ホセア​書 6:1-11

6  「さあ,エホバのもとに戻ろう。神は私たちを引き裂いたが+,癒やしてくださる。私たちを打ったが,傷を包んでくださる。   神は2日後に私たちを生き返らせ,3日目に起き上がらせてくださり,私たちは神の前で生きる。   私たちはエホバを知る。知ろうと真剣に努力する。朝日のように,神は必ず出てこられる。降り注ぐ雨のように,大地を潤す春の雨のように,私たちの所に来られる」。   「エフライムよ,私はあなたをどうしたらよいのか。ユダよ,あなたをどうしたらよいのか。あなたたちが抱いていると言う揺るぎない愛は,朝の雲やすぐに消える露のようだ。   だから私は預言者たちによってあなたを切り倒す+私の口の言葉であなたを殺す+あなたへの判決は光のように放たれる+   私が喜ぶのは犠牲ではなく,揺るぎない愛*である。全焼の捧げ物ではなく,神を知ることである+   しかし彼らは,ただの人のように契約を破った+私をそこで裏切った。   ギレアデは悪を行う者たちの町+血の足跡で覆われている+   祭司の一団は待ち伏せする略奪隊のようだ。シェケム+の路上で人を殺す。彼らは恥ずべきことを行う。 10  私はイスラエルでおぞましいことを見た。エフライムはそこで売春をする+イスラエルは自分を汚した+ 11  そして,ユダよ,あなたのために収穫の時が定められている。その時,私は,私の民の捕らわれている人たちを集めて戻す+」。

脚注

または,「憐れみ」。

注釈

メディア