マタイ​に​よる​福音​書 14:1-36

14  その頃,地域支配者ヘロデがイエスの評判を聞き+  家来たちに言った。「これはバプテストのヨハネだ。生き返ったのだ。だから強力な行い*ができるのだ+」。  ヘロデはかつて,自分の兄弟フィリポの妻ヘロデアのことでヨハネを捕らえ,縛って牢屋に入れていた+  ヨハネがヘロデに,「彼女を自分のものとするのは正しくありません+」と言っていたからである。  ヘロデは,ヨハネを殺したいと思ったが,群衆を恐れた。人々がヨハネを預言者と見なしていたからだった+  さて,ヘロデの誕生日+祝いの時,ヘロデアの娘が踊りを見せ,ヘロデを喜ばせた+  それでヘロデは娘に,何でも欲しいものを与えると誓った。  そこで娘は,母親の言い付け通り,「バプテストのヨハネの首を大皿に載せて,ここでお与えください」と言った+  王は悲しんだが,自分の誓いや一緒に食事をしている人*たちのことを考え,それを与えるようにと命令した。 10  そして人を遣わし,牢屋の中でヨハネの首をはねさせた。 11  首は大皿に載せて持ってこられ,娘に与えられた。娘は母親の所に持っていった。 12  その後,ヨハネの弟子たちが来て遺体を運び出し,葬った。それから,イエスの所に来て報告した。 13  それを聞いたイエスは,独りになるために,そこから舟で静かな場所に向かった。ところが,人々がそのことを聞き付け,町々から歩いてその場所に向かった+ 14  イエスは岸に下り,大勢の人を見た時,かわいそうに思い+,病気の人たちを治した+ 15  夕方になる頃,弟子たちが来て言った。「ここは辺ぴな場所で,もう遅い時間です。群衆を解散させ,村に行って自分で食べ物を買えるようにしてあげてください+」。 16  しかしイエスは言った。「その必要はありません。あなたたちが食べ物を与えなさい」。 17  弟子たちは言った。「5つのパンと2匹の魚しかありません」。 18  イエスは,「私の所に持ってきなさい」と言った。 19  そして,草の上に座るよう群衆に指示した。5つのパンと2匹の魚を取り,天を見上げて祈り+,パンを割って弟子たちに渡し,次いで弟子たちが群衆に与えた。 20  こうして皆が食べて満足した。余ったかけらを拾うと,12個の籠がいっぱいになった+ 21  食べた男性は約5000人で,女性や子供もいた+ 22  それからすぐイエスは弟子たちを舟に乗らせて先に対岸に向かわせ,群衆は解散させた+ 23  イエスは群衆を解散させた後,祈りをするため自分だけで山に登った+。日が暮れても,1人でそこにいた。 24  その頃までに,舟は陸から何百メートルも離れていたが,向かい風で,波のためになかなか進まなかった。 25  ところが,第4夜警時に,イエスは湖の上を歩いて舟の所に来た。 26  弟子たちは,イエスが湖の上を歩いているのを目にして動揺し,「幻影*だ!」と言った。そして,恐れのあまり叫び声を上げた。 27  しかし,イエスはすぐに話し掛け,「安心しなさい。私です。恐れることはありません」と言った+ 28  ペテロは言った。「主よ,あなたでしたら,水の上を歩いてそちらに行くよう私に命令してください」。 29  イエスは,「来なさい!」と言った。そこでペテロは舟から出て,水の上を歩いてイエスの方に向かった。 30  ところが暴風を見て怖くなり,沈み始めた時,「主よ,助けてください!」と叫んだ。 31  イエスはすぐに手を伸ばしてペテロをつかみ,「信仰の少ない人よ,なぜ疑いに負けたのですか+」と言った。 32  2人が舟に乗り込んでから,暴風はやんだ。 33  その時,舟にいた弟子たちは,「確かにあなたは神の子です+」と言って,敬意を表した。 34  一行は湖を渡り,ゲネサレに着いた+ 35  その場所の人たちはイエスに気付き,周囲の全地方に知らせた。人々は病気の人を皆連れてきた。 36  その人たちは,外衣の裾にだけでも触れさせてくださいとイエスに嘆願した+。そして,触れた人は皆すっかり良くなった。

