ハガイ​書 2:1-23

2  第7の月の21日に,エホバは預言者ハガイ+に言った。  「シャルテルの子であるユダの総督+ゼルバベル+と,エホツァダク+の子である大祭司ヨシュア+と,ほかの民に問い掛けなさい。  『栄光があった頃のこの家*を見たことがある人はいるか+。その家は,今はどう見えるか。かつてと比べると,ないに等しいのではないか+』。  『ゼルバベル,今,勇気を出しなさい。エホツァダクの子である大祭司ヨシュア,勇気を出しなさい』とエホバは言う。 『民全ても勇気を出し+,働きなさい』とエホバは言う。 大軍を率いるエホバは宣言する。『私はあなたたちと共にいる+  あなたたちがエジプトから出た時に私が約束した事を思い出しなさい+。私の力は今もあなたたちのただ中にある*+。恐れてはならない+』。  大軍を率いるエホバはこう言う。『間もなく,私は天と地と海と陸をもう一度揺り動かす+』。  『また,私はあらゆる国を揺り動かす。あらゆる国の貴重な*ものが入ってくる+。私はこの家を栄光で満たす+』と,大軍を率いるエホバは言う。  『銀は私のもの,金も私のものである』と,大軍を率いるエホバは宣言する。  『この家の将来の栄光は,かつてのものより大きくなる+』と,大軍を率いるエホバは言う。 『そして私はこの場所に平和を与える+』と,大軍を率いるエホバは宣言する」。 10  ダリウスの治世の第2年,第9の月の24日に,エホバは預言者ハガイ+に言った。 11  「大軍を率いるエホバはこう言う。『律法について祭司たちにこう尋ねなさい+ 12  「服のひだに聖なる肉を入れて運んでいて,その服がパンや煮込み料理やぶどう酒や油やそのほかの食べ物に触れたら,その食べ物は聖なるものになるか」』」。 祭司たちは,「なりません」と答えた。 13  ハガイは尋ねた。「死体*に触ったために汚れている人が,それらの食べ物に触れたら,それは汚れたものになりますか+」。 祭司たちは,「汚れたものになります」と答えた。 14  ハガイは言った。「『この民はそのようだ。この国民は私の前でまさにそのようだ。彼らが作った物*は全てそのようである。差し出す物はどれも汚れている』とエホバは宣言しています。 15  『しかし,今日からはよく考えなさい。エホバの神殿で石の上に石が置かれる前は+ 16  どうだったか。20杯分あると思って穀物の山に来てみると,10杯分しかなかった。ブドウ搾り場から50杯分をくもうとして来てみると,20杯分しかなかった+ 17  私はあなたたちを,あなたたちが作った物全てを,立ち枯れと病害+とひょうで打った。それでも,誰も私のもとに戻ろうとしなかった』とエホバは宣言しています。 18  『今日からはよく考えなさい。今日,第9の月の24日,エホバの神殿の土台が据えられた日+からは,よく考えなさい。 19  倉庫*にはいまだ種がない+。ブドウの木,イチジクの木,ザクロの木,オリーブの木はいまだ実を付けていない。しかし今日から,私は祝福を与える+』」。 20  同じ日,エホバは再びハガイに言った+ 21  「ユダの総督ゼルバベルにこう言いなさい。『私は天と地を揺り動かす+ 22  私は全ての王国の王座を転覆させ,全ての国民の勢力を全滅させる+。私は兵車と乗り手を打ち倒す。馬は倒れ,乗り手は剣で討ち合うことになる+』。 23  『その日に』と大軍を率いるエホバは宣言する。『私はあなたを用いる。私に仕えるシャルテル+の子ゼルバベル+よ』とエホバは宣言する。『私はあなたを印章付きの指輪のようにする。あなたは私が選んだ人だからだ』と大軍を率いるエホバは宣言する」。

脚注

または,「神殿」。
もしかすると,「私の力があなたたちのただ中にあった時のことである」。
または,「好ましい」。
ヘブライ語,ネフェシュ。用語集参照。
または,「彼らが自分の手で行うこと」。
または,「穀物の穴蔵」。

注釈

メディア