ゼカリヤ​書 8:1-23

8  たいぐんひきいるエホバはふたたった。  「たいぐんひきいるエホバはこうう。『わたしはシオンをあいしてやまない。わたしあいじょうあつ+わたしかのじょあいしてやまない。わたしいきどおりははげしい』」。  「エホバはこうう。『わたしはシオンにもど+,エルサレムに+。エルサレムはしんじつ*ばれ+たいぐんひきいるエホバのやませいなるやまばれることになる+』」。  「たいぐんひきいるエホバはこうう。『エルサレムのひろにはふたたとしいたひとたちがすわる。ちょう寿じゅのため,みな,つえをにしている+  また,ひろは,あそどもたちであふれる+』」。  「たいぐんひきいるエホバはこうう。『そのとき,このたみのこっているひとたちにとってはむずかぎるようにおもえるかもしれない。だからといって,わたしにとってもむずかぎるのだろうか』と,たいぐんひきいるエホバはせんげんする」。  「たいぐんひきいるエホバはこうう。『わたしは,ひがし西にし*からわたしたみすく+  わたしかれらをれてくる。かれらはエルサレムに+かれらはわたしたみとなり,しんじつ*かみただしいかみであるわたしかれらのかみとなる+』」。  「たいぐんひきいるエホバはこうう。『げんしゃたちからいまこのこといているひとたち+ゆう*なさい+。このことは,しん殿でんてるため,たいぐんひきいるエホバのいえだいえられたかたられたのとおなことである。 10  そのときよりまえひとちくも,はたらいてもむくわれなかった+てきのせいであんぜんたびをすることができなかった。わたしは,みながぶつかりうままにしていたからである』。 11  たいぐんひきいるエホバはせんげんする。『しかしいまは,このたみのこっているひとたちをぜんのようにあつかうことはしない+ 12  へいたねがまかれる。ブドウのけ,だいみのりがあり+てんつゆをもたらす。わたしはこのたみのこっているひとたちにこのすべてをあたえる+ 13  ユダのたみとイスラエルのたみよ,あなたたちはくにぐにあいだこうしょうちょうだったが+わたしはあなたたちをすくい,あなたたちはしゅくふくしょうちょうとなる+おそれてはいけない+ゆう*なさい+』。 14  たいぐんひきいるエホバはこうう。『たいぐんひきいるエホバはう。「あなたたちのわたしいきどおらせたので,かつてわたしはあなたたちにわざわいをもたらすとめ,けってい*なかった+ 15  こんは,エルサレムとユダのたみいことをおこなうとめた+おそれてはいけない+!」』 16  『あなたたちはつぎのようにすべきである。しんじつかたいなさい+もんところでのさばきにしんじつへいがあるようにしなさい+ 17  たがいにたいしてこころなかで,わざわいとなることをたくらんではいけない+いつわりのちかいをして*はいけない+。これらはどれもわたしにくむことである+』と,エホバはせんげんする」。 18  たいぐんひきいるエホバはふたたわたしった。 19  「たいぐんひきいるエホバはこうう。『だい4のつきだんじき+だい5のつきだんじき+だい7のつきだんじき+だい10のつきだんじき+は,ユダのたみにとってかんよろこびのときよろこびのまつりとなる+。だから,しんじつへいあいしなさい』。 20  たいぐんひきいるエホバはこうう。『くにぐにおおくのまちじゅうみんがやってときる。 21  1つのまちじゅうみんべつまちじゅうみんところって,「さあ,せいじつこころでエホバにめぐみをもとめにこう。たいぐんひきいるエホバにつかえよう。わたしいっしょく」と+ 22  おおくのひとびとつよくにぐにが,たいぐんひきいるエホバにつかえるため,エホバにめぐみをもとめるため,エルサレムにやって+』。 23  たいぐんひきいるエホバはこうう。『そのとき,あらゆるげんくにぐにからた10にんひと+が,1人ひとりのユダヤじんながふく*をつかむ。しっかりつかんで,「あなたたちといっしょかせてほしい+かみがあなたたちとともにいる,といたからだ」と+』」。

脚注

または,「忠実」。
または,「日が昇る土地と日が沈む土地」。
または,「信頼できる」。
直訳,「手を強くし」。
直訳,「手を強くし」。
または,「悔やま」。
直訳,「を愛して」。
または,「服の端」。

注釈

メディア