脚注

または,「奇跡」。
または,「晩餐の客」,「一緒に食卓で横になっている人」。
または,「錯覚」。

注釈

ヘロデ王: ヘロデ大王の子ヘロデ・アンテパスのこと。(用語集参照。)マタイとルカはアンテパスのローマの正式な称号「四分領太守」つまり「地域支配者」を使っている。(マタ 14:1,ルカ 3:1の注釈を参照。)その四分領はガリラヤとペレアから成っていた。しかし,彼は一般に「王」と呼ばれていた。このヘロデについて,マタイはその称号を1度使い(マタ 14:9),マルコはその称号のみを使っている。(マル 6:22,25-27

地域支配者: 直訳,「四分領太守」(属州の「4分の1の支配者」という意味)。下級の地域支配者や地方領主に当てはまる語で,ローマ当局の承認を得て支配した。ヘロデ・アンテパスの四分領はガリラヤとペレア。マル 6:14の注釈と比較。

ヘロデ: ヘロデ大王の子ヘロデ・アンテパスのこと。用語集参照。

ヨハネ: ヘブライ語名のエホハナンあるいはヨハナンに相当する。「エホバは恵みを与えてくださった」,「エホバは慈悲深い」という意味。

バプテストの: または,「浸礼を施す人」,「浸す人」。マル 1:4; 6:14では「バプテスマを施す人」,マル 6:24では「バプテスマを施す者」と呼ばれている。ヨハネの別名で,水に浸してバプテスマを施すのがヨハネの特徴となる活動だったことを示していると思われる。ユダヤ人の歴史家フラビウス・ヨセフスは,「別名をバプテストというヨハネ」と書いている。

バプテストのヨハネ: マタ 3:1の注釈を参照。

ヘロデ: ヘロデ・アンテパスのこと。用語集参照。

自分の兄弟フィリポの妻ヘロデア: ヘロデ・アンテパスは自分の異母兄弟ヘロデ・フィリポの妻ヘロデアに夢中になった。ヘロデアはフィリポと離婚し,アンテパスも妻と離婚して,ヘロデアとアンテパスは結婚した。バプテストのヨハネはユダヤ教の律法に反するこの不道徳な結び付きを批判したために捕らえられた。

ヨハネを捕らえ……牢屋に入れていた: 聖書は,これがどこで起きたかを述べていない。ヨセフスは,ヨハネがマケルスの要塞で投獄され,殺されたと述べている。その要塞は死海の東岸にあった。(「ユダヤ古代誌」,第18巻,5章,2節[ローブ18.119])ヨハネがその牢屋にしばらくいた可能性はある。(マタ 4:12)しかし,ヨハネが亡くなった時に拘束されていたのは,ガリラヤ湖の西岸の町ティベリアと思われる。その理由は以下の通り。(1)ヨハネはイエスがガリラヤで宣教を行っていた近くで牢屋に入れられていたようである。イエスの活動について聞き,牢屋から弟子たちを遣わしてイエスと話をさせた。(マタ 11:1-3)(2)マルコによれば,ヘロデの誕生日パーティーには「ガリラヤの著名人」が出席していたので,それはティベリアにあるヘロデの邸宅で開かれたのだろう。ヨハネはパーティーが行われた場所の近くで拘束されていたと思われる。(マル 6:21-29。マタ 14:6-11

ヨハネを捕らえ……牢屋に入れていた: 聖書は,これがどこで起きたかを述べていない。ヨセフスは,ヨハネがマケルスの要塞で投獄され,殺されたと述べている。その要塞は死海の東岸にあった。(「ユダヤ古代誌」,第18巻,5章,2節[ローブ18.119])ヨハネがその牢屋にしばらくいた可能性はある。(マタ 4:12)しかし,ヨハネが亡くなった時に拘束されていたのは,ガリラヤ湖の西岸の町ティベリアと思われる。その理由は以下の通り。(1)ヨハネはイエスがガリラヤで宣教を行っていた近くで牢屋に入れられていたようである。イエスの活動について聞き,牢屋から弟子たちを遣わしてイエスと話をさせた。(マタ 11:1-3)(2)マルコによれば,ヘロデの誕生日パーティーには「ガリラヤの著名人」が出席していたので,それはティベリアにあるヘロデの邸宅で開かれたのだろう。ヨハネはパーティーが行われた場所の近くで拘束されていたと思われる。(マル 6:21-29。マタ 14:6-11

