ゼパニヤ​書 1:1-18

1  ユダのおうアモン+ヨシヤ+だいに,ヒゼキヤのアマルヤのゲダリヤのクシのゼパニヤ*にエホバがかたったこと   「わたしじょうからすべてのものをいっそうする」とエホバはせんげんする+   「わたしひとけものいっそうする。とりさかな+あくにんあやまちのもと*+いっそうする。わたしじょうからひとのぞる」と,エホバはせんげんする。   「わたしはユダとエルサレムのぜんじゅうみんたいしてばす。このしょからバアルのこんせきをことごとく+さいたちを,またがいこくかみさいたちの+   おくじょうてんほしにひれもの+マルカムにくす*ことをちかいながら+,エホバにくす*ことをひれしてちかもの+   エホバにしたがうのをやめ+,エホバにみちびきをもとめたりたずねたりしないもの+」。   しゅけんしゃであるしゅエホバのまえだまっていよ。エホバのちかいからだ+エホバはせいようした。まねいたひとたちをしんせいなものにした。   「エホバのせいわたしせきにんう。こうかんたち,おうたち+がいこくふくそうをするものすべてに。   そのわたしせきにんう。だん*のぼものすべてと,しゅじんいえぼうりょくあざむきでたすものたちに」。 10  エホバはせんげんする。「その,『さかなもん+』からさけごえが,だい2+からさけこえが,おかからおおきなものおとがする。 11  マクテシュ*じゅうみんよ,さけべ。貿ぼうえきしょう*みなものにされた。ぎんはかものみなほろぼされた。 12  そのときわたしはランプをに,エルサレムをちゅうぶかさがす。『エホバはいことをしてくれないが,わるいことをもたらすわけでもない』とこころなかって,のうのうとらす*ものたちにせきにん+ 13  かれらのとみうばわれ,いえらされる+かれらはいえてても,そこにむことはない。ブドウえんつくっても,ぶどうしゅむことはない+ 14  エホバのおおいなるちか+それはちかく,すぐに*やって+エホバのにはつうおとがする+せんさけごえげる+ 15  そのげき+なんのう+あらしこうはいやみくらやみ+くもくらやみ+ 16  つのぶえとときのこえ+ぼうされたまちまちすみたかとうめられる+ 17  わたしひとびとなんをもたらす。かれらはえないかのようにあるまわ+エホバにたいしてつみおかしたからだ+かれらのつちのように,ちょうはふんのようにまかれる+ 18  エホバのげきにはぎんきんたすけにならない+かみげきじょうによってじょうぜんたいくされる+かみじょうじゅうみんすべてのほろび,おそろしいほろびをもたらすのである+」。

脚注

意味,「エホバは覆い隠した(蓄えた)」。
偶像崇拝に関係した物や行いのことと考えられる。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
または,「台」,「敷居」。王座のある壇のことかもしれない。
エルサレムの一区画で,「魚の門」の近くと思われる。
または,「商人」。
直訳,「[ぶどう酒のように]おりの上で固まっている」。
または,「急速に」。

注釈

メディア