マタイ​に​よる​福音​書 19:1-30

19  イエスはこうしたことを語り終えると,ガリラヤを出発し,ユダヤと境界を接する地方,ヨルダン川の向こう側に行った+  再び大勢の人が付いてきて,イエスはその人々をそこで治した。  パリサイ派の人たちが来て,イエスを試そうとして,こう尋ねた。「どんな理由でも,妻を離婚してよいのでしょうか+」。  イエスは答えた。「あなた方は読まなかったのですか。人間を創造した方は,初めから男性と女性に造り+  『それで,男は父と母から離れて妻にしっかり付き,2人は一体となる+』と言いました。  それで,2人はもはや別々ではなく,一体です。ですから,神が結び合わせた*ものを,人が離してはなりません+」。  パリサイ派の人たちは言った。「では,なぜモーセは,妻を離婚するなら離婚証書を与えるように,と指示したのですか+」。  イエスは言った。「モーセはあなた方の頑固さを考えて,妻との離婚に関して譲歩したのです+。初めからそうなっていたわけではありません+  あなた方に言いますが,性的不道徳以外の理由で妻を離婚して別の女性と結婚する人は,姦淫をすることになります+」。 10  弟子たちがイエスに言った。「妻に関して男の立場がそのようなものであれば,結婚しない方がよいでしょう」。 11  イエスは言った。「全ての人がそのことを受け入れるわけではなく,神の助けによって受け入れることができる*人だけがそうします+ 12  生まれつき障害があるので結婚しない人や,人に障害を負わされたので結婚しない人もいれば,天の王国のために結婚しない人もいます。それを受け入れることができる人は,受け入れなさい+」。 13  その時,手を置いて祈ってもらうために,イエスの所に幼い子供たちが連れてこられたが,弟子たちはその人たちを叱りつけた+ 14  しかしイエスは言った。「子供たちをそのまま来させなさい。止めようとしてはなりません。天の王国はこの子供たちのような人のものだからです+」。 15  こうして,子供たちに手を置いてから,去っていった。 16  さて,ある青年がイエスのもとに来て,言った。「先生,永遠の命を得るには,どんな善いことをしなければなりませんか+」。 17  イエスは言った。「なぜ善いことについて私に尋ねるのですか。善い方はおひとりだけです+。とはいえ,命を受けたいなら,おきてを絶えず守りなさい+」。 18  その青年は,「どのおきてですか」と言った。イエスは言った。「殺人をしてはならない+。姦淫をしてはならない+。盗んではならない+。偽りの証言をしてはならない+ 19  父と母を敬いなさい+。隣人を自分自身のように愛さなければならない+」。 20  その青年は言った。「その全てを守ってきました。まだ足りないことがあるのでしょうか」。 21  イエスは言った。「完全でありたいと思うなら,行って,持ち物を売り,貧しい人たちに与えなさい。そうすれば,天に宝を持つようになります+。それから来て,私の弟子になりなさい+」。 22  青年はこれを聞くと,悲嘆しながら去っていった。多くの資産を持っていたからである+ 23  イエスは弟子たちに言った。「はっきり言いますが,裕福な人が天の王国に入るのは難しいことです+ 24  さらに言えば,裕福な人が神の王国に入るよりは,ラクダが針の穴を通る方が簡単です+」。 25  弟子たちはそれを聞くと,大変驚いて,「いったい誰が救われるのでしょうか」と言った+ 26  イエスは弟子たちをじっと見て言った。「人にはこれが不可能でも,神には全てのことが可能です+」。 27  そこでペテロが言った。「見てください! 私たちは全てのものに別れを告げて,あなたに従ってきました。私たちは何を受けるのでしょうか+」。 28  イエスは弟子たちに言った。「はっきり言います。再創造の際,人の子が栄光の座に座る時に,私に従ってきたあなたたちも12の座に座り,イスラエルの12部族を裁きます+ 29  そして,私の名のために,家,兄弟,姉妹,父親,母親,子供,あるいは土地に別れを告げた人は皆,百倍を受け,永遠の命を受けます+ 30  しかし,多くの最初の人たちが最後に,最後の人たちが最初になります+

脚注

直訳,「くびきでつないだ」。
または,「そのような贈り物を受けている」。

注釈

ユダヤと境界を接する地方,ヨルダン川の向こう側: ヨルダン川の東側にあるペレア地域,特にユダヤに接する地方を指すと思われる。イエスはガリラヤを去って,復活後までそこに戻らなかった。付録A7,地図5を参照。

