ネヘミヤ​記 11:1-36

11  たみこうかんたちはエルサレムにんでいた+。ほかのたみはくじを+,10にんのうち1人ひとりせいなるエルサレムにみ,あとの9にんがほかのまちまちにとどまった。  さらに,エルサレムにむことをすすんでもうひとすべてのためにたみしゅくふくねがもとめた。  は,エルサレムにんだしゅうちょうたちである。(のこりのイスラエルじんさい,レビぞくしん殿でん使ようにん*+,ソロモンにつかえたひとそん+,ユダのほかのまちまちに,それぞれぶんまちしょゆうんだ+  エルサレムには,ユダぞくとベニヤミンぞくいちんだ。)ユダぞくではアタヤ。アタヤのちち*はウジヤで,じゅんにさかのぼると,ゼカリヤ,アマルヤ,シェファトヤ,マハラレル,ペレツ+である。  また,マアセヤ。マアセヤのちちはバルクで,じゅんにさかのぼると,コルホゼ,ハザヤ,アダヤ,ヨヤリブ,ゼカリヤである。ゼカリヤはシェラぞくそんである。  エルサレムにんでいたペレツのたちは,ゆうのうひとたちで,ぜんで468にんだった。  ベニヤミンぞくではサル+。サルのちちはメシュラムで,じゅんにさかのぼると,ヨエド,ペダヤ,コラヤ,マアセヤ,イティエル,エシャヤである。  ほかに,ガバイ,サライ,928にん  また,ジクリのヨエルがかれらのかんとくであり,ハセヌアのユダがだい2のにいた。 10  さいでは,ヨヤリブのエダヤ,ヤキン+ 11  セラヤ(セラヤのちちはヒルキヤで,じゅんにさかのぼると,メシュラム,ザドク,メラヨト,しんかみいえ*せきにんしゃアヒトブ+である), 12  かれらのきょうだいであるいえごとをするものたち,822にん。アダヤ(アダヤのちちはエロハムで,じゅんにさかのぼると,ペラルヤ,アムツィ,ゼカリヤ,パシュフル+,マルキヤである), 13  アダヤのきょうだいであるぞくちょうたち,242にん。アマシュサイ(アマシュサイのちちはアザルエルで,じゅんにさかのぼると,アフザイ,メシレモト,イメルである), 14  かれらのきょうだいであるつよくてゆうかんものたち,128にんかれらのかんとくで,ちょめいぞくひとザブディエル。 15  レビぞくではシェマヤ+。シェマヤのちちはハシュブで,じゅんにさかのぼると,アズリカム,ハシャブヤ,ブニである。 16  レビぞくちょうで,しんかみいえがいごとたんとうしたシャベタイ+とヨザバド+ 17  アサフ+ザブディのミカのマタヌヤ+。マタヌヤはうたしゃで,いのりのときそっせんしてさんささげた+かれバクブクヤ。エドトン+ガラルのシャムアのアブダ。 18  せいなるにいるレビぞくぜんで284にんだった。 19  もんばんはアクブとタルモン+きょうだいたち,172にん 20  のこりのイスラエルじんさい,レビぞくは,ユダのほかのまちまちに,それぞれぶんそうぞくにいた。 21  しん殿でん使ようにん*+オフェル+んでいた。ツィハとギシュパがしん殿でん使ようにん*をまとめていた。 22  エルサレムにいるレビぞくかんとくはウジだった。ウジのちちはバニで,じゅんにさかのぼると,ハシャブヤ,マタヌヤ+,ミカである。ウジはうたであるアサフのそん1人ひとりで,しんかみいえごとたんとうした。 23  おうめいれいがあり+うたたちのためにまいにちひつようものきゅうするめがあった。 24  ユダのゼラハのぞくのメシェザブエルのペタフヤは,たみのあらゆることがらかんするおうもんかんだった。 25  はたがあるきょじゅうには,ユダぞくいちしょんだ。キルヤト・アルバ+しゅうへん*まち,ディボンとしゅうへんまち,エカブツェエル+まわりのしゅうらく 26  エシュア,モラダ+,ベト・ペレト+ 27  ハツァル・シュアル+,ベエル・シェバとしゅうへんまち 28  チクラグ+,メコナとしゅうへんまち 29  エン・リモン+,ツォルア+,ヤルムト, 30  ザノアハ+,アドラムとまわりのしゅうらく,ラキシュ+まわりのはた,アゼカ+しゅうへんまちかれらはベエル・シェバからヒンノムのたにまでのいきんだ*+ 31  ベニヤミンぞくしょにいた。ゲバ+,ミクマシュ,アヤ,ベテル+しゅうへんまち 32  アナトテ+,ノブ+,アナヌヤ, 33  ハツォル,ラマ+,ギタイム, 34  ハディド,ツェボイム,ネバラト, 35  ロド,オノ+しょくにんたに 36  また,ユダにいたレビぞくいちくみがベニヤミンにんだ。

脚注

または,「ネティニム」。直訳,「与えられた人たち」。
用語集の「子」参照。
または,「神殿」。
または,「ネティニム」。直訳,「与えられた人たち」。
または,「ネティニム」。直訳,「与えられた人たち」。
または,「それに依存する」。
または,「宿営した」。

注釈

メディア