ハバクク​書 3:1-19

3  預言者ハバククの祈り。哀歌の形で。   エホバ,私はあなたについて聞きました。エホバ,私はあなたが行われたことに敬服します。定めの時*にそれをもう一度行ってください。定めの時*にそれを広く知らせてください。混乱を生じさせる時,忘れずに憐れみを示してくださいますように+   神がテマンから来られた。聖なる方がパラン山から+。(セラ*神の威光が天を覆い+地は賛美で満たされた。   神の輝きは日の光のよう+手からは2つの光が出た。その手に強さが隠されていた。   神の前を疫病が行き+足元には熱病が続いた。   神は立ち止まり,地面を揺り動かした+目をやり,国々を跳び上がらせた+永遠の山は打ち砕かれ,古来の丘もひれ伏した+これが遠い昔の神の歩みである。   私はクシャンの天幕での苦境を見た。ミディアンの土地の天幕の布は震えた+   エホバ,川に対してなのですか。あなたは川に対して怒りを燃やしているのですか。それとも,海に対して激怒しているのですか+あなたは馬に乗られたからです+あなたの兵車は勝利*をもたらしました+   あなたの弓は覆いを外され,射る用意ができています。誓いによって武器*が整えられています*。(セラ)あなたは川で大地を裂かれました。 10  山々はあなたを見て,もだえ苦しみました+大雨の水が流れ広がりました。深い所が大声を上げ+,手を高く上げました。 11  太陽と月は高い住まいにとどまりました+あなたの矢が光のように飛びました+あなたのやりの稲妻が輝きました。 12  あなたは憤りながら地上を歩いていきました。怒りを抱いて国々を踏みつぶしました* 13  あなたはご自分の民を救うために,あなたが選んだ*者を救うために出ていきました。悪人の家の指導者を打ち倒しました。その土台から屋根までがあらわにされました。(セラ) 14  あなたは戦士たちの頭を戦士たち自身の武器で刺し通しました。彼らが私を散らそうとして嵐のように出てきた時に。彼らは苦しむ人たちを隠れて襲うことを非常に喜びました。 15  あなたは馬で海を,うねる広大な水を踏み進みました。 16  私は聞き,体の芯が震えました。その知らせ*に,唇が震えました。私の骨は腐り+足は揺れました。しかし,私は苦難の日を静かに待ちます+それは,私たちを攻める民に訪れる日だからです。 17  イチジクの木に花が付かず,ブドウの木に実がならなくても,オリーブが不作に終わり,*が食物を生み出さなくても,囲いから羊が消え,小屋から牛がいなくなっても, 18  私はエホバのことで歓喜します。私の救いの神のことで喜びにあふれます+ 19  主権者である主エホバは私の力+私の足を鹿の足のようにし,高い場所を歩かせてくださいます+

脚注

もしかすると,「私たちの時代」。直訳,「年月の間」。
もしかすると,「私たちの時代」。直訳,「年月の間」。
用語集参照。
または,「救い」。
もしかすると,「矢」。
もしかすると,「諸部族の誓いが述べられます」。
直訳,「脱穀しました」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「音」。
または,「段丘」。

注釈

メディア