しっかり付き: ここで使われているギリシャ語動詞は字義的には,「のり付けする」,「固く結び付ける」,「くっつく」という意味。ここでは,のり付けするかのように夫と妻を結び合わせる絆について比喩的に使われている。

一体: この表現は,創 2:24のヘブライ語をギリシャ語に直訳したもので,「1つの体」や「1人の人」とも訳せる。2人の人間の間の最も固い絆を表す。性関係を指すだけでなく関係全体を表現したもので,2人は忠実で切り離せない間柄になる。そのような結び付きが絶たれると,結ばれていた2人は必ず傷つく。

離婚証書: モーセの律法は離婚を勧めてはいない。証書を作ることは,性急に結婚を解消するのを思いとどまらせ,女性を保護するものとなった。(申 24:1)証書を得ようと思う夫は,しかるべき権限を持つ人たちに相談しなければならなかっただろう。その人たちは夫婦に和解を勧めたかもしれない。

離婚証書: または,「離縁証書」。律法によると,離婚を考えている人は法的な書類の準備をしたり,恐らく長老に相談したりしなければならなかった。そのようにして,重大な決定を考え直す時間が与えられた。律法には,性急な離婚を防ぎ,女性に一定の法的保護を与える意図があったと思われる。(申 24:1)しかしイエスの時代,宗教指導者たちは離婚を簡単にできるものにしていた。パリサイ派の人で離婚経験のあった1世紀の歴史家ヨセフスは,「どんな理由であれ(そうした多くの理由を挙げるのは男性)」離婚は許されるという考えを示した。マタ 5:31の注釈を参照。

性的不道徳: ギリシャ語ポルネイアは,聖書の基準に反するあらゆる性行為を広く指す語。姦淫,売春,結婚していない人同士の性関係,同性愛,獣姦などが含まれる。用語集参照。

もし妻が,夫と離婚した後: イエスはこの言い回しによって,不忠実な夫を離婚する妻の権利を認めている。それは当時のユダヤ人には受け入れ難かったと思われる。しかしイエスによれば,キリスト教の方式として男性と女性に同じ基準を当てはめることになった。

性的不道徳: ギリシャ語,ポルネイア。マタ 5:32の注釈用語集を参照。

妻を離婚して: マル 10:12の注釈を参照。

姦淫: 用語集参照。

障害: 性機能の障害を指すと考えられる。

結婚しない人: 文字通りの意味は,去勢された男性。この節では文字通りにも比喩的にも使われている。用語集の「宦官」参照。

天の王国のために結婚しない人: 直訳,「天の王国のために自分を去勢した人」。文字通り去勢された人を指すのではなく,自らの意志で独身でいる人を指す。用語集の「宦官」参照。

善い方はおひとりだけです: つまり,神だけ。ここでイエスは,エホバを何が善いことかに関する究極の基準として認めた。神はご自分の言葉 聖書によって何が善いことかを明らかにし,定義している。(マル 10:18。ルカ 18:19

隣人: 「隣人」(直訳,「近くの者」)に当たるギリシャ語は,近くに住んでいる人だけでなく,接する人全てを指す。(ルカ 10:29-37。ロマ 13:8-10マタ 5:43の注釈を参照。

隣人: マタ 22:39の注釈を参照。

完全: ここで使われているギリシャ語は「完成した」,「十分に成長した」ことを意味し,ある権威が定めた基準に照らして「非の打ちどころがない」ことも意味する。絶対的な意味で完全なのはエホバだけなので,この語が人間に用いられる場合,相対的な完全さを言っている。この文脈で,「完全」とはクリスチャンとしてエホバ神と仲間の人間への愛が完成していることを指す。人は罪人であっても,そうなれる。

イエスは言った: イエスは青年の真剣さを感じ,マル 10:21にある通り,彼に「愛を抱い」た。弟子になるためにその人が自己犠牲の精神をさらに培う必要があることに気付いたのだろう。イエスは,持ち物を売り,貧しい人たちに与えなさいと言った。全てを後に残してイエスに従ったと述べるペテロたちとは違い,この青年は弟子になるために資産を手放すことができなかった。(マタ 4:20,22。ルカ 18:23,28

完全: ここで使われているギリシャ語は,ある権威が定めた基準に照らして「申し分のない」あるいは「非の打ちどころがない」ことも意味する。(マタ 5:48の注釈を参照。)この文脈で,男性は持っていた資産のために,神への奉仕の点で完全に,すなわち申し分のない人になるのを妨げられていた。(ルカ 8:14

