ホセア​書 11:1-12

11  「私は,少年だった時のイスラエルを愛していた+わが子をエジプトから呼び出した+   彼らは呼ばれれば呼ばれる*ほど,離れていった+バアルの像に犠牲を捧げ+彫像に犠牲を捧げ続けた+   私はエフライムに歩き方を教え+,腕の中に抱いた+だが,彼らは私に癒やされたことに気付きもしなかった。   親切の*縄で,愛の綱で,私は彼らを導き続けた+彼らの首*からくびき*を外してやり,それぞれに優しく食べ物を与えた。   彼らはエジプトに戻らず,アッシリアが彼らの王となる+彼らが私のもとに戻ることを拒んだからだ+   彼らが悪事を企てたので,剣が町々に向かって振り回され+かんぬきが破壊され,彼らは食い尽くされる+   私の民は私に対してひたすら不忠実だ+*の方に呼ばれても,誰一人立ち上がらない。   エフライムよ,どうしてあなたを見放せるだろうか+イスラエルよ,どうしてあなたを引き渡せるだろうか。どうしてあなたをアドマのように扱えるだろうか。どうしてあなたをツェボイイムのようにできるだろうか+私の心は変わり,同情に駆られた+   私は燃える怒りをぶつけはしない。エフライムを再び滅ぼすことはしない+私は神であって人間ではない。あなたたちのただ中にいる聖なる者である。激怒してあなたたちに向かっていくことはない。 10  彼らはエホバに従って歩む。神はライオンのようにほえる+ほえる時,西から子供たちが震えながらやって来る+ 11  彼らは小鳥のように震えながらエジプトから出てくる。ハトのように震えながらアッシリアから出てくる+私は彼らを家に住まわせる」と,エホバは宣言する+ 12  「エフライムはうそで私を囲み,欺きでイスラエルを囲んだ+だがユダはまだ神と共に歩き回り,最も聖なる者に忠実である+」。

脚注

イスラエルを教えるよう遣わされた預言者などから呼ばれる,ということ。
直訳,「人間の」。親が子供に歩き方を教える時に使うような,という意味だと思われる。
直訳,「顎」。
用語集参照。
真の崇拝のこと。

注釈

メディア