ダニエル​書 10:1-21

10  ペルシャのキュロス+王の治世の第3年,ベルテシャザルと呼ばれていたダニエル+に啓示が与えられた。その内容は真実であり,大きな争いに関するものだった。ダニエルは自分が見た事柄について説明を受け,その内容を理解した。  その頃,私ダニエルは丸3週間,嘆き悲しんでいた+  何も良い物を食べず,肉もぶどう酒も口にせず,体に油を塗ることも丸3週間しなかった。  第1の月の24日,大河チグリス*+の岸にいた時,  私は亜麻布の服を着た人を見た+。腰にはウファズ産の金でできたベルトを巻いていた。  体はかんらん石のようで+,顔は稲妻のように明るかった。目は燃えるたいまつのようで,腕と足は磨き上げた銅のように見えた+。彼の話す声は群衆の声のようだった。  この幻を見たのは私ダニエルだけだった。私と一緒にいた人たちは見なかったが+,強い恐怖に襲われ,逃げていって身を隠した。  私は1人残された。この壮大な幻を見た時,私は力尽き,青ざめて,気力をすっかり失った+  それから彼の声が聞こえてきたが,彼が話すのを聞いているうちに,私はひれ伏して顔を地面に付けたまま眠り込んでしまった+ 10  すると,手が私に触れて+起こしてくれたので,私は両手と両膝を突いて起き上がった。 11  彼は私に言った。 「大切な*+ダニエル,これから私が話す言葉に注意を払いなさい。その場で立ち上がりなさい。私はあなたに会うために遣わされたのです」。 こう言われた時,私は震えながら立ち上がった。 12  彼はさらに言った。「ダニエル,恐れることはありません+。あなたが物事を理解しようと努め,神の前で謙遜になろうと心に決めた最初の日から,あなたの祈りは聞かれています。私が来たのもそのためです+ 13  しかし,ペルシャの領土の長+が21日間,私の前に立ちはだかりました。そこへ主立った長のひとり*ミカエル*+が助けに来てくれて,私はペルシャの王たちのそばにとどまりました。 14  私が来たのは,最後の日々+にあなたの民に起きる事柄をあなたに理解させるためです。幻は将来に関するものだからです+」。 15  彼がこれらのことを私に話した時,私は下を向いて言葉を失った。 16  すると,人のような姿の者が私の唇に触れた+。それで私は口を開き,目の前に立っていた者に言った。「私は幻のために震えており,力が残っていません+ 17  私のような者が,どうしてあなたと話せるでしょうか+。力が残っておらず,息も絶え絶えになっています+」。 18  人のような姿の者は再び私に触れて,力づけてくれた+ 19  そしてこう言った。「大切な*人よ+,恐れることはありません+。あなたに平和がありますように+。勇気を出し,強くありなさい」。彼が話しているうちに私は力づけられ,こう言った。「どうぞお話しください。あなたは私を力づけてくださいました」。 20  彼は言った。「私がなぜあなたの所に来たか,分かりますか。私はペルシャの長+と戦うためにすぐ戻らなければなりません。私が去ると,ギリシャの長が来ます。 21  しかし,私は真実の書に記されている事柄をあなたに伝えます。これらのことにおいて私を強く支えてくれているのは,あなたたちの長+ミカエル+にほかなりません。

脚注

直訳,「ヒデケル」。
または,「高く評価されている」,「神に愛されている」。
または,「最高位の長」。
意味,「誰が神のようだろうか」。
または,「高く評価されている」,「神に愛されている」。

注釈

メディア