」。
または,「に仕え」。
直訳,「頭を横たえる所」。
または,「小心な」。

注釈

敬意を表する: または,「ひざまずく」,「ひれ伏す」。ギリシャ語動詞プロスキュネオーは,神や神とされる者への崇拝について述べる場合,「崇拝する」と訳される。しかしこの文脈で,占星術師たちは「ユダヤ人のとして生まれた方」について尋ねているので,神ではなく人間の王への敬意について述べていることは明らか。同様の用例がマル 15:18,19にあり,イエスをからかい,「ひれ伏し」て「ユダヤ人の王」と呼んだ兵士にこの語が使われている。マタ 18:26の注釈を参照。

重い皮膚病: 皮膚に重度の病変が生じる病気。今でいうハンセン病が含まれると思われるが,それに限定されてはいない。この病気と診断された人は治るまで社会から離れて生活した。(レビ 13:2,45,46用語集参照。

に敬意を表し: または,「にひざまずき」,「にひれ伏し」,「を敬い」。ヘブライ語聖書中の人たちも,預言者や王その他,神の代理を務める人に会った時に,ひれ伏した。(サ一 25:23,24。サ二 14:4-7。王一 1:16。王二 4:36,37)この男性は,人々を癒やす力を持つ神の代理者に話していることを認識していたと思われる。エホバの指名された王に敬意を示すためにひざまずくのは適切なことだった。(マタ 9:18)ここで使われているギリシャ語については,マタ 2:2の注釈を参照。

イエスは……男性に触り: モーセの律法では,他の人にうつらないように,重い皮膚病の人を隔離することが求められていた。(レビ 13:45,46。民 5:1-4)それに対し,ユダヤ人の宗教指導者たちは細かな規則を加えた。例えば,誰も,その病気の人から4キュビト(約1.8メートル)以内に近づいてはならず,風の強い日には100キュビト(約45メートル)離れていなければならなかった。このような規則のせいで,重い皮膚病の人たちは思いやりのない扱いを受けた。ある伝承では,重い皮膚病の人から身を隠したラビや,その病気の人を近づけまいとして石を投げ付けたラビのことが好意的に扱われている。対照的に,イエスはこの重い皮膚病の人の苦しい境遇に深く心を動かされ,他のユダヤ人にとっては考えられないことをした。その男性に触ったのである。言葉だけで癒やせたにもかかわらず,そのようにした。(マタ 8:5-13

そう望みます: イエスは男性の頼みを受け入れただけでなく,それに応えたいという強い願いを表明し,単なる義務感以上のものに動かされていたことを示した。

誰にも何も言わないように: イエスがこう命じたのは,自分の名を高めることもエホバ神と王国の良い知らせから注意をそらすようなこともしたくなかったからだと思われる。これはイザ 42:1,2の預言の言葉を実現するものだった。そこにはエホバの奉仕者が「通りで」つまり派手な仕方で「声を発することもない」とある。(マタ 12:15-19)イエスの謙遜な態度は爽やかで,「人に見えるように……大通りの角に立って祈る」偽善者たちとは対照的であり,イエスはそうした人たちを断罪した。(マタ 6:5)イエスは自分がキリストであることを,奇跡に関する派手なうわさではなく,しっかりした証拠に基づいて人々に確信してほしかったのだろう。

誰にも話さない: マル 1:44の注釈を参照。

自分を祭司に見せ: モーセの律法に沿って,祭司は重い皮膚病の人が癒やされたことを確認しなければならなかった。治った人は神殿に行き,捧げ物つまり供え物として生きた清い鳥2羽,杉の枝,緋色の布,ヒソプを差し出さなければならなかった。(レビ 14:2-32

カペルナウム: 「ナホムの村」または「慰めの村」を意味するヘブライ語名に由来。(ナホ 1:1,脚注)イエスの地上の宣教で特に重要だった町で,ガリラヤ湖の北西岸にあり,マタ 9:1では「自分の町」と言われている。

カペルナウム: マタ 4:13の注釈を参照。

士官: または,「百人隊長」,すなわち,ローマ軍で約100人の兵士を率いた人。

私の召し使い: ここで「召し使い」と訳されているギリシャ語は字義的には,「子供」,「若者」という意味で,それなりに愛情を注がれた奴隷,私的な召し使いを指しても用いられた。

