ネヘミヤ​記 12:1-47

12  以下は,シャルテル+の子ゼルバベル+やエシュア+と一緒に帰還した祭司とレビ族である。セラヤ,エレミヤ,エズラ,  アマルヤ,マルク,ハトシュ,  シェカヌヤ,レフム,メレモト,  イド,ギネトイ,アビヤ,  ミヤミン,マアドヤ,ビルガ,  シェマヤ,ヨヤリブ,エダヤ,  サル,アモク,ヒルキヤ,エダヤ。エシュアの時代,これらの人が祭司とその兄弟たちの長だった。  レビ族は,エシュア,ビヌイ,カドミエル+,シェレブヤ,ユダ,マタヌヤ+。マタヌヤと兄弟たちは感謝の歌を担当した。  彼らの兄弟であるバクブクヤとウニは,見張りの務めのため*彼らの向かい側に立った。 10  エシュアの子はヨヤキム。ヨヤキムの子はエルヤシブ+。エルヤシブの子はヨヤダ+ 11  ヨヤダの子はヨナタン。ヨナタンの子はヤドア。 12  ヨヤキムの時代,以下の人たちが祭司であり氏族長だった。セラヤ氏族+ではメラヤ,エレミヤ氏族ではハナニヤ, 13  エズラ氏族+ではメシュラム,アマルヤ氏族ではエホハナン, 14  マルキ氏族ではヨナタン,シェバヌヤ氏族ではヨセフ, 15  ハリム氏族+ではアドナ,メラヨト氏族ではヘルカイ, 16  イド氏族ではゼカリヤ,ギネトン氏族ではメシュラム, 17  アビヤ氏族+ではジクリ,ミヌヤミン氏族では……*,モアドヤ氏族ではピルタイ, 18  ビルガ氏族+ではシャムア,シェマヤ氏族ではエホナタン, 19  ヨヤリブ氏族ではマテナイ,エダヤ氏族+ではウジ, 20  サライ氏族ではカライ,アモク氏族ではエベル, 21  ヒルキヤ氏族ではハシャブヤ,エダヤ氏族ではネタヌエル。 22  エルヤシブ,ヨヤダ,ヨハナン,ヤドア+の時代,レビ族の氏族長たちと祭司たちは,ペルシャ人ダリウス王の統治まで記録された。 23  レビ族の氏族長たちは,エルヤシブの子ヨハナンの時代まで,その時代の歴史書に記録された。 24  レビ族の長はハシャブヤ,シェレブヤ,カドミエル+の子エシュア+だった。彼らの兄弟たちはその向かい側に立ち,真の神に仕えた人ダビデの指示通りに賛美と感謝を捧げた+。守衛グループと守衛グループとが並んだ。 25  マタヌヤ+,バクブクヤ,オバデヤ,メシュラム,タルモン,アクブ+は門番として立って見張った+。門のそばの貯蔵室を見張った。 26  これらの人は,ヨツァダクの子エシュア+の子ヨヤキムの時代と,総督ネヘミヤと写字生*である祭司エズラ+の時代に奉仕した。 27  エルサレムの城壁の奉献式に際して,さまざまな場所に住むレビ族が探し出され,エルサレムに連れてこられた。感謝の歌+,シンバル,弦楽器,たて琴によって,喜びながら奉献式を祝うためだった。 28  歌い手の子*たちが地域*とエルサレムの周辺とネトファの人々+の集落から集まった。 29  ベト・ギルガル+や,ゲバ+とアズマベト+の畑地からも集まった。歌い手たちはエルサレムの周辺に集落をつくっていたのである。 30  祭司とレビ族は自分を清め,民+と門+と城壁+を清めた。 31  私はユダの高官たちを城壁の上に上らせた。また,感謝を捧げる大きな合唱隊を2つ編成し,それぞれの後ろを行進する人たちを任命した。1つの隊は城壁の上を右へ,「灰の山の門+」に向かって進んだ。 32  その後ろを進んだのは,ホシャヤ,ユダの高官の半分, 33  アザリヤ,エズラ,メシュラム, 34  ユダ,ベニヤミン,シェマヤ,エレミヤだった。 35  また,祭司たち*の一部もラッパ+を持って進んだ。ゼカリヤ(ゼカリヤの父はヨナタンで,順にさかのぼると,シェマヤ,マタヌヤ,ミカヤ,ザクル,アサフ+である), 36  ゼカリヤの兄弟たちであるシェマヤ,アザルエル,ミラライ,ギラライ,マアイ,ネタヌエル,ユダ,ハナニであり,真の神に仕えた人ダビデの楽器+を持って進んだ。写字生*エズラ+が彼らの先を行った。 37  彼らは,「泉の門+」の所を真っすぐ前に進み,城壁の坂道を通って「ダビデの町+」の階段+の上を行き,「ダビデの家」の上を過ぎ,東の「水の門+」にまで進んだ。 38  感謝を捧げるもう1つの合唱隊は反対方向*に進み,私は民の半分と一緒にその後に続いた。城壁の上を進み,「かまどの塔+」の上を通り,「広い城壁+」に行き, 39  「エフライムの門+」の上を通り,「旧市街の門+」に行き,「魚の門+」,「ハナヌエルの塔+」,「メアの塔」を過ぎ,「羊の門+」に至った。そして「監視の門」で止まった。 40  こうして,感謝を捧げる2つの合唱隊は真の神の家の前に立ち,私も,共にいた代官たちの半分もそうした。 41  祭司たちである,エリヤキム,マアセヤ,ミヌヤミン,ミカヤ,エルヨエナイ,ゼカリヤ,ハナニヤもラッパを持ち, 42  マアセヤ,シェマヤ,エレアザル,ウジ,エホハナン,マルキヤ,エラム,エゼルも立った。歌い手たちはイズラフヤの監督の下,大きな声で歌った。 43  その日,彼らは盛大な犠牲を捧げて喜んだ+。真の神が大きな喜びを与えてくださったのである。女性や子供たちも喜び+,エルサレムの喜びの声ははるか遠くにまで響いた+ 44  その日,寄進物+や初物+や10分の1+を収める倉庫+を担当する人たちが任命された。祭司とレビ族+のために律法で求められている分+を町々の畑から集めてそこに入れるためだった。ユダの人たちは,祭司とレビ族が奉仕していることを喜んでいた。 45  祭司とレビ族は,ダビデとその子ソロモンの指示通りに,神への務めと清めの務めに当たるようになった。歌い手や門番も同じように務めに当たった。 46  昔,ダビデとアサフの時代には,神への賛美と感謝の歌と歌い手をリードする人たちがいた+ 47  ゼルバベル+の時代とネヘミヤの時代,イスラエル全体は歌い手+と門番+に毎日の必要な分を与えた。また,レビ族の分も取り分け+,レビ族はアロンの子孫の分を取り分けた。

脚注

もしかすると,「奉仕の間」。
ヘブライ語本文から名前が抜けていると考えられる。
または,「書記」。
または,「訓練された歌い手」。
ヨルダン川周辺の地域のこと。
直訳,「祭司の子たち」。
または,「書記」。
または,「前方」。

注釈

メディア