ゼカリヤ​書 8:1-23

8  大軍を率いるエホバは再び言った。  「大軍を率いるエホバはこう言う。『私はシオンを愛してやまない。私の愛は非常に熱い+。私は彼女を愛してやまない。私の憤りは激しい』」。  「エホバはこう言う。『私はシオンに戻り+,エルサレムに住む+。エルサレムは真実*の都市と呼ばれ+,大軍を率いるエホバの山は聖なる山と呼ばれることになる+』」。  「大軍を率いるエホバはこう言う。『エルサレムの広場には再び年老いた人たちが座る。長寿のため,皆,つえを手にしている+  また,都市の広場は,遊ぶ子供たちであふれる+』」。  「大軍を率いるエホバはこう言う。『その時,この民の残っている人たちにとっては難し過ぎるように思えるかもしれない。だからといって,私にとっても難し過ぎるのだろうか』と,大軍を率いるエホバは宣言する」。  「大軍を率いるエホバはこう言う。『私は,東と西の土地*から私の民を救い出す+  私は彼らを連れてくる。彼らはエルサレムに住む+。彼らは私の民となり,真実の*神,正しい神である私が彼らの神となる+』」。  「大軍を率いるエホバはこう言う。『預言者たちから今この言葉を聞いている人たち+,勇気を出し*なさい+。この言葉は,神殿を建てるため,大軍を率いるエホバの家の土台が据えられた日に語られたのと同じ言葉である。 10  その時より前,人も家畜も,働いても報われなかった+。敵のせいで安全に旅をすることができなかった。私は,皆がぶつかり合うままにしていたからである』。 11  大軍を率いるエホバは宣言する。『しかし今は,この民の残っている人たちを以前のように扱うことはしない+ 12  平和の種がまかれる。ブドウの木が実を付け,大地に実りがあり+,天は露をもたらす。私はこの民の残っている人たちにこの全てを与える+ 13  ユダの民とイスラエルの民よ,あなたたちは国々の間で不幸の象徴だったが+,私はあなたたちを救い,あなたたちは祝福の象徴となる+。恐れてはいけない+! 勇気を出し*なさい+』。 14  大軍を率いるエホバはこう言う。『大軍を率いるエホバは言う。「あなたたちの父祖が私を憤らせたので,かつて私はあなたたちに災いをもたらすと決め,決定を変え*なかった+ 15  今度は,エルサレムとユダの民に良いことを行うと決めた+。恐れてはいけない+!」』 16  『あなたたちは次のようにすべきである。真実を語り合いなさい+。門の所での裁きに真実と平和があるようにしなさい+ 17  互いに対して心の中で,災いとなることをたくらんではいけない+。偽りの誓いをして*はいけない+。これらはどれも私が憎むことである+』と,エホバは宣言する」。 18  大軍を率いるエホバは再び私に言った。 19  「大軍を率いるエホバはこう言う。『第4の月の断食+,第5の月の断食+,第7の月の断食+,第10の月の断食+は,ユダの民にとって歓喜と喜びの時,喜びの祭りとなる+。だから,真実と平和を愛しなさい』。 20  大軍を率いるエホバはこう言う。『国々と多くの町の住民がやって来る時が来る。 21  1つの町の住民が別の町の住民の所に行って,「さあ,誠実な心でエホバに恵みを求めに行こう。大軍を率いるエホバに仕えよう。私も一緒に行く」と言う+ 22  多くの人々や強い国々が,大軍を率いるエホバに仕えるため,エホバに恵みを求めるため,エルサレムにやって来る+』。 23  大軍を率いるエホバはこう言う。『その時,あらゆる言語の国々から来た10人の人+が,1人のユダヤ人の長い服*をつかむ。しっかりつかんで,「あなたたちと一緒に行かせてほしい+。神があなたたちと共にいる,と聞いたからだ」と言う+』」。

脚注

または,「忠実」。
または,「日が昇る土地と日が沈む土地」。
または,「信頼できる」。
直訳,「手を強くし」。
直訳,「手を強くし」。
または,「悔やま」。
直訳,「を愛して」。
または,「服の端」。

注釈

メディア