ダニエル​書 4:1-37

4  「ネブカドネザルおうから,ぜんかいみんぞくくにげんひとびとへ。あなたがたゆたかなへいがあることをねがう。  こうかみわたしおこなわれた,せき*なことについてらせようとおもう。  そのかたせき*なんそうだいで,なことはなんなみはずれているのだろう。そのかたおうこくえいえんそんぞくし,そのかたとうはいつのだいまでもつづ+  わたしネブカドネザルは,いえやすらかにごし,きゅう殿でんゆうらしていた。  だが,あるゆめこわくなった。とこいていたときあたまなかおそろしいこうけいまぼろし+  それでめいれいし,バビロンのすべてのけんじんわたしまえれてこさせて,ゆめかさせることにした+  じゅつ,まじない,カルデアじん*せんせいじゅつたち+がやってた。わたしはどのようなゆめたかはなしたが,かれらはそれをかすことができなかった+  さいにダニエルがやってた。このものわたしかみにちなんで+ベルテシャザルとばれており+せいなるかみがみちからっている+わたしかれゆめないようはなした。  『じゅつちょうベルテシャザル+,あなたがせいなるかみがみちからっていて+,どんなみつあきらかにできることを,わたしはよくっている+わたしゆめなかまぼろしについてせつめいし,かしてほしい。 10  わたしながら,あたまなかでこのようなまぼろした。だいなかに,じょうたか+っていた+ 11  そのせいちょうしてつよくなり,いただきてんたっして,てからもえるほどだった。 12  うつくしくしげり,ゆたかにがなって,すべてのものをやしなうことができた。かげじゅうあつまり,えだとりがすみき,すべてのものがそのからものた。 13  わたしながらあたまなかまぼろしていると,りのものせいなるものてんからくだってきた+ 14  そのものおおごえでこうった。「このたお+えだとし,とし,をまきらしなさい! かげからじゅうを,えだからとりはらいなさい。 15  しかし,かぶめんのこし,てつどうのたがをはめてくさなかほうしなさい。てんからのつゆにぬれるままにし,じょうくさあいだじゅうともかしておきなさい+ 16  そのこころえられ,ひとこころではなくなり,けものこころあたえられて,7つのとき+ぎることになります+ 17  これはりのものたちによってこくされ+,このようせいせいなるものたちによってげられました。そのようにして,こうしゃにんげんおうこくとうしゃであり+,ごぶんのぞものにそれをあたえ,もっとたちひくひとをさえそのうえてるということを,ひとびとらせるためです」。 18  これが,わたしネブカドネザルおうゆめだ。さあ,ベルテシャザル,これをかしてくれ。わたしおうこくけんじんたちはだれかせないのだ+。だが,あなたにはできるだろう。せいなるかみがみちからっているからだ』。 19  そのとき,ベルテシャザルとばれるダニエルは+,しばしおどろき,おびえはじめた。 おうった。『ベルテシャザル,このゆめかしのためにおびえることはない』。 ベルテシャザルはこたえた。『おうよ,このゆめがあなたをにくものたちにてはまり,かしがあなたのてきてはまるとよいのですが。 20  あなたがごらんになった,すなわち,せいちょうしておおきくつよくなり,いただきてんたっしててからも+ 21  うつくしくしげり,ゆたかにがなって,すべてのものをやしなうことができ,かげじゅうあつまり,えだとりがすみいた+ 22  それはおうしんです。あなたはきょうだいかたとなり,こうてんにまでたっ+はいてにまでおよんだからです+ 23  そしておうは,りのものせいなるもの+てんからくだってくるのをごらんになりました。そのものはこういました。「このたおしてそこないなさい。しかし,かぶめんのこし,てつどうのたがをはめてくさなかほうしなさい。7つのときぎるまで,てんからのつゆにぬれるままにし,じゅうともかしておきなさい+」。 24  おうよ,これもかしましょう。これはこうしゃこくであり,かならおうこることがらです。 25  あなたはひとびとなかからいやられ,じゅうとすみかをともにし,うしのようにくさべることになります。てんからのつゆにぬれるままになり+,こうして7つのとき+ぎます+。そしてあなたは,こうしゃにんげんおうこくとうしゃであり,ごぶんのぞものにそれをあたえるということをるのです+ 26  かぶのこしておくようにとのことでしたから+てんおさめているということをあなたがったのちに,おうこくふたたびあなたのものになります。 27  おうよ,わたしちゅうこくれてくださいますように。ただしいことをおこなってつみからはなれ,まずしいひとたちにあわれみをしめしてあくからはなれてください。そうすれば,はんえいながつづきするかもしれません+』」。 28  このすべてがネブカドネザルおうこった。 29  12カげつおうはバビロンのおうきゅうおくじょうあるいていた。 30  おうった。「わたしはこのおおいなるバビロンを,おうのために,またわたしかがやかしいこうしめすために,ぶんだいちからきずいたのだ」。 31  おうがそのことえないうちに,てんからこえこえた。「ネブカドネザルおう,あなたにげます。『おうこくはあなたからられました+ 32  あなたはひとびとなかからいやられ,じゅうとすみかをともにし,うしのようにくさべることになり,こうして7つのときぎます。そしてあなたは,こうしゃにんげんおうこくとうしゃであり,ごぶんのぞものにそれをあたえるということをるのです+』」。 33  たんに,そのことどおりのことがネブカドネザルにこった。かれひとびとなかからいやられ,うしのようにくさはじめ,からだてんからのつゆにぬれた。やがてかみはワシののようにながび,つめとりつめのようになった+ 34  「そのかんわりに+わたしネブカドネザルはてんげた。すると,しょうもどった。わたしこうしゃさんし,えいえんきておられるかたをたたえた。そのかたとうえいえんつづき,そのかたおうこくはいつのだいまでもそんぞくするからである+ 35  じょうすべてのものひとしく,そのかたてんぐんぜいにもじょうひとびとにものぞどおりのことをおこなう。だれもそのかたこうどうさまたげる*ことはできず+,『いったいなにをしたのか』とうこともできない+ 36  わたししょうもどり,わたしおうこくえいこうや,わたしかがやかしいこうもともどった+こうかんぞくたちもわたしめんかいもとめるようになり,わたしぶんおうこくふっして,げんした。 37  いまわたしネブカドネザルは,てんおうさんし,あがめ,たたえる+。このかたおこなうことすべてがただしく*こうせいであり+,おごりたかぶるものはずかしめることができるからである+」。

脚注

直訳,「しるし」。
直訳,「しるし」。
占星術などの占いに精通している人たちのこと。
または,「手をとどめる」。
または,「真理であり」。

注釈

メディア