ゼカリヤ​書 12:1-14

12  宣告。 「イスラエルに関するエホバの言葉」とエホバは宣言する。天を広げ+,地の土台を据え+,人の内に命*を与える神が宣言する。  「私はエルサレムを,周囲のあらゆる民をふらつかせる杯*とする。ユダが,エルサレムが包囲される+  その日,私はエルサレムをあらゆる民にとって重い*石とする。それを持ち上げる者は皆,必ず重傷を負う+。地上のあらゆる国がエルサレムを攻めに集まる+」。  エホバは宣言する。「その日,私は全ての馬を打って混乱させ,乗り手を打って気を狂わせる。私はユダの民を見守り,国々の全ての馬を打って失明させる。  ユダの首長*たちは心の中で,『エルサレムの住民は,大軍を率いる神エホバのゆえに私の力だ+』と言う。  その日,私はユダの首長たちを,まきの間の火の燃えるつぼのように,刈り取って並べた穀物の間の燃えるたいまつのようにする+。彼らは,右に左に周囲のあらゆる民を焼き尽くす+。そしてエルサレムの住民は自分の都市エルサレムに再び住む+  エホバはまずユダの天幕を救う。ダビデの子孫とエルサレムの住民がユダに比べて美しくなり*過ぎないようにするためである。  その日,エホバはエルサレムの住民を守る+。その日,彼らの中の最も弱い*人はダビデのようになり,ダビデの子孫は神のように,彼らの前を行くエホバの天使のようになる+  その日,私はエルサレムを攻めに来る国々全てを必ず滅ぼす+ 10  私は聖なる力をダビデの子孫とエルサレムの住民に注ぐ。彼らは私の好意を得,祈願を捧げる。彼らは自分たちが刺し通した人を見つめ+,独り子について泣き叫ぶかのように泣き叫び,長男について悲しむかのようにひどく悲しむ。 11  その日,エルサレムの泣き叫ぶ声は,メギド+の平原のハダドリモンの泣き叫ぶ声のように大きくなる。 12  この土地は一族ごとに泣き叫ぶ。ダビデ氏族は自分たちだけで泣き叫び,女性たちは女性たちだけで泣き叫ぶ。ナタン+氏族は自分たちだけで泣き叫び,女性たちは女性たちだけで泣き叫ぶ。 13  レビ+族は自分たちだけで泣き叫び,女性たちは女性たちだけで泣き叫ぶ。シムイ+氏族は自分たちだけで泣き叫び,女性たちは女性たちだけで泣き叫ぶ。 14  残りの全ての氏族も,各氏族が自分たちだけで泣き叫び,女性たちは女性たちだけで泣き叫ぶ。

脚注

または,「息」。
または,「鉢」。
または,「重荷の」。
部族の長のこと。
または,「輝き」。
直訳,「つまずく」。

注釈

メディア