誕生日: この祝いが行われたのは,ガリラヤ湖の西岸の町ティベリアにあるヘロデ・アンテパスの邸宅だと思われる。そう言える1つの理由は,マルコがここでガリラヤの著名人が出席していたと述べているからである。(マタ 14:3,6の注釈を参照。)聖書は2つの誕生日祝いのことしか述べていない。1つはこの時で,ヨハネが首をはねられ,もう1つはエジプトの君主ファラオの誕生日で,料理人の長が処刑された。(創 40:18-22)この2つの記述は似たところがある。どちらも盛大な宴会と恩恵を施すことが特色となり,どちらも処刑がなされたことで知られている。

誕生日祝い: これはティベリアにあるヘロデ・アンテパスの邸宅で行われたと思われる。(マタ 14:3,マル 6:21の注釈を参照。)聖書は2つの誕生日祝いのことしか述べていない。1つはこの時で,ヨハネが首をはねられ,もう1つはエジプトの君主ファラオの誕生日で,料理人の長が処刑された。(創 40:18-22)この2つの記述は似たところがある。どちらも盛大な宴会と恩恵を施すことが特色となり,どちらも処刑がなされたことで知られている。

地域支配者: 直訳,「四分領太守」(属州の「4分の1の支配者」という意味)。下級の地域支配者や地方領主に当てはまる語で,ローマ当局の承認を得て支配した。ヘロデ・アンテパスの四分領はガリラヤとペレア。マル 6:14の注釈と比較。

王: ヘロデ・アンテパスのローマにおける正式な称号は,マタ 14:1の注釈にある「四分領太守」。しかし,通称として「王」と呼ばれた。

自分の誓い: 原語で「誓い」に当たる語は複数形。(マタ 14:7では単数形。)ヘロデが誓いの言葉を繰り返して自分の約束を強調もしくは保証したことを示しているのかもしれない。

かわいそうに思った: この表現で使われているギリシャ語動詞スプランクニゾマイは「腸」を意味する語(スプランクナ)と関係があり,内奥の強い感情を指す。思いやりを表す極めて強いギリシャ語。

かわいそうに思い: または,「思いやりを感じ」。マタ 9:36の注釈を参照。

あなたたちが食べ物を与えなさい: 4福音書全てに記録されているイエスの奇跡はこれだけ。(マタ 14:15-21。マル 6:35-44。ルカ 9:10-17。ヨハ 6:1-13

魚: 聖書時代,魚は一般に焼いたり塩干ししたりして,パンと一緒に食べることが多かった。イエスが用いた魚は塩干しされていたと思われる。

祈り: 神に賛美や感謝を捧げる祈りだったと思われる。

パンを割って: パンはたいてい平たく,かたく焼かれた。それで,パンを割って食べるのが習慣だった。(マタ 15:36; 26:26。マル 6:41; 8:6。ルカ 9:16

籠: イエスが群衆に食事をさせた2度の奇跡に関する記述で(マタ 14:20; 15:37; 16:10の注釈マル 6:43; 8:8,19,20にある並行記述を参照),余ったかけらを集めるのに使われた籠は別々の種類だったことが一貫して示されている。約5000人に食事をさせた時は,ギリシャ語コフィノス(訳は「籠」)が使われ,4000人に食事をさせた時は,ギリシャ語スフュリス(訳は「大籠」)が使われている。このことから,筆者たちがその場にいたか信頼できる目撃証人から事実を聞いたことが分かる。

大籠: または,「食料籠」。マタ 15:37; 16:9の注釈を参照。

籠: 旅行者が持ち運びするためのひもが付いた小さな編み籠だったと思われる。容量は7.5リットルぐらいと考えられている。マタ 16:9,10の注釈を参照。

女性や子供もいた: この奇跡に関する記述で,マタイだけが女性や子供のことも述べている。この奇跡によって食事をした人は優に1万5000人を超えた可能性がある。

何百メートルも: 直訳,「何スタディオンも」。1スタディオンは1ローマ・マイルの8分の1で,185メートルに相当する。

第4夜警時: 午前3時ごろから午前6時ごろの日の出まで。これは,夜を4つの夜警時に分けるギリシャやローマの方式による。ヘブライ人は以前,夜を約4時間ずつの3つの夜警時に分けていたが(出 14:24。裁 7:19),この時までにローマの方式を採用していた。

