マタイ​に​よる​福音​書 13:1-58

13  その日,イエスは家を出て,湖のほとりに座っていた。  すると,非常に大勢の人が集まってきたので,イエスは舟に乗って腰を下ろした。群衆は皆,浜辺に立っていた+  イエスは多くのことを例えで話し+,こう言った。「さて,人が種をまきに出掛けました+  まいていると,幾らかは道端に落ち,鳥が来て食べてしまいました+  幾らかは土が少ない岩地に落ち,土が深くないのですぐに芽を出しました+  しかし,太陽が昇ると日に焼けて,根がないので枯れてしまいました。  幾らかはいばらの間に落ち,伸びてきたいばらにふさがれてしまいました+  さらに,幾らかは良い土に落ち,実を付け始め,ある種は100倍,ある種は60倍,ある種は30倍の実を付けました+  耳のある人は聞きなさい+」。 10  弟子たちが来て,イエスに言った。「例えを使って話すのはどうしてですか+」。 11  イエスは答えた。「あなたたちは,天の王国の神聖な秘密+を理解することを許されていますが,あの人たちは許されていません。 12  持っている人は,さらに与えられて満ちあふれるほどにされます。しかし,持っていない人は,持っているものまで取り去られます+ 13  ですから,例えを使って話すのです。あの人たちは見ていても無駄に見,聞いていても無駄に聞き,意味を悟らないからです+ 14  この人たちについて,イザヤの次の預言が実現しています。『「あなたたちは確かに聞くが,決して意味を悟らず,確かに目を向けるが,決して見えない+」。 15  この民は心が鈍くなり*,よく耳を傾けず*,目を閉じてしまったからである。これは,彼らが決して,目で見ず,耳で聞かず,心で意味を悟らず,私のもとに帰らず,私が彼らを癒やすことのないためである+』。 16  しかし,あなたたちの目は見るので,また耳は聞くので,幸せです+ 17  はっきり言いますが,多くの預言者や正しい人は,あなたたちが見ているものを見たいと願いながら見ず+,あなたたちが聞いていることを聞きたいと願いながら聞かなかったのです。 18  では,種をまいた人の例えを聞きなさい+ 19  人が王国に関する言葉を聞いても意味を悟らない場合,邪悪な者+がやって来て,心にまかれたものをさらっていきます。これが道端にまかれたものです+ 20  岩地にまかれたもの,これは王国に関する言葉を聞き,喜んですぐに受け入れる人です+ 21  けれども自分の内に根がなく,一時は続きますが,その言葉のために苦難や迫害が生じると,すぐに信仰を捨ててしまいます。 22  いばらの間にまかれたもの,これは王国に関する言葉を聞く人ですが,今の体制での心配事+や富の誘惑*によってその言葉がふさがれ,実らなく*なります+ 23  良い土にまかれたもの,これは王国に関する言葉を聞いて,意味を悟る人です。その人たちは本当に実を結び,ある人は100倍,ある人は60倍,ある人は30倍の実を生み出します+」。 24  イエスは別の例えを用いてこう言った。「天の王国は畑に良い種をまいた人のようです+ 25  人々が眠っている間に,敵がやって来て,小麦の間に雑草をまいて去りました。 26  茎が伸びて実を生み出すと,その時に雑草も現れました。 27  それで,奴隷たちが来て家の主人に言いました。『ご主人さま,畑にまいたのは良い種ではありませんでしたか。それなのに,どうして雑草が生えるのでしょうか』。 28  主人は言いました。『敵の仕業です+』。奴隷たちは言いました。『では,行ってそれを抜きましょうか』。 29  主人は言いました。『いいえ,雑草を抜く時に小麦も一緒に引き抜くといけません。 30  収穫まで両方とも一緒に成長させておきなさい。収穫の季節になったら,刈り取る者たちにこう言います。まず雑草を抜き,焼くために縛って束にし,それから小麦を倉に集めなさい,と+』」。 31  イエスは別の例えを用いてこう言った。「天の王国はからしの種のようです。人がそれを畑に植えました+ 32  それはあらゆる種の中で一番小さなものですが,成長すると,野菜のうちで一番大きく,木のようになるので,鳥が来て枝の間に巣を作ります」。 33  イエスは別の例えを話した。「天の王国はパン種のようです。女性がそれを取って麦粉3杯分と混ぜると,やがて全体が発酵しました+」。 34  イエスはこれら全てを例えで群衆に話した。実際,例えを使わずに話そうとはしなかった+ 35  預言者を通してこう語られたことが実現するためである。「私は口を開いて例えを語り,始めから隠されてきた事柄を言い広める+」。 36  それから,イエスは群衆を解散させた後,家に入った。弟子たちが来て,「畑の雑草の例えを説明してください」と言った。 37  それでイエスは言った。「良い種をまく人は人の子です。 38  畑は世界です+。良い種は王国の子たち,雑草は邪悪な者の子たち+ 39  雑草をまいた敵は悪魔です。収穫は体制の終結で,刈り取る者は天使たちです。 40  それで,体制の終結の時には,雑草が抜かれて火で焼かれるようなことが生じます+ 41  人の子は天使たちを遣わし,天使たちは,人に罪を犯させる*人たちと不法なことを行う人たちを王国から取り除き, 42  火の燃える炉に投げ込みます+。彼らはそこで泣き悲しんだり歯ぎしりしたりします。 43  その時,正しい人たちは父の王国で太陽のように明るく輝きます+。耳のある人は聞きなさい。 44  天の王国は野原に隠された宝のようです。ある人がそれを見つけて再び隠しました。そして,喜びのあまり,行って持ち物を全て売り,その野原を買います+ 45  また,天の王国は立派な真珠を探し求める旅商人のようです。 46  高価な真珠1つを見つけると,行って持ち物全てを即座に売り,その真珠を買いました+ 47  また,天の王国は,海に下ろされてあらゆる種類の魚を集める引き網のようです。 48  網がいっぱいになると,人々は浜辺に網を引き上げ,腰を下ろして,良いものを入れ物に集め+,良くないもの+を投げ捨てました。 49  体制の終結の時にもそのようになります+。天使たちは出ていって,正しい人の中から邪悪な人をより分け, 50  火の燃える炉に放り込みます。彼らはそこで泣き悲しんだり歯ぎしりしたりします。 51  これら全ての意味を悟りましたか」。弟子たちは,「はい」と言った。 52  イエスは言った。「では次のことを覚えておきなさい。天の王国について教えられた教師は皆,宝物庫から新しい物と古い物を取り出す家の主人のようです」。 53  イエスはこれらの例えを話し終えると,そこを去った。 54  そして郷里に入り+,会堂で教え始めた。そのため,人々は大変驚いて言った。「この人は,このような知恵と強力な行いをする力をどこで得たのか+ 55  この人は大工の息子ではないか+。母親はマリアといい,弟はヤコブ,ヨセフ,シモン,ユダではないか+ 56  妹たちも皆,私たちと一緒にいる。では,この全てをどこで得たのか+」。 57  こうして人々はイエスを信じようとしなかった+。しかしイエスは言った。「預言者は,郷里や自分の家以外であれば敬われます+」。 58  そして,人々の信仰がなかったので,そこで強力な行いをあまりしなかった。