大勢の人が東や西から: ユダヤ人でない人たちが王国に加わることを示している。

食卓に着き: 直訳,「食卓で横になり」。または,「食事をし」。聖書時代,宴会や大勢で食事をする時,たいてい食卓の周りに寝椅子が置かれた。飲食する人たちは頭を食卓の方に向けて寝椅子に横になり,たいていはクッションに左肘を突いて体を支えた。食物は右手で取るのが普通だった。食卓で一緒に横になるのは親しい交友の印だった。当時のユダヤ人は通常,ユダヤ人でない人とは決してそのようにしなかった。

歯ぎしりしたり: または,「歯がみしたり」,「歯を食い縛ったり」。これは,苦悩,絶望,怒りといった気持ちの表れとなり,時にきつい言葉や乱暴な行動が伴う。

シモンのしゅうとめ: つまり,ケファとも呼ばれるペテロのしゅうとめ。(ヨハ 1:42)これは,ケファを妻帯者としているコ一 9:5のパウロの言葉と一致している。しゅうとめは,ペテロの家に住んでいたと思われる。兄弟アンデレもその家に住んでいた。(マル 1:29-31マタ 10:2の注釈を参照。そこではこの使徒の別名が説明されている。

高い熱で苦しんでいて: マタイとマルコはペテロのしゅうとめが「熱病にかかって寝ている」と書いている。(マタ 8:14。マル 1:30)ルカだけは,医者だったためと思われるが,「高い熱」と述べて,症状が重いことに注意を引いている。「ルカの紹介」参照。

しゅうとめ: ルカ 4:38の注釈を参照。

熱病にかかって: ルカ 4:38の注釈を参照。

夕方になってから: つまり,安息日が終わってから。並行記述のマル 1:21-32ルカ 4:31-40からそう言える。

預言者を通してエホバが……語ったことが実現するため: このような表現がマタイの福音書に何度も出てくる。約束のメシアとしてのイエスの役割をユダヤ人読者に強調するためと思われる。(マタ 2:15,23; 4:14; 8:17; 12:17; 13:35; 21:4; 26:56; 27:9

預言者イザヤを通して語られた次の言葉が実現するため: マタ 1:22の注釈を参照。

担った: または,「運び去った」,「取り除いた」。ここでマタイは聖なる力に導かれて,イザ 53:4をイエスによる奇跡的な癒やしに適用した。イザ 53:4がより大規模に実現するのは,「アザゼルのための」ヤギが贖罪の日にイスラエルの罪を荒野に運んでいったように,イエスが罪を完全に運び去る時。(レビ 16:10,20-22)イエスは,ご自分の犠牲の価値に信仰を抱く人全てのために,罪を運び去ることによって病気の根本原因を除き去る。

向こう岸: ガリラヤ湖の東岸のこと。

人の子: または,「人間の子」。原語で,この表現は福音書に約80回出ている。イエスは自分を指してこの表現を用いた。自分が女性から生まれた紛れもない人間であること,また人類を罪と死から救う力を持つ,アダムにちょうど対応する人間であることを強調したものと思われる。(ロマ 5:12,14,15)この同じ表現は,イエスがメシアすなわちキリストであることも明らかにした。(ダニ 7:13,14用語集参照。

父を葬らせて: これは,男性が父親を亡くしたばかりで,葬式だけは済まさせてほしいと言っていた,ということではないと思われる。もしそうだったとすれば,この場でイエスと話していたとは考えにくい。古代中東では,家族の誰かが死ぬとすぐに,たいていその日のうちに葬式を行った。この男性の父親は死んだのではなく,病弱だったか年を取っていたのだろう。イエスが,病気で世話の必要な親を見捨てるように言うはずはないので,必要な世話ができる家族がほかにいたに違いない。(マル 7:9-13)この男性は,「あなたの後に従いますが,父が生きている間は無理です。父が死んで葬るまで待ってください」と言っていたことになる。しかし,イエスからすれば,この男性は生活の中で神の王国を最優先にする機会を逸していた。(ルカ 9:60,62