敬意を表する: または,「ひざまずく」,「ひれ伏す」。ギリシャ語動詞プロスキュネオーは,神や神とされる者への崇拝について述べる場合,「崇拝する」と訳される。しかしこの文脈で,占星術師たちは「ユダヤ人のとして生まれた方」について尋ねているので,神ではなく人間の王への敬意について述べていることは明らか。同様の用例がマル 15:18,19にあり,イエスをからかい,「ひれ伏し」て「ユダヤ人の王」と呼んだ兵士にこの語が使われている。マタ 18:26の注釈を参照。

に敬意を表し: または,「にひざまずき」,「にひれ伏し」,「を敬い」。ヘブライ語聖書中の人たちも,預言者や王その他,神の代理を務める人に会った時に,ひれ伏した。(サ一 25:23,24。サ二 14:4-7。王一 1:16。王二 4:36,37)この男性は,人々を癒やす力を持つ神の代理者に話していることを認識していたと思われる。エホバの指名された王に敬意を示すためにひざまずくのは適切なことだった。(マタ 9:18)ここで使われているギリシャ語については,マタ 2:2の注釈を参照。

敬意を表し: または,「ひざまずき」,「敬い」。ギリシャ語動詞プロスキュネオーは,神や神とされる者への崇拝について述べる場合,「崇拝する」と訳される。しかしこの文脈では,奴隷が自分に対して権威を持つ人に敬意と服従を示すことを指す。マタ 2:2; 8:2の注釈を参照。

敬意を表した: または,「ひざまずいた」,「敬った」。弟子たちはイエスを神の代理と認めた。神ではなく「神の子」として敬意を示した。マタ 2:2; 8:2; 18:26の注釈を参照。

ゲネサレ: ガリラヤ湖の北西岸に沿って5キロ,内陸へ2.5キロほどの小さな平原。ルカ 5:1で,ガリラヤ湖は「ゲネサレ湖」と呼ばれている。

メディア

ヘロデ・アンテパスが造った硬貨
ヘロデ・アンテパスが造った硬貨

これらの写真は,イエスが宣教を行っていた頃に鋳造された銅貨の両面。硬貨を造らせたヘロデ・アンテパスはガリラヤとペレアの四分領太守つまり地域支配者。イエスがエルサレムに行く途中でヘロデの領土のペレアを通った時と思われるが,パリサイ派の人たちは,ヘロデがイエスを殺そうとしていると告げた。イエスはそれに答えた時,ヘロデを「あのキツネ」と呼んだ。(ルカ 13:32の注釈を参照。)ヘロデの支配下にいたのはほとんどがユダヤ人だったので,彼が造った硬貨にはヤシの枝(1)と木の葉の冠(2)が描かれている。それらはユダヤ人の感情を害するものではなかった。

ガリラヤ湖の北東部
ガリラヤ湖の北東部

ガリラヤ湖と湖畔の平原。イエスが約5000人の男性,それに女性や子供たちに食事をさせた場所と考えられている。

魚とパン
魚とパン

イスラエルでは,コイやスズキの類,ティラピアなど多様な魚が見られる。魚は一般に焼いたり塩干ししたりした。パンはひきたての小麦粉や大麦粉を使い,毎日焼いた。こねる前にパン種を入れず粉と水を混ぜただけの無酵母パン(ヘブライ語マッツァー)も多かった。

籠

聖書では,幾つかの語がさまざまな種類の籠を指すのに使われている。例えば,イエスが奇跡的に約5000人の男性に食事をさせた後の余ったかけらを集めた12の籠について,小さめの編み籠を指すギリシャ語が使われている。一方,イエスが約4000人の男性に食事をさせた後の余ったかけらを入れた7つの籠については別のギリシャ語が使われている。(マル 8:8,9)こちらの語は大籠を指し,パウロがダマスカスの城壁の窓から地面に下ろされた時の籠にも使われている。(使徒 9:25