脚注

直訳,「厚くされ(太らされ)」。
または,「耳で聞いても反応せず」。
または,「裕福という魅惑(見せ掛けの幸せ)」。
もしかすると,「その人は実らなく」。
直訳,「つまずきのもとになる」。

注釈

腰を下ろした: ユダヤ教の教師たちの習慣。(マタ 5:1,2

浜辺に: カペルナウム近くのガリラヤ湖の岸辺に,天然の円形劇場のような場所がある。この場所は音響効果が良く,イエスが舟から話すのを大勢の人が聞けただろう。

何と: ここで「何と」と訳されているギリシャ語イドゥーは,続く記述に読者の注意を引き,物語の情景を思い描いたり細部に注目したりしやすくするためによく使われる。強調する時,あるいは新しい情報やあり得ないような出来事を伝える時にも使われる。ギリシャ語聖書でこの語がよく出てくるのはマタイとルカの福音書,「啓示」の書。ヘブライ語聖書で,対応する表現がよく使われている。

例え: または,「例え話」。ギリシャ語パラボレーは字義的には,「そばに(一緒に)置く」という意味で,例え話,格言,例えなどの形を取る。イエスはある事柄を説明するのによく似た事柄になぞらえる,つまり「そばに置く」ことが度々あった。(マル 4:30)イエスの例えは短い話でたいていは創作的なものであり,そこから道徳上また宗教上の真理を引き出すことができた。

さて: ギリシャ語,イドゥー。マタ 2:9の注釈を参照。

岩地: あちこちに岩がある土地ではなく,土がほとんどない岩場や岩棚を指す。並行記述のルカ 8:6には,幾つかの種が「岩の上に」落ちたとある。そのような土地では,種が根を深く張れないので必要な水分を得られない。