父を葬らせて: ルカ 9:59の注釈を参照。

死人は死人に葬らせ……なさい: ルカ 9:59の注釈にあるように,イエスが話していた男性の父親は死んだのではなく,病弱だったか年を取っていたのだと思われる。それで,イエスは「神から見て死んでいる人に死人を葬らせなさい」と言っていたと考えられる。つまり,父親が亡くなるまで世話できる親族がほかにいたようなので,男性はイエスの後に従うという決定を引き延ばすべきではなかった。男性はイエスの後に従うなら,神から見て死んでいる人たちの1人になるのではなく,永遠の命への道を歩むことになる。イエスは,生活の中で神の王国を第一にしてそれを遠く広く知らせることが神から見て生きていくうえで鍵となることを示している。

死人は死人に葬らせなさい: ルカ 9:60の注釈を参照。

大嵐: このような嵐はガリラヤ湖では珍しくなかった。湖面は海面より約210メートル低く,そこは周辺の台地や山より気温が高い。そのため大気の乱れや強風が生じ,波が起きやすい。

信仰の少ない人たち: イエスはこの表現を用い,弟子たちの信仰や信頼が強くはないことを示した。(マタ 8:26; 14:31; 16:8。ルカ 12:28)信仰がないことではなく信仰が足りないことを意味している。

信仰の少ない人たち: イエスは,信仰がないことではなく信仰が足りないことを暗示していた。(マタ 14:31; 16:8。ルカ 12:28マタ 6:30の注釈を参照。

ゲラサの人たちの地域: ガリラヤ湖の向こう側(東側)の地域。今日,この地域の境界ははっきりせず,明確な場所は分からない。ゲラサの人たちの地域を湖の東岸の急斜面に近いクルシの辺りと結び付ける人もいる。一方,ガリラヤ湖の南南東55キロに位置するゲラサ(ジャラシュ)の町を中心に広がる地域と考える人もいる。マタ 8:28では「ガダラの人たちの地域」と呼ばれている。(この節のゲラサの人たちに関する注釈とマタ 8:28の注釈を参照。)異なる名前が使われているが,どちらもガリラヤ湖東岸のおおよそ同じ辺りを指していて,2つの地域は重なり合っていたのかもしれない。それで,記述は矛盾していない。付録A7,地図3B,「ガリラヤ湖で行ったこと」と付録B10も参照。

男: 福音書筆者のマタイ(8:28)は2人の男と言っているが,マルコとルカ(8:27)は1人の男について述べている。マルコとルカが邪悪な天使に取りつかれた1人の男だけに注目したのは,イエスがその男と話し,彼の様子がとりわけ目立ったからだと思われる。もしかすると,その男の方が凶暴だったか長期にわたって邪悪な天使の影響を受けていたのかもしれない。2人の男が癒やされた後,イエスに同行したいと言ったのが1人だけだったという可能性もある。(マル 5:18-20

ガダラの人たちの地域: ガリラヤ湖の向こう岸(東岸)の地域。湖から10キロ離れたガダラまで広がる地域かもしれない。そう言えるのは,ガダラの硬貨によく船が描かれているため。マルコとルカはそこを「ゲラサの人たちの地域」と呼んでいる。(マル 5:1の注釈を参照。)その2つの地域は重なり合っていたのかもしれない。付録A7,地図3B,「ガリラヤ湖で行ったこと」と付録B10を参照。

2人: マルコ(5:2)とルカ(8:27)は,邪悪な天使に取りつかれた1人の男についてのみ述べている。マル 5:2の注釈を参照。

墓場: または,「記念の墓」。(用語集の「記念の墓」参照。)墓は,洞窟や,自然の岩をくりぬいた部屋だと思われる。普通,町の外にあった。墓場は,関係する儀式上の汚れのためにユダヤ人から敬遠されていたので,狂人や邪悪な天使に取りつかれた人の格好の住みかとなった。

