ゼカリヤ​書 5:1-11

5  わたしふたたげると,まきものんでいるのがえた。  てん使わたしった。「なにえますか」。 わたしこたえた。「まきものんでいるのがえます。そのながさは10メートルほど,はばは5メートルほどです」。  かれった。「それはじょうぜんたいうえていくわざわいです。いっぽうめんに,ぬすむならわざわいをける+かれているのに,ぬすひとみなしょばつされないでいるから,また,もういっぽうめんに,いつわりのちかいをするならわざわいをける+かれているのに,いつわりのちかいをするひとみなしょばつされないでいるからです。  たいぐんひきいるエホバはせんげんしています。『わたしがそれをおくんだ。それは,ぬすひといえと,わたしによっていつわりのちかいをするひといえはいる。それはいえなかにとどまり,いえざいもくいしもろともほろぼしくす』」。  わたしはなしていたてん使まえて,わたしった。「げて,なにていくかてください」。  わたしは,「これはなんですか」とたずねた。 かれは「これは,ていくけいりょうよう*です」とこたえ,さらに,「これはじょう*ぜんたいひとびとじょうたいです」とった。  それから,なまりまるいふたがげられるのがえた。すると,ようなかじょせいすわっていた。  かれは,「このじょせいは『じゃあく』といいます」とった。かれじょせいけいりょうようなかもどし,なまりのふたをようくちけるようにしてかぶせた。  わたしげると,2人ふたりじょせいるのがえた。2人ふたりかぜけてんでいて,コウノトリのつばさのようなつばさがあった。2人ふたりけいりょうようてんあいだげた。 10  わたしは,わたしはなしていたてん使たずねた。「2人ふたりけいりょうようをどこにっていくのですか」。 11  かれこたえた。「シナル*+です。あのじょせいのためにそこにいえてるのです。いえがると,じょせいはそこにかれます。かのじょにふさわしいしょです」。

脚注

直訳,「エファ」。ここでは22リットルが入る容器を指す。付録B14参照。
または,「この土地」。
バビロニアのこと。

注釈

メディア