いばらの間: イエスは,いばらの茂みではなく,耕す時に畑から取り切れなかったいばらのことを言っていると思われる。それが成長して,まかれたばかりの種はふさがれてしまう。

天の王国: この言葉に対応するギリシャ語はマタイの福音書だけに30回ほど出てくる。マルコとルカの福音書では,「神の王国」という類似の語句が使われている。「神の王国」が神のいる天に据えられ,そこから治めることを示している。(マタ 21:43。マル 1:15。ルカ 4:43。ダニ 2:44。テモ二 4:18

神聖な秘密: ギリシャ語ミュステーリオンは「新世界訳」で25回,「神聖な秘密」と訳されている。ここでは複数形が使われており,神が決めた時まで秘められている神の目的のさまざまな面を指す。その時が来たら十分に啓示されるが,それは神が理解を与えることにした人たちだけにである。(コロ 1:25,26)いったん啓示されると,神の神聖な秘密はできるだけ広く知らされる。そのことは,聖書で「神聖な秘密」に関連して,「伝えた」,「知らせて」,「伝える」,「啓示され」,「啓示」などの語が使われていることから明らか。(コ一 2:1。エフ 1:9; 3:3。コロ 1:25,26; 4:3)神の神聖な秘密の主要な部分は,イエス・キリストが約束の「子孫」つまりメシアであるという点を中心とする。(創 3:15。コロ 2:2)そして,この神聖な秘密には,神の目的の中でイエスに与えられた役割など多くの点も含まれる。(コロ 4:3)イエスがこの時に示した通り,「神聖な秘密」は天の王国もしくは「神の王国」,イエスが王として治める天の政府と関係がある。(マル 4:11。ルカ 8:10マタ 3:2の注釈を参照。)ギリシャ語聖書はミュステーリオンという語を古代の密儀宗教とは別の仕方で用いている。それらの宗教は,1世紀に盛んだった豊作神崇拝に基づいていることが多く,信奉者に不滅性を約束し,直接の啓示が受けられ,神秘的な儀式を通して神々に近づけると教えた。そうした秘密の教えは明らかに真理に基づいていない。密儀宗教に入信した人はその秘密を人に明かさないで謎のままにすることを誓ったが,それはキリスト教の神聖な秘密を広く知らせるのとは対照的だった。聖書でこの語が偽りの崇拝に関して使われている場合,新世界訳では,「ひそかな力」,「謎」と訳されている。そうした3箇所の出例については,テサ二 2:7,啓 17:5,7の注釈を参照。

はっきり言いますが: または,「真実に言いますが」。ここのギリシャ語に含まれているアメーンという語は,ヘブライ語のアーメーンを翻字したもので,「そうなりますように」もしくは「確かに」という意味。イエスは発言や約束や預言の前置きとして頻繁にこの表現を使って,絶対的な真実性と信頼性を強調した。イエスのこの語の用い方は,宗教的文書で他に例がないとされている。ヨハネの福音書全体に見られる通り,イエスはこの語を2度重ねて(アメーン,アメーン)自分の言葉の信頼性をさらに強調することもあった。ヨハ 1:51の注釈を参照。

はっきり言いますが: マタ 5:18の注釈を参照。

体制: ギリシャ語アイオーンは,基本的に「時代」という意味で,特定の期間,時期,または時代を特色づける情勢や特徴を指せる。ここでは,今の体制での生活に伴う心配事や問題と結び付けられている。用語集参照。

雑草: イネ科のドクムギ(Lolium temulentum)と一般に考えられている。この有毒植物は,成熟前の早い段階の小麦とよく似ている。

まいて: この敵意ある行為は古代近東では珍しくなかった。

奴隷たちは言いました: 「彼らは言いました」とする写本も幾つかあるが,現在の読みの方が他の写本による強力な裏付けがある。

小麦も一緒に引き抜く: この雑草の根と小麦の根は絡みやすかった。それで,見分けがつくとしても,雑草を引き抜くと小麦も駄目にしてしまう。

雑草: イネ科のドクムギ(Lolium temulentum)と一般に考えられている。この有毒植物は,成熟前の早い段階の小麦とよく似ている。

雑草を抜き: ドクムギ(マタ 13:25の注釈を参照)は成熟すると,小麦と容易に見分けがつく。

からしの種: イスラエルでは数種類のからしが自生している。広く栽培されているのはクロガラシ(Brassica nigra)。種はかなり小さく,直径1-1.6ミリで重さは1ミリグラムだが,木のようになる。からしの中には,高さ4.5メートルになる種類もある。

