ハバクク​書 2:1-20

2  わたしじょにずっと+るいうえつづける。かみわたしとおしてなんはなされるか,わたしあたえられるいましめにどうこたえるとよいかを,わたしつねまもっている。   するとエホバはわたしこたえた。「このまぼろしについてき,いたにはっきりしる+ろうどくするひとみやすい*ようにせよ+   このまぼろしさだめられたときのためのもので,わり*かっていそいでおり,いつわりではない。たとえおくれるとしても*つづけよ*+かならずそのとおりになるからである。おそくなることはない!   ほこらしげなものよ。そのものこころなかしょうじきでない。いっぽうただしいひとはしっかりしたしんこう*によってきる+   ぶどうしゅひとおろかなことをさせる。だからそのこうまんおとこもくひょうたっせいしない。よくぼうはか*のようにおおきくする。そのもののようであり,まんぞくすることがない。あらゆるくにあつつづけ,あらゆるたみあつめる+   それらのひとたちみなが,そのものにあざけりのことにくふうわないだろうか+こうう。ぶんのものではないものやし(こんなことがいつまでつづくのか),さいおおきくしているものにはわざわいがある!   あなたのさいけんしゃたちはとつじょがる。め,あなたをはげしくさぶり,あなたからりゃくだつする+   あなたはおおくのくにからりゃくだつしたので,くにぐにのこっているひとたちみながあなたからりゃくだつする+あなたがひとながしたから,まちまちやそこにひとたちにぼうりょくるったからだ+   ぶんぞく*のためにとうえきて,ぶんたかところつくり,わざわいのからのがれようとするものにはわざわいがある! 10  あなたはぶんぞく*にとってはじとなることをけいかくした。おおくのくにぐにほろぼすことにより,あなたはぶんたいしてつみおか+ 11  じょうへきからいしさけび,からざいもくこたえる。 12  りゅうけつによってて,せいによってまちきずものにはわざわいがある! 13  ひとびとがひたすらはたらいてもねんりょうをくべることになるだけで,くにぐにつかてるのは,たいぐんひきいるエホバによることではないか+ 14  みずうみおおっているように,エホバのえいこうについてのしきじょうちるのである+ 15  ともものあたえて,それにげきいかりをし,わせてはだかようとするものにはわざわいがある! 16  あなたはえいこうではなくめいたされる。あなたもめ。そしてかつれい*けていないところをさらせ*エホバのみぎさかずきがあなたのもとにまわってくる+じょくがあなたのえいこうおおう。 17  あなたがレバノンにくわえたぼうりょくがあなたをおおい,じゅうおそれさせたかいがあなたをおそう。あなたがひとながしたから,まちまちやそこにひとたちにぼうりょくるったからだ+ 18  ちょうこくったちょうこくぞうなんやくつだろうか。きんぞくぞう*,うそをおしえるきょうなんやくつだろうか。たとえつくったものたよるとしても,それらはくちけないかみがみ+ 19  かって「ませ」とったり,くちけないいしかって「きろ,おしえてくれ」とったりするものにはわざわいがある!それはきんぎんをかぶせたもので+なかにはまったいきがない+ 20  しかし,エホバはせいなるしん殿でんにいる+じょうぜんたいはそのまえだまっていよ+!』」

脚注

または,「すらすらと読める」。
または,「実現」。
または,「遅れているように思えても」。
または,「心から待ち望め」。
もしかすると,「信じていること」,「忠実さ」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
または,「国」。
または,「国」。
用語集参照。
もしかすると,「そしてよろめけ」。
または,「鋳造された像」。

注釈

メディア