はっきり言いますが: または,「真実に言いますが」。ここのギリシャ語に含まれているアメーンという語は,ヘブライ語のアーメーンを翻字したもので,「そうなりますように」もしくは「確かに」という意味。イエスは発言や約束や預言の前置きとして頻繁にこの表現を使って,絶対的な真実性と信頼性を強調した。イエスのこの語の用い方は,宗教的文書で他に例がないとされている。ヨハネの福音書全体に見られる通り,イエスはこの語を2度重ねて(アメーン,アメーン)自分の言葉の信頼性をさらに強調することもあった。ヨハ 1:51の注釈を参照。

はっきり言いますが: マタ 5:18の注釈を参照。

ラクダが針の穴を通る方が簡単: イエスは誇張法を使って要点を示していた。文字通りのラクダが実際の縫い針の穴を通れないように,裕福な人が,エホバとの関係より富の方を優先し続けるなら,神の王国に入ることはできない。イエスは,裕福な人が誰も王国を授けられることはないと言っていたのではない。「神には全てのことが可能です」とも言っているから。(マタ 19:26

人の子: または,「人間の子」。原語で,この表現は福音書に約80回出ている。イエスは自分を指してこの表現を用いた。自分が女性から生まれた紛れもない人間であること,また人類を罪と死から救う力を持つ,アダムにちょうど対応する人間であることを強調したものと思われる。(ロマ 5:12,14,15)この同じ表現は,イエスがメシアすなわちキリストであることも明らかにした。(ダニ 7:13,14用語集参照。

再創造: または,「再生」,「回復」。ギリシャ語パリンゲネシアは,「再び」,「改めて」,「もう一度」という意味の部分と,「誕生」,「起源」という意味の部分から成る複合語。古代のユダヤ人著述家フィロンは大洪水後の世界の回復についてこの語を使った。ユダヤ人の歴史家ヨセフスは捕囚後のイスラエルの復興に関してそれを使った。このマタイの記述では,キリストと共同統治者の統治によって,最初の人間夫婦が罪を犯す前に得ていた完全な状態が地上に回復される時を指している。

人の子: マタ 8:20の注釈を参照。

裁きます: これは,キリストの共同統治者がキリストと共に裁きを行うことを示す他の聖句と一致している。(コ一 6:2。啓 20:4)聖書中で,統治することと裁くことはしばしば互いに関連しており,「裁く」という語が「治める」や「統治する」というもっと広い意味で使われることがある。(裁 2:18; 10:2。オバ 21

受けなさい: このギリシャ語動詞の基本的な意味は,息子が父親から相続財産を受ける時など,大抵は一定の関係に基づいて,何かを権利として受けること。(ガラ 4:30)しかしここでは,ギリシャ語聖書の大半の出例と同様,神から報いとして何かを受けるという広い意味で使われている。(マタ 19:29。コ一 6:9

百倍: 「幾倍」とする写本も幾つかあるが,現在の読みの方が写本による強力な裏付けがある。(マル 10:30,ルカ 18:30と比較。)

受けます: マタ 25:34の注釈を参照。

メディア

ヨルダン川の東,ペレア
ヨルダン川の東,ペレア

この写真はペレアとして知られる地域の一部。この地域はヨルダン川の東側にあり,北はペラから南は死海の東まで広がっていた。「ペレア」という語は聖書に出ていない。その語の元になったギリシャ語は,「向こう側」,「渡って」,「越えて」という意味があり,聖書で何度も使われていて,ペレア地域を指していることもある。(マタ 4:25。マル 3:8)ガリラヤの人たちはエルサレムに行く途中にペレアを通ることもあった。イエスは宣教の終わりごろにペレアでしばらく教えた。(ルカ 13:22)その後,エルサレムに行く途中に再びペレアを通った。(マタ 19:1; 20:17-19。マル 10:1,32,46

(1)ヨルダン川

(2)ヨルダン川の東の平原

(3)ギレアデの山々

離婚証書
離婚証書

この離婚証書は西暦71年か72年のもので,アラム語で書かれている。ユダヤ砂漠の干上がっている川,ワジ・ムラバアトの北側で見つかった。この証書はマサダに住んでいた2人に関するもので,ユダヤ人の反乱の6年目にナクサンの息子ヨセフがヨナタンの娘ミリアムと離婚したことを述べている。

ラクダ
ラクダ

イエスの時代,ラクダはこの地域で最大の家畜だった。聖書に多く出てくるのは,ヒトコブラクダ(Camelus dromedarius)と考えられている。聖書でラクダが最初に出てくるのはアブラハムが一時的にエジプトに住んだ時のことで,アブラハムは荷役に使えるこの動物を何頭か手に入れた。(創 12:16