あらゆる種の中で一番小さなもの: からしの種は,ユダヤ人の古代文書の中で最も微小なものの比喩として使われた。現在,もっと小さな種も知られているが,イエスの時代にガリラヤで農業をする人が集めたりまいたりした種の中では一番小さかったと思われる。

パン種: または,「酵母」。聖書ではしばしば比喩的に使われていて,腐敗や罪を表す。ここでは腐敗した教えを指す。(マタ 16:12。コ一 5:6-8マタ 13:33の注釈と比較。

パン種: 発酵したパン生地の小さな塊。前回こねたものを取っておいて新しい生地を膨らませるために混ぜる。イエスは,パンの普通の作り方について述べている。パン種は聖書で罪や腐敗を表すために用いられることが多いが(マタ 16:6の注釈を参照),いつも良くない意味合いがあるわけではない。(レビ 7:11-15)ここで発酵過程は良いものが広がることを表していると思われる。

3杯分: ここで使われているギリシャ語サトンはヘブライ語のセアという単位に対応する。1セアは7.33リットル。(創 18:6)用語集の「セア」,付録B14参照。

預言者を通してエホバが……語ったことが実現するため: このような表現がマタイの福音書に何度も出てくる。約束のメシアとしてのイエスの役割をユダヤ人読者に強調するためと思われる。(マタ 2:15,23; 4:14; 8:17; 12:17; 13:35; 21:4; 26:56; 27:9

世が始まって: 「始まって」と訳されているギリシャ語は,ヘブ 11:11で「子孫」に関して使われ,「もうける」と訳されている。ここでは「世が始まって」という表現の中で使われ,アダムとエバがもうけた子供たちの誕生を指していると思われる。イエスはこの表現をアベルと関連付けた。アベルは恐らく,人類という世で買い戻される人として,「世が始まって」以来命の巻物に名前が書かれた最初の人間。(ルカ 11:50,51。啓 17:8

預言者を通して……語られたことが実現するため: ここは詩 78:2からの引用。詩編 78編の作者(ここでは「預言者」)は,描写的な例えを使って,神がイスラエル国民に行ってきた事柄を振り返っている。イエスも,比喩的な言い回しをたくさん使って多くの例えを語り,弟子や後に付いてくる群衆を教えた。マタ 1:22の注釈を参照。

始めから: もしかすると,「世が始まってから」。「世」に当たるギリシャ語を含むこの長い方の読みをする古代写本もある。(マタ 25:34の注釈と比較。)一方,「始めから」という短い方の言い回しをしている古代写本もある。

人の子: または,「人間の子」。原語で,この表現は福音書に約80回出ている。イエスは自分を指してこの表現を用いた。自分が女性から生まれた紛れもない人間であること,また人類を罪と死から救う力を持つ,アダムにちょうど対応する人間であることを強調したものと思われる。(ロマ 5:12,14,15)この同じ表現は,イエスがメシアすなわちキリストであることも明らかにした。(ダニ 7:13,14用語集参照。

人の子: マタ 8:20の注釈を参照。

世界: 人類という世界のこと。

体制: ギリシャ語アイオーンは,基本的に「時代」という意味で,特定の期間,時期,または時代を特色づける情勢や特徴を指せる。ここでは,今の体制での生活に伴う心配事や問題と結び付けられている。用語集参照。

体制: または,「時代」。ここでギリシャ語アイオーンは,特定の期間,時期,または時代を特色づける情勢や特徴を指す。用語集参照。

終結: ギリシャ語シュンテレイアの訳で,「共通の終わり」,「合同の終わり」,「一緒に終わること」という意味。(マタ 13:39,40,49; 28:20。ヘブ 9:26)これは,いろいろな物事が合わさって完全な「終わり」に至る時期を指し,その「終わり」に関してはマタ 24:6,14で別のギリシャ語テロスが使われている。マタ 24:6,14の注釈と用語集の「体制の終結」を参照。

体制: または,「時代」。マタ 13:22; 24:3の注釈と,用語集の「体制」,「体制の終結」を参照。

終結: 「終結」と訳されているギリシャ語シュンテレイアは,マタ 13:40,49; 24:3; 28:20,ヘブ 9:26にも出ている。マタ 24:3の注釈と用語集の「体制の終結」を参照。

