ソロモン​の​歌 8:1-14

8  あなたが,私の母の乳で育った兄のようだったら!外で会って口づけできるのに+そのことで誰も私をけなさない。   あなたを案内して,私にいろいろ教えてくれた母の家に連れていくの+香料を加えたぶどう酒を飲ませてあげる。ザクロの新鮮なジュースも。   あの人は左手で私の頭にそっと触れ,右手で私を抱き締める+   エルサレムの女性たち,誓ってください。私の愛を無理に呼び起こさないと+」。   「恋人に寄り添って荒野から来るのは誰だ?」「リンゴの木の下で,眠るあなたを起こしたの。そこは,あなたの母が陣痛を経験し,あなたを産んだ場所。   私のことをいつも思っていてください。印章を胸元に下げるように,腕にくくり付けるかのように。愛は死のように強く+あなただけを思う気持ち*は墓*と同じように変わることがありません。愛の火は燃え盛る火,ヤハ*の炎+   渦巻く水も愛を消すことはできない+川も愛を流し去ることはできない+もしある人が,愛を得るために家の財産全てを差し出すなら,それは人からはねつけられる*でしょう」。   「私たちにはまだ乳房もない小さな妹がいる+その妹が結婚を申し込まれたら,何をしてやれるだろうか」。   「もし妹が城壁なら,その上に銀の胸壁を築こう。もし妹が扉なら,杉の板でふさいでしまおう」。 10  「私は城壁,乳房は塔のようです。晴れやかな気持ちであの人の前にいます。 11  ソロモン王はバアル・ハモンにブドウ園を持っていて+その管理を人に任せました。その人たちは収穫物を手にする代わりに銀1000枚を払います。 12  私のブドウ園は私のものです。ソロモン王,銀1000枚はあなたのもの,200枚は管理する人たちのものです」。 13  「ああ,庭園+に住むあなた,あなたの声を仲間たちが聞きたがっている。その声を私に聞かせてほしい+」。 14  「いとしい人,早く来て。香料の山のガゼルや若い雄鹿みたいな素早さで+」。

脚注

または,「全くの専心」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
エホバの短縮形。
もしかすると,「その人は軽蔑される」。

注釈

メディア