テモテ​へ​の​第​一​の​手紙 3:1-16

3  つぎことしんじつです。かんとく+になろうとつとめているひとは,りっごとのぞんでいます。  ですから,かんとくは,とがめられるところがなく,1人ひとりつまおっとで,せつをわきまえ,けんぜんかんがかた*をし+ちつじょただしくこうどうし,ひとをよくもてなし+おしえるかくがなければなりません+  また,めいていせず+ぼうりょくるわず,ふんべつがあり+あらそいをこのまず+,おかねあいさず+  ていりっおさ*どもをよくしつけてしたがわせているべきです+  (ぶんていおさめられないのであれば,かみかいしゅう*することなどできるでしょうか。)  クリスチャンになってもないひとであってはなりません+おもがって,あくおなじようにだんざいされるようなことにならないためです。  さらに,かいしゅうがいひとからもひょうばんているべきです+ひとびとからなんされ,あくのわなにおちいる,ということがないようにするためです。  えんじょほうしゃ*も,真面目まじめで,まいじた使つかわず*りょうさけまず,どんよくとうえきようとせず+  やましいところのないりょうしんたもって+しんせいみつであるしんこうみちをしっかりあゆんでいるべきです。 10  このひとたちは,そのごとにふさわしいかどうか*,まずためされなければなりません。なんされるところがなければ+ほうしゃとしてつかえさせることができます。 11  じょせいたちも,真面目まじめで,ちゅうしょうしたりせず+せつをわきまえ,あらゆるてんちゅうじつであるべきです+ 12  えんじょほうしゃは,1人ひとりつまおっとで,どもしたがわせ,ていりっおさめているべきです。 13  りっほうするひとひょう,キリスト・イエスへのしんこうについてすこしもおくれせずにかたることができます。 14  わたしもなくあなたのところきたいとおもいながら,これらのことをいています。 15  わたしおくれたとしても,あなたにかみぞくいちいんとしてどのようにこうどうすべきかをってもらうためです+。そのぞくきているかみかいしゅうであり,しんはしらまたささえです。 16  かみへのせんしんかんするしんせいみつたしかにだいです。「かれ*にくたいものとしてあきらかにされ+にくたいたないもの*としてただしいとみとめられ+てん使たちにあらわ+くにぐになかひろめられ+ひとびとしんじられ+てんげられてえいこうけた」のです。

脚注

または,「良い判断」。
または,「管理し」。
用語集参照。
または,「人をだますようなことを言わず」。
用語集参照。
または,「資格があるかどうか」。
イエスのこと。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。

注釈

メディア