不法なこと: 「不法なこと」と訳されているギリシャ語は,法を破ることや軽蔑すること,法が全く存在しないかのように振る舞う人という考えを含む。聖書中の用法では,神の律法を無視する態度を暗示する。(マタ 7:23。コ二 6:14。テサ二 2:3-7。ヨ一 3:4

不法なこと: マタ 24:12の注釈を参照。

歯ぎしりしたり: または,「歯がみしたり」,「歯を食い縛ったり」。これは,苦悩,絶望,怒りといった気持ちの表れとなり,時にきつい言葉や乱暴な行動が伴う。

歯ぎしりしたり: マタ 8:12の注釈を参照。

全て: 初期の1つの写本にはここにギリシャ語パンタ(あらゆる,全て)がないが,それを含む現在の読みの方が初期また後期の写本による強力な裏付けがある。

真珠: 聖書時代,立派な真珠が採れるのは紅海,ペルシャ湾,インド洋だった。それでイエスは,そのような真珠を努力して探し求めた旅商人について話したのだろう。

良くない: ひれとうろこがない魚を指すと思われる。それは,モーセの律法では汚れたもので,食べてはならなかった。あるいは単に,網で取ったものの食べられない魚を指すのかもしれない。(レビ 11:9-12。申 14:9,10

終結: 「終結」と訳されているギリシャ語シュンテレイアは,マタ 13:40,49; 24:3; 28:20,ヘブ 9:26にも出ている。マタ 24:3の注釈と用語集の「体制の終結」を参照。

体制: または,「時代」。マタ 13:22; 24:3の注釈と,用語集の「体制」,「体制の終結」を参照。

終結: ギリシャ語シュンテレイアの訳で,「共通の終わり」,「合同の終わり」,「一緒に終わること」という意味。(マタ 13:39,40,49; 28:20。ヘブ 9:26)これは,いろいろな物事が合わさって完全な「終わり」に至る時期を指し,その「終わり」に関してはマタ 24:6,14で別のギリシャ語テロスが使われている。マタ 24:6,14の注釈と用語集の「体制の終結」を参照。

体制: または,「時代」。ここでギリシャ語アイオーンは,特定の期間,時期,または時代を特色づける情勢や特徴を指す。用語集参照。

体制の終結: マタ 13:39; 24:3の注釈と,用語集の「体制」,「体制の終結」を参照。

教師: または,「学んだ人」。ギリシャ語グランマテウスは,律法に通じたユダヤ教の教師の集団について述べる時には「律法学者」と訳されているが,ここでは人を教える訓練を受けた,イエスの弟子に関して使われている。

郷里: 直訳,「父の場所」。イエスの育った町ナザレのこと。イエスの家族はその地方の人だった。

大工の息子: 大工と訳されているギリシャ語テクトーンは,どんな職人や建築者も指せる一般的な語。木工関係の職人を指す場合,建築,家具製作,他の木材加工をする人などを表した。2世紀の殉教者ユスティヌスは,イエスが「人間の中にいた時,大工」として働き,「すきやくびきを作った」と書いている。聖書の古代語訳も,木工関係の職人という考えを支持している。イエスは「大工の息子」としても「大工」としても知られていた。(マル 6:3)イエスは養父ヨセフから大工仕事を学んだと思われる。そのような見習いは通常,男の子が12歳から15歳の頃に始まり,何年も続いた。

弟: または,「兄弟」。ここのギリシャ語アデルフォスは聖書で信者同士の関係を指す場合もあるが,ここではイエスの異父弟である,ヨセフとマリアの息子たちに関して使われている。マリアがイエスの誕生後も処女だったと信じている人の中には,ここのアデルフォスはいとこのことだと主張する人がいる。しかし,ギリシャ語聖書は「いとこ」については別の語(コロ 4:10でギリシャ語アネプシオス)を使い,「おい」についてはまた別の言い方をしている。(使徒 23:16)さらにルカ 21:16で,ギリシャ語アデルフォスとシュンゲネースの複数形(「兄弟,親族」と訳されている)が並列されている。こうした例から分かるように,ギリシャ語聖書で家族関係を指す語は見境なく適当に使われているのではない。

