ダニエル​書 1:1-21

1  ユダのエホヤキム+王の治世の第3年,バビロンのネブカドネザル王が攻めてきて,エルサレムを包囲した+  エホバは,ユダのエホヤキム王と,真の神の家*の器具の一部を,ネブカドネザル王の手に渡した+。王はその器具を,シナル*+にある自分の神の家*に持ち帰り,自分の神の宝物庫に入れた+  それから王は廷臣の長アシュペナズに,王族や高貴な人たちを含むイスラエル人の中から幾人かを連れてくるよう命じた+  欠点がなく,容姿が良く,知恵と知識と識別力に恵まれ+,王の宮殿で仕えるのにふさわしい若者たちを連れてきて,カルデア人の言語や文学を教えるようにとのことだった。  さらに王は,自分の美食とぶどう酒の中からその若者たちに毎日の食事を供給するよう定めた。彼らは3年間訓練され*,その期間が終わったら王に仕えることになっていた。  若者たちの中に,ユダ族出身のダニエル*+,ハナニヤ*,ミシャエル*,アザリヤ*がいた+  廷臣の長は彼らに別の名前*を与え,ダニエルをベルテシャザル+,ハナニヤをシャデラク,ミシャエルをメシャク,アザリヤをアベデネゴと呼んだ+  しかしダニエルは,王の美食やぶどう酒で自分を汚さないことを心に決めた。それで,自分を汚さずに済むよう,廷臣の長に許可を求めた。  真の神は,廷臣の長がダニエルに親切と憐れみを示すようにした+ 10  とはいえ,廷臣の長はダニエルにこう言った。「私は王を恐れている。王がおまえたちの食べ物と飲み物をお定めになったのに,同じ年頃の若者たちと比べておまえたちの顔色が悪いのをご覧になったら,どうなるだろうか。王の前で私の首が危うくなる*」。 11  ダニエルは,自分とハナニヤとミシャエルとアザリヤの世話係として廷臣の長により任命された人に言った。 12  「どうか,私たちを10日の間試してください。食べ物は幾らかの野菜,飲み物は水にしてください。 13  そして,私たちの顔色と,王の美食を食べている若者たちの顔色を比べた上で,私たちをどうすべきかご判断ください」。 14  世話係はこの願いを聞き入れ,彼らを10日の間試した。 15  10日の後,彼らの顔色は,王の美食を食べていたどの若者よりも良く,健康的だった。 16  それで世話係は,その後も彼らに美食とぶどう酒ではなく野菜を与えた。 17  真の神はこの4人の若者に,知識と,あらゆる書物の意味を悟る力と,知恵を与えた。ダニエルはどんな幻や夢も理解できるようにされた+ 18  王が定めた期間が終わり,廷臣の長は若者たちをネブカドネザルの前に連れていった+ 19  王が彼らと話すと,全ての若者の中で,ダニエル,ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤに並ぶ者は一人もいないことが分かった+。それで4人は王に仕えることになった。 20  王は,知恵と理解力を要する事柄について彼らに尋ね,その全てにおいて彼らが王国中の魔術師やまじない師よりも10倍優れていることを知った+ 21  ダニエルはキュロス王の治世の第1年までそのままとどまった+

脚注

または,「神殿」。
バビロニアのこと。
または,「神殿」。
もしかすると,「養われ」。
意味,「私を裁くのは神」。
意味,「エホバは好意を示した」。
意味はもしかすると,「誰が神のようだろうか」。
意味,「エホバは助けた」。
つまり,バビロニア人の名前。
直訳,「私の頭が有罪になる」。

注釈

メディア