それは私たちが心配することですか: マリアは,イエスに「ぶどう酒がありません」(ヨハ 2:3)と言った時,何かしてあげたらどうかとイエスに提案していたに違いない。イエスはこの時までに奇跡を行ったことがなかったので,これは注目に値する。イエスのこの返答はセム語系の慣用句で,直訳すると「私とあなたとには何が」。これは基本的に異議を示すものだが,文脈に沿って理解しなければならない。敵意や拒絶の表れの場合もあるが(マタ 8:29。マル 1:24; 5:7。ルカ 4:34; 8:28),ここでは穏やかな反論のようだ。(この慣用句のそのような穏やかな使い方の例がサ二 16:9,10王一 17:18などヘブライ語聖書にもある。)イエスがすぐに応じなかった理由は,その後に述べた私の時はまだ来ていませんという言葉に示されている。とはいえ,マリアの提案に対するイエスの反応は,5節のマリアの反応から分かるように,手助けに反対ではないことを示していたのだろう。

何をしに来たのですか: または,「私たちとあなたに共通するものがありますか」。この修辞的な質問は直訳すると,「私たちとあなたとには何が」。このセム語系の慣用句はヘブライ語聖書に出ていて(ヨシ 22:24。裁 11:12。サ二 16:10; 19:22。王一 17:18。王二 3:13。代二 35:21。ホセ 14:8),対応するギリシャ語表現がギリシャ語聖書で使われている。(マタ 8:29。マル 1:24; 5:7。ルカ 4:34; 8:28。ヨハ 2:4)具体的な意味は文脈によって異なる。この節では,敵意や拒絶の表れであり,「邪魔をするな」,「放っておいてくれ」と訳す人もいる。別の文脈では,侮蔑や高慢さや敵意の表れではなく,見方や意見が異なることを表明したり提案された事に関わりたくないことを示したりするために使われている。ヨハ 2:4の注釈を参照。

私たちを罰する: 関係するギリシャ語がマタ 18:34で「牢番」と訳されている。それで,この文脈で「罰する」とは並行記述のルカ 8:31に出てくる「底知れぬ深み」への拘束や監禁を指すようである。

豚: 豚は律法では汚れた動物だったが,この地方で飼育されていた。「豚を飼っていた人たち」(マタ 8:33)がユダヤ人で律法を破っていたのかどうかは述べられていない。しかし,デカポリス地方にはユダヤ人でない人が大勢住んでいて,豚肉の市場があった。ギリシャ人もローマ人も豚肉をごちそうと見ていた。

メディア

ローマの百人隊長もしくは士官,戦いの装備をしている
ローマの百人隊長もしくは士官,戦いの装備をしている

百人隊長は一般の兵士が到達し得る最高の階級。兵士たちを訓練し,兵士たちの武器,補給品,食糧を点検し,規律を保った。ローマ軍の迅速さと効率性は,他の誰よりも百人隊長に大きく依存していた。一般的に言って,彼らはローマ軍の中で最も経験豊かで重んじられる存在。こうした点を考えると,イエスに近づいた百人隊長の謙遜さと信仰がいっそう際立つ。

キツネの穴と鳥の巣
キツネの穴と鳥の巣

イエスは家を持たない自分の状況を,巣穴のあるキツネや巣のある鳥と対比させた。この写真のキツネ(Vulpes vulpes)は中東だけでなくアフリカ,アジア,ヨーロッパ,北アメリカにもすんでいて,オーストラリアにも持ち込まれた。キツネは自然の岩の裂け目や他の動物がすまなくなった穴を使うこともあれば,他の動物から巣穴を奪い取ることもあるが,普通は地面を掘って巣穴を作る。写真の鳥はヨーロッパウグイス(Cettia cetti)で,イスラエルで1年のある時期に見掛ける推定470種の鳥の1種。鳥の巣も多様で,樹木,木の幹のくぼみ,岩壁などにあり,小枝,葉,海藻,羊毛,わら,コケ,羽毛その他で作られる。イスラエルは地中海の南東角の近くで,涼しい山頂,厳しい暑さの深い谷,乾燥した砂漠,海沿いの平野など,さまざまな自然条件の土地が集まっていて,その地域の渡りをする鳥にもしない鳥にも魅力的な生息地。

ガリラヤ湖の東側の崖
ガリラヤ湖の東側の崖

イエスが2人の男から邪悪な天使を追い出して豚の群れの中に送り込んだのは,ガリラヤ湖東岸沿いでのことだった。