ソロモン​の​歌 7:1-13

7  「立派な女性,サンダルを履いたあなたの足は何と美しいのだろう!ももの丸みは,職人が作った見事な装飾品のようだ。   あなたのへそは丸い鉢。香料を混ぜたぶどう酒がいつもそこにあるようにと願う。あなたの腹部は積み上げられた小麦。ユリの花に囲まれている。   あなたの2つの乳房は,2頭の子鹿,ガゼルの双子のようだ+   あなたの首+は象牙の塔のようだ++は,バト・ラビムの門のそばにあるヘシュボン+の池のようだ。鼻は,ダマスカスの方を向くレバノンの塔のようだ。   頭はカルメルのように麗しい+豊かな髪+は紫の羊毛+のようだ。その流れる長い髪が王を魅了する。   愛する乙女,あなたは何と美しいのだろう。何と魅力的なのだろう。好ましいものの中で,あなたに並ぶものはない!   あなたの立った姿はヤシの木,乳房はナツメヤシの房のようだ+   『ヤシの木に登り,実の付いた柄をつかもう』と私は言った。あなたの乳房がブドウの房のようであってほしい。あなたの息がリンゴの香りのようであってほしい。   あなたの口が最高のぶどう酒のようであってほしい」。「そのぶどう酒がいとしいあの人のために滑らかに流れますように。唇を優しく潤し,眠りに誘い*ますように。 10  私はいとしいあの人のもの+あの人が欲しいのは私。 11  来て,いとしい人。一緒に野原に行き,ヘンナの木+の所で一休みしましょう。 12  朝早く起きてブドウ園に行きましょう。ブドウの木は芽を出したかな。花は開いたかな+ザクロの花は咲いたかな+そこであなたに愛を伝えたい+ 13  コイナス+の香りがする。いろいろな上質の果実+が戸口にある。新しい物も古い物も,いとしいあなた,あなたのために集めておいたの。

脚注

直訳,「眠っている人たちの唇にそっと流れ」。

注釈

メディア