ネヘミヤ​記 13:1-31

13  その日,民に聞こえる所でモーセの書が朗読され+,その中に,アンモン人やモアブ人+は真の神の会衆に決して入ってはならないと書いてある+のが見つかった。  かつて彼らはイスラエル人をパンと水で迎えることをせず,それどころか,バラムを雇って災いがイスラエル人に降り掛かることを願わせようとしたからである+。それでも,私たちの神は災いを祝福に変えた+  民はこの律法を聞くと,外国人の子孫全てをイスラエルから離れさせ始めた+  それより前,神の家*の貯蔵室*+任されていた祭司はエルヤシブ+で,トビヤ+の親族だった。  エルヤシブは大きな貯蔵室*をトビヤに使わせていた。そこにはもともと,穀物の捧げ物,乳香や器具,レビ族+と歌い手と門番のための穀物や新しいぶどう酒や油+の10分の1,祭司のための寄進物が置かれていた+  その間ずっと私はエルサレムにいなかった。バビロンのアルタクセルクセス王+の治世の第32年+に,私は王の所に行っていたからである。その後しばらくしてから,戻る許可を王に求めた。  エルサレムに来た私は,エルヤシブ+がトビヤ+のためにしていた悪事に気付いた。トビヤに真の神の家の庭の貯蔵室を使わせていたのである。  私は非常に不快に思い,トビヤの家の家具を全部,貯蔵室*の外に投げ出した。  その後,命令を出し,貯蔵室*を清めさせた。そして,真の神の家の器具+と,穀物の捧げ物や乳香+をそこに戻した。 10  また,私は,レビ族の分+が与えられていないことを知った+。そのせいで,奉仕をするレビ族や歌い手たちはそれぞれ自分の畑に行ってしまっていた+ 11  それで私は代官たちをとがめ+,「真の神の家がないがしろにされているのはどうしてですか+」と言った。そして,畑に行ってしまっていた人たちを集め,持ち場に戻らせた。 12  ユダの人たちは皆,穀物と新しいぶどう酒と油の10分の1+を貯蔵室に持ってきた+ 13  私は,祭司シェレムヤ,写字生*ザドク,レビ族のペダヤに貯蔵室を任せ,マタヌヤの子ザクルの子ハナンに補佐をさせた。彼らは信頼できる人とされていたからである。一族に分配するのが彼らの責務だった。 14  私の神,この件で私のことをどうか覚えていてください+。神の家とそこでの奉仕のために私がした揺るぎない愛の行いを忘れないでください+ 15  その頃,私はユダの人たちが安息日に,ブドウを搾り場で踏んだり+,穀物の山を持ってきてロバに載せたり,ぶどう酒やブドウやイチジクなどさまざまな品物をエルサレムに運び入れたりしているのを見た+。それで私は,その日に食物を売ってはならないと*警告した。 16  また,都市に住んでいるティルス人も,魚など各種の商品を運んできて,安息日にエルサレムでユダの人たちに売っていた+ 17  それで私はユダの高貴な人たちをとがめ,こう言った。「安息日を汚すとは,何という悪いことをしているのですか。 18  皆さんの父祖たちも同じことをしたので,神はこの災難全てを私たちと都市にもたらされたのではありませんか。それなのに皆さんは安息日を汚して+,イスラエルに対する神の怒りをさらにあおっています」。 19  安息日が始まる前,エルサレムの門に夕闇が降りてくる頃,私は扉を閉じるよう命じた。また,安息日が終わるまでは開けてはならないと言い,私の従者の何人かを門に配置し,安息日に荷物が入ってこないようにした。 20  そのため,貿易商や各種の商品を売る人たちは1,2度,エルサレムの外で夜を過ごした。 21  それで私は警告し,こう言った。「あなたたちはなぜ城壁の前で夜を過ごすのですか。もしもう一度そうしたら,強制的に立ち退かせます」。それ以来,彼らは安息日には来なくなった。 22  私はレビ族に,いつも自分を清め,安息日を神聖なものに保つために門の見張りをするようにと言った+。私の神よ,これもまた私がしたこととして,どうか覚えていて,あなたの豊かな揺るぎない愛によって私に思いやりを示してください+ 23  その頃,私はまた,ユダヤ人がアシュドドの女性+やアンモン人やモアブ人+の女性と結婚して*いる+のを知った。 24  彼らの子たちの半分はアシュドドの言語を話し,半分は別の民の言語を話していた。ユダヤ人の言語を話せる人は一人もいなかった。 25  それで私は彼らをとがめ,神の処罰について警告し,何人かを打ちたたき+,毛を引き抜き,神に懸けて誓わせた。私はこう言った。「皆さんの娘を彼らの息子に与えてはならず,彼らの娘を皆さんの息子や自分のために迎えてもなりません+ 26  そのことのせいでイスラエルのソロモン王は罪を犯したのではありませんか。多くの国の中にソロモンのような王はいませんでした+。神は彼を愛していて+イスラエル全体の王にしました。その彼に,外国人の妻たちが罪を犯させたのです+ 27  皆さんが外国人の女性と結婚するという神に不忠実なことをして大きな悪事を働くなど,あってはならないことです+」。 28  大祭司エルヤシブ+の子ヨヤダ+の子の1人がベト・ホロンの人*サンバラテ+の婿になっていた。それで私は彼を追放した。 29  私の神,彼らのことをどうか覚えていてください。彼らは祭司職を汚し,祭司職+とレビ族との契約+も汚したのですから。 30  私は外国のあらゆる汚れから人々を清め,祭司とレビ族に務めを与えて,それぞれを自分の奉仕に当たらせ+ 31  決められた時のまき+の供給と初物のために取り決めを作った。 私の神,私のことをどうか覚えていて,恵みを与えてくださいますように+

脚注

または,「神殿」。
または,「食堂」。
または,「食堂」。
または,「食堂」。
または,「食堂」。
または,「書記」。
もしかすると,「食物を売ってはならないとその日に」。
または,「を家に入れて」。
または,「ホロン人」。

注釈

メディア