ネヘミヤ​記 12:1-47

12  は,シャルテル+ゼルバベル+やエシュア+いっしょかんしたさいとレビぞくである。セラヤ,エレミヤ,エズラ,  アマルヤ,マルク,ハトシュ,  シェカヌヤ,レフム,メレモト,  イド,ギネトイ,アビヤ,  ミヤミン,マアドヤ,ビルガ,  シェマヤ,ヨヤリブ,エダヤ,  サル,アモク,ヒルキヤ,エダヤ。エシュアのだい,これらのひとさいとそのきょうだいたちのちょうだった。  レビぞくは,エシュア,ビヌイ,カドミエル+,シェレブヤ,ユダ,マタヌヤ+。マタヌヤときょうだいたちはかんしゃうたたんとうした。  かれらのきょうだいであるバクブクヤとウニは,りのつとめのため*かれらのかいがわった。 10  エシュアのはヨヤキム。ヨヤキムのはエルヤシブ+。エルヤシブのはヨヤダ+ 11  ヨヤダのはヨナタン。ヨナタンのはヤドア。 12  ヨヤキムのだいひとたちがさいでありぞくちょうだった。セラヤぞく+ではメラヤ,エレミヤぞくではハナニヤ, 13  エズラぞく+ではメシュラム,アマルヤぞくではエホハナン, 14  マルキぞくではヨナタン,シェバヌヤぞくではヨセフ, 15  ハリムぞく+ではアドナ,メラヨトぞくではヘルカイ, 16  イドぞくではゼカリヤ,ギネトンぞくではメシュラム, 17  アビヤぞく+ではジクリ,ミヌヤミンぞくでは……*,モアドヤぞくではピルタイ, 18  ビルガぞく+ではシャムア,シェマヤぞくではエホナタン, 19  ヨヤリブぞくではマテナイ,エダヤぞく+ではウジ, 20  サライぞくではカライ,アモクぞくではエベル, 21  ヒルキヤぞくではハシャブヤ,エダヤぞくではネタヌエル。 22  エルヤシブ,ヨヤダ,ヨハナン,ヤドア+だい,レビぞくぞくちょうたちとさいたちは,ペルシャじんダリウスおうとうまでろくされた。 23  レビぞくぞくちょうたちは,エルヤシブのヨハナンのだいまで,そのだいれきしょろくされた。 24  レビぞくちょうはハシャブヤ,シェレブヤ,カドミエル+エシュア+だった。かれらのきょうだいたちはそのかいがわち,しんかみつかえたひとダビデのどおりにさんかんしゃささげた+しゅえいグループとしゅえいグループとがならんだ。 25  マタヌヤ+,バクブクヤ,オバデヤ,メシュラム,タルモン,アクブ+もんばんとしてってった+もんのそばのちょぞうしつった。 26  これらのひとは,ヨツァダクのエシュア+ヨヤキムのだいと,そうとくネヘミヤとしゃせい*であるさいエズラ+だいほうした。 27  エルサレムのじょうへきほうけんしきさいして,さまざまなしょむレビぞくさがされ,エルサレムにれてこられた。かんしゃうた+,シンバル,げんがっ,たてごとによって,よろこびながらほうけんしきいわうためだった。 28  うた*たちがいき*とエルサレムのしゅうへんとネトファのひとびと+しゅうらくからあつまった。 29  ベト・ギルガル+や,ゲバ+とアズマベト+はたからもあつまった。うたたちはエルサレムのしゅうへんしゅうらくをつくっていたのである。 30  さいとレビぞくぶんきよめ,たみ+もん+じょうへき+きよめた。 31  わたしはユダのこうかんたちをじょうへきうえのぼらせた。また,かんしゃささげるおおきながっしょうたいを2つへんせいし,それぞれのうしろをこうしんするひとたちをにんめいした。1つのたいじょうへきうえみぎへ,「はいやまもん+」にかってすすんだ。 32  そのうしろをすすんだのは,ホシャヤ,ユダのこうかんはんぶん 33  アザリヤ,エズラ,メシュラム, 34  ユダ,ベニヤミン,シェマヤ,エレミヤだった。 35  また,さいたち*いちもラッパ+ってすすんだ。ゼカリヤ(ゼカリヤのちちはヨナタンで,じゅんにさかのぼると,シェマヤ,マタヌヤ,ミカヤ,ザクル,アサフ+である), 36  ゼカリヤのきょうだいたちであるシェマヤ,アザルエル,ミラライ,ギラライ,マアイ,ネタヌエル,ユダ,ハナニであり,しんかみつかえたひとダビデのがっ+ってすすんだ。しゃせい*エズラ+かれらのさきった。 37  かれらは,「いずみもん+」のところっすぐまえすすみ,じょうへきさかみちとおって「ダビデのまち+」のかいだん+うえき,「ダビデのいえ」のうえぎ,ひがしの「みずもん+」にまですすんだ。 38  かんしゃささげるもう1つのがっしょうたいはんたいほうこう*すすみ,わたしたみはんぶんいっしょにそのあとつづいた。じょうへきうえすすみ,「かまどのとう+」のうえとおり,「ひろじょうへき+」にき, 39  「エフライムのもん+」のうえとおり,「きゅうがいもん+」にき,「さかなもん+」,「ハナヌエルのとう+」,「メアのとう」をぎ,「ひつじもん+」にいたった。そして「かんもん」でまった。 40  こうして,かんしゃささげる2つのがっしょうたいしんかみいえまえち,わたしも,ともにいただいかんたちのはんぶんもそうした。 41  さいたちである,エリヤキム,マアセヤ,ミヌヤミン,ミカヤ,エルヨエナイ,ゼカリヤ,ハナニヤもラッパをち, 42  マアセヤ,シェマヤ,エレアザル,ウジ,エホハナン,マルキヤ,エラム,エゼルもった。うたたちはイズラフヤのかんとくもとおおきなこえうたった。 43  そのかれらはせいだいせいささげてよろこんだ+しんかみおおきなよろこびをあたえてくださったのである。じょせいどもたちもよろこ+,エルサレムのよろこびのこえははるかとおくにまでひびいた+ 44  そのしんぶつ+はつもの+や10ぶんの1+おさめるそう+たんとうするひとたちがにんめいされた。さいとレビぞく+のためにりっぽうもとめられているぶん+まちまちはたけからあつめてそこにれるためだった。ユダのひとたちは,さいとレビぞくほうしていることをよろこんでいた。 45  さいとレビぞくは,ダビデとそのソロモンのどおりに,かみへのつとめときよめのつとめにたるようになった。うたもんばんおなじようにつとめにたった。 46  むかし,ダビデとアサフのだいには,かみへのさんかんしゃうたうたをリードするひとたちがいた+ 47  ゼルバベル+だいとネヘミヤのだい,イスラエルぜんたいうた+もんばん+まいにちひつようぶんあたえた。また,レビぞくぶん+,レビぞくはアロンのそんぶんけた。

脚注

もしかすると,「奉仕の間」。
ヘブライ語本文から名前が抜けていると考えられる。
または,「書記」。
または,「訓練された歌い手」。
ヨルダン川周辺の地域のこと。
直訳,「祭司の子たち」。
または,「書記」。
または,「前方」。

注釈

メディア