ネヘミヤ​記 2:1-20

2  アルタクセルクセス王+の治世の第20年+,ニサン*の月のこと,王の前にぶどう酒が置かれてあり,私はいつものようにぶどう酒を取って王に差し上げた+。それまで私は王の前で沈んだ顔をしたことは一度もなかった。  それで王は私に,「どうして沈んだ顔をしているのか。病気ではないだろう。気持ちが沈んでいるのではないか」と言った。私はとても恐れた。  私は王に言った。「王が栄えますように! 私の父祖たちが葬られている都市が荒れ果て,門も焼け落ちてしまっているので+,どうしても沈んだ顔になってしまうのです」。  すると王は言った。「どうしたいと思っているのか」。私はすぐさま天の神に祈った+  それから王に言った。「もし私が王の好意を得ており,王が良いと思われるのでしたら,私をユダに,父祖たちが葬られている都市に行かせ,そこを再建させてください+」。  王は言った。(そばには王妃が座っていた。)「どれくらいの旅になるのか。いつ戻ってくるのか」。王が許可してくれたので+,私は予定を伝えた+  私は王に言った。「もし王が良いと思われるのでしたら,ユダまでの道を安全に通行させてもらうため,川向こうの地域*+総督たちに宛てた手紙を頂けないでしょうか。  また,『家*の要塞+』の門,都市の城壁+,私が行く家に使う材木を入手できるよう,『王の公園』の*管理人アサフへの手紙もお願いいたします」。すると王は手紙をくれた+。神が私を助けてくださったのである+  王は私に軍隊長たちや騎手たちも付けてくれた。私は川向こうの地域の総督たちの所に着き,王の手紙を渡した。 10  ベト・ホロンの人*サンバラテ+とアンモン人+の役人トビヤ+はそのことを聞いた。彼らは,イスラエルの民のために力を尽くそうとする人が来たことを非常に不快に思った。 11  ついに私はエルサレムに着き,3日が経過した。 12  私は,一緒にいた数名と共に夜中に起きた。私は,エルサレムのために行うよう神が私の心に入れてくださった事を誰にも話さなかった。私のもとには,乗っていた家畜以外,ほかに家畜はいなかった。 13  私は夜中に「谷の門+」を通って出ていき,「大蛇の泉」の前を抜けて,「灰の山の門+」の所に行った。破壊されたエルサレムの城壁と焼け落ちた門+を調べた。 14  そして「泉の門+」,また「王の池」へと進んでいったが,私が乗っていた家畜はそこを通り抜けられなかった。 15  それでも,私はその夜,谷*+上って城壁を調べ続けた。それから戻って,「谷の門」を通って入り,帰ってきた。 16  代官たち+は,私がどこに行って何をしていたか知らなかった。私は,ユダヤ人にも祭司にも高貴な人にも代官にも,そのほかの関係者にも,何も言っていなかったのである。 17  ついに私は彼らに言った。「皆さんは,私たちがどれほどひどい状況にあるか,エルサレムが荒れ果てて門が火で焼かれたままになっている様子をご存じだと思います。さあ,エルサレムの城壁を建て直しましょう。これまでの屈辱を晴らすのです」。 18  それから私は,神がどのように助けてくださったか+,また王から何と言われたか+を話した。すると彼らは,「ぜひ建てましょう」と言った。そうして彼らは再建に向けて士気を高め合った*+ 19  ベト・ホロンの人*サンバラテ,アンモン人+の役人トビヤ+,アラビア人ゲシェム+はこのことを聞くと,私たちをあざけり+,見下して,「おまえたちは何をやっているんだ。王に逆らおうとしているのか」と言いだした+ 20  私はこう答えた。「天の神が成功させてくださいます+。その神に仕える私たちは建設に取り掛かります。あなた方には,エルサレムに何の関係も,権利も,功績*もありません+」。

脚注

付録B15参照。
または,「ユーフラテス川の向こう側」。
または,「神殿」。
または,「王の森林の」。
または,「ホロン人」。
または,「ワジ」。
直訳,「手を強くした」。
または,「ホロン人」。
または,「記念」,「資格」。

注釈

メディア