ホセア​書 8:1-14

8  「角笛を口に当てよ+エホバの家にワシのように向かってくる敵がいる+彼らが私の契約を破り+,私の律法に違反したからだ+   彼らは私に,『私の神よ,私たちイスラエルはあなたを知っています!』と叫ぶ+   イスラエルは善いことを退けた+敵に追跡されるがいい。   彼らは王を任命したが,それは私によるものではなかった。高官を任命したが,私の承認を得てはいなかった。銀や金で偶像を作り+,身の破滅を招いた+   サマリアよ,あなたの子牛は退けられた+彼らに対して私の怒りが燃え上がった+彼らはいつまで純潔に*なれないのか。   それはイスラエルから出た。職人が作ったもので,神ではない。サマリアの子牛は粉々に砕かれる。   彼らがまいているのは風。刈り取るのは暴風+穂を付ける麦は一つもなく+,麦粉はできない。たとえできたとしても,外国人*が食い尽くす+   イスラエルは食い尽くされる+彼らは国々の中で+,好ましくない器のようになる。   孤立した野ロバのようにアッシリアに行ったからだ+エフライムは愛人を雇った+ 10  彼らが国々で愛人を雇っても,私はかき集める。彼らは,王や高官から課せられた重荷のせいで苦しみだす+ 11  エフライムは祭壇を増やして罪を犯した+それらは罪を犯すための祭壇になった+ 12  私は,私の律法*の多くのことを書いて与えた。しかしそれらは関係のないものと見なされた+ 13  彼らは私に犠牲の供え物をし,その肉を食べるが,私エホバはそれを喜ばない+神は彼らの過ちを覚えていて,罪の罰を与える+彼らはエジプトのもとに戻った*+ 14  イスラエルは自分を造った神を忘れ+,幾つもの神殿を建てた+ユダも防備された町を増やした+私はその町々に火を放ち,火は各町の塔を焼き尽くす+」。

脚注

または,「清く」。
または,「よそ者」。
または,「指示」。
もしかすると,「戻る」。

注釈

メディア