ゼカリヤ​書 7:1-14

7  ダリウス王の治世の第4年,第9の月つまりキスレウ*の月の4日に,エホバはゼカリヤ+に言葉を伝えた。  ベテルの人たちは,エホバの恵みを求めようとして,シャルエツェルと,レゲム・メレクとその部下たちを送り出し,  大軍を率いるエホバの家*の祭司たちと預言者たちにこう尋ねさせた。「これまで私たち*が何年もしてきたように,第5の月+に泣き悲しんで食事を控えるべきでしょうか」。  大軍を率いるエホバが再び私に言った。  「この土地の民全てと祭司たちに言いなさい。『あなたたちは,70年にわたって+第5の月と第7の月+に断食をして泣き叫んだ時,本当に私のために断食をしたのか。  食べて飲む時も,自分のために食べて飲んだのではないか。  エルサレムと周辺の町に人が住んでいて平和であり,ネゲブにもシェフェラにも人が住んでいた頃,エホバが当時の預言者たちを通して伝えた言葉に,あなたたちは従うべきではないか+』」。  エホバは再びゼカリヤに言った。  「大軍を率いるエホバはこう言う。『正しく公正に裁きなさい+。揺るぎない愛+と憐れみを示し合いなさい。 10  やもめや父親のいない子供*+,外国人+や貧しい人からだまし取ってはならない+。互いに対して心の中で悪をたくらんではならない+』。 11  彼らは注意を払おうとせず+,頑固に背を向け+,耳をふさいで聞こうとしなかった+ 12  心をダイヤモンド*のように硬くし+,大軍を率いるエホバが聖なる力によって当時の預言者たちを通して伝えた律法*や言葉に従わなかった+。そのため,大軍を率いるエホバの激しい憤りが向けられた+ 13  大軍を率いるエホバは言う。『彼らは,私が呼んでも聞かなかった+。それで私も,彼らが呼んでも聞かなかった+ 14  私は彼らを,知らない国々の中に暴風で散らした+。彼らが去った土地は荒廃したままになり,通り過ぎる人も戻ってくる人もいない+。彼らはその美しい土地を,人々が見聞きすると恐怖を抱くような場所に変えてしまったのである』」。

脚注

付録B15参照。
または,「神殿」。
直訳,「私」。
または,「孤児」。
もしかすると,「硬い石」。
または,「指示」。

注釈

メディア