ネヘミヤ​記 11:1-36

11  民の高官たちはエルサレムに住んでいた+。ほかの民はくじを引き+,10人のうち1人が聖なる都市エルサレムに住み,あとの9人がほかの町々にとどまった。  さらに,エルサレムに住むことを進んで申し出た人全てのために民は祝福を願い求めた。  以下は,エルサレムに住んだ州の長たちである。(残りのイスラエル人,祭司,レビ族,神殿の使用人*+,ソロモンに仕えた人の子孫は+,ユダのほかの町々に,それぞれ自分の町の所有地に住んだ+  エルサレムには,ユダ族とベニヤミン族の一部が住んだ。)ユダ族ではアタヤ。アタヤの父*はウジヤで,順にさかのぼると,ゼカリヤ,アマルヤ,シェファトヤ,マハラレル,ペレツ+である。  また,マアセヤ。マアセヤの父はバルクで,順にさかのぼると,コルホゼ,ハザヤ,アダヤ,ヨヤリブ,ゼカリヤである。ゼカリヤはシェラ氏族の子孫である。  エルサレムに住んでいたペレツの子たちは,有能な人たちで,全部で468人だった。  ベニヤミン族ではサル+。サルの父はメシュラムで,順にさかのぼると,ヨエド,ペダヤ,コラヤ,マアセヤ,イティエル,エシャヤである。  ほかに,ガバイ,サライ,928人。  また,ジクリの子ヨエルが都市で彼らの監督であり,ハセヌアの子ユダが第2の地位にいた。 10  祭司では,ヨヤリブの子エダヤ,ヤキン+ 11  セラヤ(セラヤの父はヒルキヤで,順にさかのぼると,メシュラム,ザドク,メラヨト,真の神の家*の責任者アヒトブ+である), 12  彼らの兄弟である家の仕事をする者たち,822人。アダヤ(アダヤの父はエロハムで,順にさかのぼると,ペラルヤ,アムツィ,ゼカリヤ,パシュフル+,マルキヤである), 13  アダヤの兄弟である氏族長たち,242人。アマシュサイ(アマシュサイの父はアザルエルで,順にさかのぼると,アフザイ,メシレモト,イメルである), 14  彼らの兄弟である強くて勇敢な者たち,128人。彼らの監督で,著名な氏族の人ザブディエル。 15  レビ族ではシェマヤ+。シェマヤの父はハシュブで,順にさかのぼると,アズリカム,ハシャブヤ,ブニである。 16  レビ族の長で,真の神の家の外部の仕事を担当したシャベタイ+とヨザバド+ 17  アサフ+の子ザブディの子ミカの子マタヌヤ+。マタヌヤは歌の指揮者で,祈りの時に率先して賛美を捧げた+。彼の補佐バクブクヤ。エドトン+の子ガラルの子シャムアの子アブダ。 18  聖なる都市にいるレビ族は全部で284人だった。 19  門番はアクブとタルモン+と兄弟たち,172人。 20  残りのイスラエル人,祭司,レビ族は,ユダのほかの町々に,それぞれ自分の相続地にいた。 21  神殿の使用人*+オフェル+に住んでいた。ツィハとギシュパが神殿の使用人*をまとめていた。 22  エルサレムにいるレビ族の監督はウジだった。ウジの父はバニで,順にさかのぼると,ハシャブヤ,マタヌヤ+,ミカである。ウジは歌い手であるアサフの子孫の1人で,真の神の家の仕事を担当した。 23  王の命令があり+,歌い手たちのために毎日の必要な物を支給する取り決めがあった。 24  ユダの子ゼラハの氏族のメシェザブエルの子ペタフヤは,民のあらゆる事柄に関する王の顧問官だった。 25  畑地がある居住地には,ユダ族の一部が以下の場所に住んだ。キルヤト・アルバ+と周辺の*町,ディボンと周辺の町,エカブツェエル+と周りの集落, 26  エシュア,モラダ+,ベト・ペレト+ 27  ハツァル・シュアル+,ベエル・シェバと周辺の町, 28  チクラグ+,メコナと周辺の町, 29  エン・リモン+,ツォルア+,ヤルムト, 30  ザノアハ+,アドラムと周りの集落,ラキシュ+と周りの畑地,アゼカ+と周辺の町。彼らはベエル・シェバからヒンノムの谷までの地域に住んだ*+ 31  ベニヤミン族が以下の場所にいた。ゲバ+,ミクマシュ,アヤ,ベテル+と周辺の町, 32  アナトテ+,ノブ+,アナヌヤ, 33  ハツォル,ラマ+,ギタイム, 34  ハディド,ツェボイム,ネバラト, 35  ロド,オノ+,職人の谷。 36  また,ユダにいたレビ族の一部の組がベニヤミンに住んだ。

脚注

または,「ネティニム」。直訳,「与えられた人たち」。
用語集の「子」参照。
または,「神殿」。
または,「ネティニム」。直訳,「与えられた人たち」。
または,「ネティニム」。直訳,「与えられた人たち」。
または,「それに依存する」。
または,「宿営した」。

注釈

メディア