ヤコブ: イエスの異父弟。使徒 12:17ガラ 1:19で言及されていて聖書の「ヤコブの手紙」を書いた人と思われる。(ヤコ 1:1

ユダ: イエスの異父弟。聖書の「ユダの手紙」を書いた人と思われる。(ユダ 1

あなたに罪を犯させている: 直訳,「あなたをつまずかせる」。または,「信仰の妨げとなっている」。ギリシャ語聖書で,ギリシャ語スカンダリゾーは比喩的な意味で使われていて,罪に陥ることや人を罪に陥らせることが含まれる。この文脈では,「わなとなる」とも訳せる。この語が聖書で使われるとき,その罪とは,道徳に関する神の律法を破ること,信仰を失うこと,偽りの教えを受け入れることを意味すると思われる。このギリシャ語は「腹を立てる」という意味でも使われる。マタ 13:57; 18:7の注釈を参照。

人々はイエスを信じようとしなかった: 直訳,「人々はイエスにつまずいた」。この文脈で,ギリシャ語スカンダリゾーは比喩的な意味で使われていて,「腹を立てる」ことを意味しているが,本文のように訳すこともできる。別の文脈で,このギリシャ語には,罪に陥ることや人を罪に陥らせるという考えが含まれる。マタ 5:29の注釈を参照。

そこで強力な行いができなかった: イエスはあまり奇跡ができなかったが,それは力が足りなかったからではなく,行える状況ではなかったから。ナザレの人々は信仰が欠けていたので,イエスはそこで強力な行いをあまり行わなかった。(マタ 13:58)神の力は,懐疑的で受け入れようとしない人のために浪費されるべきではなかった。(マタ 10:14,ルカ 16:29-31と比較。)

そこで強力な行いをあまりしなかった: イエスはナザレであまり奇跡を行わなかった。力が足りなかったからではなく,行える状況ではなかったから。ナザレの人々は信仰が欠けていた。(マル 6:5の注釈を参照。)神の力は,懐疑的で受け入れようとしない人のために浪費されるべきではなかった。(マタ 10:14,ルカ 16:29-31と比較。)

メディア

カペルナウム近くのガリラヤ湖
カペルナウム近くのガリラヤ湖

ガリラヤ湖の水位と地形はイエスの時代から長年の間に変化している。とはいえ,イエスが舟から群衆に話したのはこの辺りだったと思われる。イエスの声は水面で反響して増幅されただろう。

種まき
種まき

聖書時代,いろいろな種まきの方法があった。種をまく人は,種の入った袋を肩から下げて腰に固定したかもしれない。あるいは,着衣の一部を種を入れる袋のようにしたようだ。手を大きく水平に振り出して種をまいたと思われる。畑を区切るあぜ道は人が歩いて固くなっていたので,種が畑の良い土に落ちるように注意する必要があった。鳥に食べられないようにできるだけ早く種に土をかぶせた。

マサダの古代の倉の遺跡
マサダの古代の倉の遺跡

倉や倉庫はイスラエル中に見られ,脱穀した穀物の貯蔵に使われた。油やぶどう酒,さらには貴金属や宝石を保管するためのものもあったかもしれない。

刈り取る人
刈り取る人

聖書時代,収穫する人は穀物の茎を地面からただ引き抜くこともあったが,普通は茎を鎌で刈って収穫した。(申 16:9。マル 4:29)収穫はたいてい共同作業で,刈り取る人たちがグループになって畑から穀物を集めた。(ルツ 2:3。王二 4:18)ソロモン王,預言者ホセア,使徒パウロなどの聖書筆者たちが,刈り取るという比喩で重要な真理を示している。(格 22:8。ホセ 8:7。ガラ 6:7-9)イエスもこの見慣れた作業を例えにして,天使たちや弟子たちが人々を弟子とする活動で果たす役割を示した。(マタ 13:24-30,39。ヨハ 4:35-38

からしの種
からしの種

ガリラヤで農業をする人が集めたりまいたりしたさまざまな種の中で,からしの種は一番小さかったと思われる。からしの種はユダヤ人の古代文書の中で最も微小なものの比喩として使われた。

引き網をたぐり寄せる漁師たち
引き網をたぐり寄せる漁師たち

イエスの時代の引き網は亜麻の繊維で作られたと思われる。幾つかの資料によれば,引き網は長いもので300メートルあり,底の方には重りが,上の方には浮きが取り付けられていたようだ。漁師は舟を使って引き網を水に下ろしていった。網の両端に付けた長い綱を岸に持ってくることもあったようだ。幾人かがそれぞれの綱を引っ張って網を岸に引き上げた。網の中に入るもの全てが集められた。