ホセア​書 11:1-12

11  「わたしは,しょうねんだったときのイスラエルをあいしていた+わがをエジプトからした+   かれらはばれればばれる*ほど,はなれていった+バアルのぞうせいささ+ちょうぞうせいささつづけた+   わたしはエフライムにあるかたおし+うでなかいた+だが,かれらはわたしやされたことにきもしなかった。   しんせつ*なわで,あいつなで,わたしかれらをみちびつづけた+かれらのくび*からくびき*はずしてやり,それぞれにやさしくものあたえた。   かれらはエジプトにもどらず,アッシリアがかれらのおうとなる+かれらがわたしのもとにもどることをこばんだからだ+   かれらがあくくわだてたので,つるぎまちまちかってまわされ+かんぬきがかいされ,かれらはくされる+   わたしたみわたしたいしてひたすらちゅうじつ+うえ*ほうばれても,だれ一人ひとりがらない。   エフライムよ,どうしてあなたをはなせるだろうか+イスラエルよ,どうしてあなたをわたせるだろうか。どうしてあなたをアドマのようにあつかえるだろうか。どうしてあなたをツェボイイムのようにできるだろうか+わたしこころわり,どうじょうられた+   わたしえるいかりをぶつけはしない。エフライムをふたたほろぼすことはしない+わたしかみであってにんげんではない。あなたたちのただなかにいるせいなるものである。げきしてあなたたちにかっていくことはない。 10  かれらはエホバにしたがってあゆむ。かみはライオンのようにほえる+ほえるとき西にしからどもたちがふるえながらやって+ 11  かれらはとりのようにふるえながらエジプトからてくる。ハトのようにふるえながらアッシリアからてくる+わたしかれらをいえまわせる」と,エホバはせんげんする+ 12  「エフライムはうそでわたしかこみ,あざむきでイスラエルをかこんだ+だがユダはまだかみともあるまわり,もっとせいなるものちゅうじつである+」。

脚注

イスラエルを教えるよう遣わされた預言者などから呼ばれる,ということ。
直訳,「人間の」。親が子供に歩き方を教える時に使うような,という意味だと思われる。
直訳,「顎」。
用語集参照。
真の崇拝のこと。

注釈

メディア