ダニエル​書 1:1-21

1  ユダのエホヤキム+おうせいだい3ねん,バビロンのネブカドネザルおうめてきて,エルサレムをほうした+  エホバは,ユダのエホヤキムおうと,しんかみいえ*いちを,ネブカドネザルおうわたした+おうはそのを,シナル*+にあるぶんかみいえ*かえり,ぶんかみほうもつれた+  それからおうていしんちょうアシュペナズに,おうぞくこうひとたちをふくむイスラエルじんなかからいくにんかをれてくるようめいじた+  けってんがなく,よう姿く,しきしきべつりょくめぐまれ+おうきゅう殿でんつかえるのにふさわしいわかものたちをれてきて,カルデアじんげんぶんがくおしえるようにとのことだった。  さらにおうは,ぶんしょくとぶどうしゅなかからそのわかものたちにまいにちしょくきょうきゅうするようさだめた。かれらは3ねんかんくんれんされ*,そのかんわったらおうつかえることになっていた。  わかものたちのなかに,ユダぞくしゅっしんのダニエル*+,ハナニヤ*,ミシャエル*,アザリヤ*がいた+  ていしんちょうかれらにべつまえ*あたえ,ダニエルをベルテシャザル+,ハナニヤをシャデラク,ミシャエルをメシャク,アザリヤをアベデネゴとんだ+  しかしダニエルは,おうしょくやぶどうしゅぶんけがさないことをこころめた。それで,ぶんけがさずにむよう,ていしんちょうきょもとめた。  しんかみは,ていしんちょうがダニエルにしんせつあわれみをしめすようにした+ 10  とはいえ,ていしんちょうはダニエルにこうった。「わたしおうおそれている。おうがおまえたちのものものをおさだめになったのに,おなとしごろわかものたちとくらべておまえたちのかおいろわるいのをごらんになったら,どうなるだろうか。おうまえわたしくびあやうくなる*」。 11  ダニエルは,ぶんとハナニヤとミシャエルとアザリヤのがかりとしてていしんちょうによりにんめいされたひとった。 12  「どうか,わたしたちを10あいだためしてください。ものいくらかのさいものみずにしてください。 13  そして,わたしたちのかおいろと,おうしょくべているわかものたちのかおいろくらべたうえで,わたしたちをどうすべきかごはんだんください」。 14  がかりはこのねがいをれ,かれらを10あいだためした。 15  10のちかれらのかおいろは,おうしょくべていたどのわかものよりもく,けんこうてきだった。 16  それでがかりは,そのかれらにしょくとぶどうしゅではなくさいあたえた。 17  しんかみはこの4にんわかものに,しきと,あらゆるしょもつさとちからと,あたえた。ダニエルはどんなまぼろしゆめかいできるようにされた+ 18  おうさだめたかんわり,ていしんちょうわかものたちをネブカドネザルのまえれていった+ 19  おうかれらとはなすと,すべてのわかものなかで,ダニエル,ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤにならもの一人ひとりもいないことがかった+。それで4にんおうつかえることになった。 20  おうは,かいりょくようすることがらについてかれらにたずね,そのすべてにおいてかれらがおうこくじゅうじゅつやまじないよりも10ばいすぐれていることをった+ 21  ダニエルはキュロスおうせいだい1ねんまでそのままとどまった+

脚注

または,「神殿」。
バビロニアのこと。
または,「神殿」。
もしかすると,「養われ」。
意味,「私を裁くのは神」。
意味,「エホバは好意を示した」。
意味はもしかすると,「誰が神のようだろうか」。
意味,「エホバは助けた」。
つまり,バビロニア人の名前。
直訳,「私の頭が有罪になる」。

注釈

メディア