ホセア​書 2:1-23

2  きょうだいたちに,『わたしたみ*』と+まいたちに,『あわれみをしめされるじょせい*』と+   ははおやうったえよ。うったえよ。かのじょわたしつまではなく+わたしかのじょおっとではない。かのじょばいしゅん*をやめるべきだ。ぶさあいだからかんいんのぞくべきだ。   さもないと,わたしかのじょはだかにして,まれたのようにする。かのじょこうのようにし,みずのないのようにし,のどかわきでなせる。   わたしかのじょたちにあわれみをしめさない。ばいしゅんによるだからだ。   そのたちのははおやばいしゅんをした+そのたちをごもったのは,ずべきことをしたじょせい+あいじんたちにいていこう+わたしには,パンとみずようもうあぶらものをくれるあいじんたちがいる』と,かのじょった。   だから,わたしかのじょみちをいばらのかきさえぎる。いしへいてて,かのじょみちつけられないようにする。   かのじょあいじんたちをけるが,けない+かれらをさがすが,つけられない。かのじょは,『おっとところかえろう+あのころほういまよりもよかった』と+   かのじょみとめなかった。こくもつあたらしいぶどうしゅあぶらあたえたのも+ぎんきんをたくさんあたえたのもわたしであることを。かのじょはそれらをバアルのために使つかった+   『だからわたしたいおうえ,しゅうかくときこくもつを,れのときあたらしいぶどうしゅ+はだかおおようもうかのじょからうばる。 10  いまわたしかのじょきょくあいじんたちにさらす。かのじょわたしからたすものはいない+ 11  わたしかのじょからあらゆるよろこびをうばい,まつ+しんげつあんそくしゅくさいすべてをわらせる。 12  わたしかのじょのブドウとイチジクのらす。かのじょが「ほうしゅうとしてもらったもの,あいじんたちがくれたもの」とったである。わたしはそれらをただのはやしにして,せいどうぶつらさせる。 13  わたしは,かのじょがバアルのぞうせいささげたについてせきにん+そのかのじょゆびそうしょくひんかざって,あいじんたちをけ,わたしのことをわすれた+』と,エホバはせんげんする。 14  『わたしかのじょこうかせるが,かのじょせっとくする。かのじょこころかたける。 15  それわたしかのじょにブドウえんかえ+アコルのたに*+ぼうもんとしてあたえる。かのじょはそこで,わかかったときおなじように,エジプトからてきたおなじようにこたえる+ 16  その,あなたはわたしおっとぶ。もうしゅじん*とはばない』と,エホバはせんげんする。 17  『わたしかのじょがバアルのぞうまえくちにすることがないようにする+そのまえおもされなくなる+ 18  そのわたしたみのために,せいどうぶつ+とりめんうごものけいやくむす+このからゆみつるぎたたかいをなくし+かれらがあんしんしてよこになれる*ようにする+ 19  わたしはあなたにえいえんけっこんやくそくをする。ただしさとこうせいるぎないあいあわれみによってあなたにやくそくする+ 20  わたしせいじつにあなたにやくそくする。あなたはかならずエホバを+』。 21  エホバはせんげんする。『そのわたしこたえる。わたしてんこたえ,てんこたえる+ 22  こくもつあたらしいぶどうしゅあぶらこたえ,それらのものはエズレル*+こたえる。 23  わたしわたしたみ*たねのようにじょうにまく+あわれみをしめされていなかったひとたち*あわれみをしめし,わたしたみではなかったひとたち*に,「あなたはわたしたみである」と+かれらは,「あなたはわたしかみです」と+』」。

脚注

ホセ 1:6の脚注参照。
ホセ 1:9の脚注参照。
または,「不道徳な行い」,「ふしだらな関係」。
または,「谷あいの平原」。
または,「バアル」。
または,「暮らせる」。
意味,「神は種をまく」。
直訳,「彼女」。
ホセ 1:6の脚注参照。
ホセ 1:9の脚注参照。

注釈

メディア