ネヘミヤ​記 6:1-19

6  まだ扉を門に取り付けていなかったものの,私が城壁を建て直して+切れ目がなくなったということが+,サンバラテ,トビヤ+,アラビア人+ゲシェム,その他の敵対者たちに伝わると,  サンバラテとゲシェムはすぐに,「オノ+の谷あいの平原の村で会おう」という知らせを送ってきた。彼らは私に危害を加えようとたくらんでいたのである。  私は使者たちを送ってこう伝えさせた。「大きな仕事をしているので,行けません。あなた方の所に行くと,仕事が止まってしまいます」。  彼らは4回も同じことを言ってきたので,私はその都度同じ返事をした。  サンバラテは従者を遣わして5回目にも同じことを伝えてきた。従者は封をしていない手紙を持っていた。  こう書かれていた。「国々の間であなたのことがうわさになり,ゲシェム+も言っている。それによれば,あなたとユダヤ人たちは反逆をもくろんでいるとのこと+。だからあなたは城壁を建て直していて,彼らの王になろうとしているという話だ。  あなたが預言者たちを任命して『ユダに王がいる!』と言わせ,エルサレム中に自分のことを言い広めているというのだ。このことはいずれ王の耳に入る。だから会って話し合おう」。  私はこう返事を送った。「あなたが言っているのは本当のことではありません。あなたが勝手に考えたことです」。  彼らは私たちをおじけづかせようとしていた。「やつらは気力を失い*,工事を完了できないだろう」と思っていたのである+。神よ,私*を強くしてください+ 10  それから私は,メヘタブエルの子デラヤの子シェマヤの家に行った。シェマヤは閉じこもっていて,こう言った。「真の神の家で,神殿の中で会い,神殿の扉を閉じておきましょう。彼らがあなたを殺しに来るからです。夜にあなたを殺しに来ます」。 11  しかし私は,「私のような立場にいる人が逃げてよいでしょうか。私のような人が神殿に入って生きていられるでしょうか+。私は入りません!」と言った。 12  シェマヤを遣わしたのは神ではなく,トビヤとサンバラテ+がシェマヤを雇ってその預言を語らせたことに私は気付いた。 13  私をおびえさせて罪を犯させるために,シェマヤは雇われたのだった。私を批判して評判を落とすための根拠を作ろうとしたのである。 14  私の神よ,トビヤ+とサンバラテがしたことと,私をしきりにおびえさせようとする女預言者ノアドヤなどの預言者のことをどうか覚えていてください。 15  城壁はエルル*の25日に完成した。52日で建てられた。 16  敵たちは皆そのことを聞き,周囲の国々はそれを見た。そして屈辱を味わい+,工事が完了したのは神の助けがあったからだと認めた。 17  その頃,ユダの高貴な人たち+はトビヤに頻繁に手紙を送っていて,トビヤも返信していた。 18  ユダの多くの人がトビヤへの支持を誓っていた。トビヤはアラハ+の子シェカヌヤの婿だった。トビヤの子エホハナンはベレクヤの子メシュラム+の娘と結婚していた。 19  ユダの多くの人は私の前でトビヤのことをしきりに褒め,私が言ったことをトビヤに伝えるのだった。トビヤは私に脅しの手紙をたびたび送ってきた+

脚注

直訳,「の手は垂れ」。
直訳,「私の手」。
付録B15参照。

注釈

メディア