ソロモン​の​歌 6:1-13

6  「女性の中で最も美しい人,あなたの愛する人はどこに行ったの?どっちに向かったの?一緒に捜しましょう」。   「いとしいあの人は庭園に,香料の庭に行ったの。羊を世話し,ユリの花を摘むために+   私はいとしいあの人のもの,あの人は私のもの+あの人はユリの花の間で羊を世話している+」。   「私の愛する人+,あなたはティルツァ*+のように美しく,エルサレムのように麗しい+旗に集まる軍隊のように私を圧倒する+   私を見つめないでほしい+夢中になってしまうから。あなたの髪は,ギレアデの斜面を下るヤギの群れのようだ+   あなたの歯は,洗われたばかりの羊の群れのようだ。みんな双子を産み,子を失ったことがない。   ベールに隠れた頰*は,割ったザクロのようだ。   私には60人の王妃,80人の側室,数え切れない乙女がいる+   でも,私のハト+,完璧な人はただ1人。その人の母にとって特別な娘。その人の母が産んだお気に入りの娘。女性たちはその人を見て,幸せな人と言う。王妃や側室たちも,その人を褒める。 10  『この女の人は誰?夜明けのように輝き,満月のように美しく,日の光のように清らかで,旗に集まる軍隊のようにみんなを圧倒する+』」。 11  「クルミの木の庭園+に,*の若葉を見に行きました。ブドウの木が芽を出したかどうか,ザクロの花が咲いたかどうかを見ようとして。 12  そうしたらいつの間にか,立派な*人たちが動かす兵車の所に行き着きました」。 13  「戻っておいで,戻っておいで,シュラムの乙女。戻っておいで,戻っておいで。あなたの姿を見たい!」「どうしてシュラムの乙女を見たいのですか+」。「あの乙女は2つのグループ*の踊りのようだ!」

脚注

または,「快い都市」。
または,「こめかみ」。
または,「ワジ」。
または,「快く仕える」。
または,「はマハナイム」。

注釈

メディア