ソロモン​の​歌 5:1-16

5  「私の妹,私の花嫁,庭園に入ったよ+没薬と香料を集め+蜜蜂の巣と蜂蜜を食べ,ぶどう酒と乳を飲んだよ+」。「さあ,2人とも,食べなさい!飲んで,愛の表現に酔いなさい+!」   「眠っていても,心は起きている+いとしいあの人が戸をたたく音がする!『私の妹,愛する人,戸を開けて。私のハト,完璧な人。私の頭は露でぬれ,髪は夜露で湿ってしまった+』。   長い服を脱いでしまった。また着ないといけないの?足を洗ってしまった。また汚さないといけないの?   いとしいあの人が鍵穴から手を離したので,居ても立ってもいられなかった。   あの人のために戸を開けようと起き上がった。私の手から没薬が,指から没薬の滴が取っ手に滴った。   いとしいあの人のために戸を開けた。でも,行ってしまった後だった。あの人がいなくてぼうぜんとした。捜したけれど,見つからなかった+呼んだけれど,答えがなかった。   町を巡回する見張りに会い,たたかれて傷つけられた。城壁の見張りにショール*を奪われた。   エルサレムの女性たち,誓ってください。いとしいあの人を見つけたら,私が恋に病んでいることを伝えると」。   「女性の中で最も美しい人,あなたの愛する人のどこがほかの男性よりいいというの?私たちに誓いを立てさせるなんて,あなたの愛する人のどこがほかの男性よりいいというの?」 10  「いとしいあの人は生き生きとして輝いている。1万人の中で一番目立つ。 11  あの人の頭は金,それも純金。髪はヤシの葉のようになびいていて*ワタリガラスのように黒い。 12  あの人の目は,川のほとりにいるハトみたい。乳の中で水浴びし,水の豊かな池のそば*に座るハト。 13  あの人の頰は香料の庭+香りの良いハーブの丘。唇は没薬+が滴るユリの花。 14  手はかんらん石をはめ込んだ金の筒。腹部はサファイアで覆われたつやのある象牙。 15  脚は純金の台座に据えられた大理石の柱。姿はレバノンのよう。杉のようにそびえ立つ+ 16  口はとても甘く,あの人の全てが魅力的+エルサレムの女性たち,これが私のいとしい人,私が愛する人なの」。

脚注

または,「ベール」。
もしかすると,「ナツメヤシの房のようで」。
もしかすると,「泉の縁」。

注釈

メディア