ゼカリヤ​書 1:1-21

1  ダリウスの治世の第2年+,第8の月に,エホバはイドの子ベレクヤの子である預言者ゼカリヤ*+にこう言った。  「エホバはあなたたちの父たちに激しく憤った+  彼らに言いなさい。『大軍を率いるエホバはこう言う。「『私のもとに戻りなさい』と大軍を率いるエホバは言う。『そうすれば,私もあなたたちのもとに戻ろう+』と大軍を率いるエホバは言う」』。  『父たちのようになってはいけない。当時の預言者たちは彼らに,「大軍を率いるエホバはこう言っている。『悪い生き方や行いをやめ,どうか戻ってきてほしい+』」と伝えた』。 『それでも彼らは聞かず,私に注意を向けなかった+』とエホバは宣言する。  『あなたたちの父たちはすでに死んだ。当時の預言者たちはもう生きてはいない。  だが,父たちは,私に仕えた預言者たちに私が命じた言葉と宣言がその通りになるのを目の当たりにしたのではないか+』。それで彼らは私のもとに戻り,『大軍を率いるエホバは,心に決めた通りに,私たちの生き方や行いに応じて私たちを扱われた』と言った+」。  ダリウスの治世の第2年+,第11の月つまりシェバト*の月の24日,エホバは,イドの子ベレクヤの子である預言者ゼカリヤに幻を見せた。  その夜,私は,赤い馬に乗った人を見た。その人は谷間にあるギンバイカの木々の間で立ち止まった。その後ろには,赤や赤茶や白の馬もいた。  それで私は言った。「これらの馬に乗っている人たちは誰なのでしょうか」。 私と話していた天使は答えた。「これらの人が誰なのか,教えましょう」。 10  するとギンバイカの木々の間で立ち止まっていた人が言った。「これらの人は,地上を巡回するようにとエホバから遣わされました」。 11  それらの人は,ギンバイカの木々の間に立っていたエホバの天使に言った。「地上を巡回してきました。どこも静かで平穏です+」。 12  エホバの天使は言った。「大軍を率いるエホバ,あなたはいつまでエルサレムとユダの町々に憐れみを示されないのでしょうか+。この70年間,あなたは憤っておられます+」。 13  エホバは,私と話していた天使に,優しい慰めの言葉で答えた。 14  それから,私と話していた天使が私に言った。「大声で言いなさい。『大軍を率いるエホバはこう言っています。「私はエルサレムとシオンを愛してやまない。私の愛は非常に熱い+ 15  安楽にしている国々については憤っている。私の憤りは激しい+。なぜなら,私はわずかに憤っただけだったにもかかわらず+,それらの国々がもたらした災難は行き過ぎたものだったからだ+」』。 16  それでエホバはこう言っています。『「私は憐れみを抱いてエルサレムに戻り+,私の家がそこに建てられる+。測り綱がエルサレムの上に伸ばされる+」と,大軍を率いるエホバは宣言する』。 17  もう一度大声で言いなさい。『大軍を率いるエホバはこう言っています。「私の町々は再び良いものであふれるようになる。エホバは再びシオンを慰め+,再びエルサレムを選ぶ+」』」。 18  それから私が目を上げると,4本の角が見えた+ 19  それで,私と話していた天使に,「これらは何ですか」と尋ねた。彼は,「ユダ+とイスラエル+とエルサレムを追い散らした角です+」と答えた。 20  さらにエホバは私に4人の職人を見せた。 21  私は,「これらの人は何をしに来るのですか」と尋ねた。 すると,「それらの角は,ユダを追い散らして,誰も頭を上げられないようにした角です。一方,これらの人たちは,角をおびえさせるために来ます。ユダに向かって角を上げて追い散らそうとする国々の角を投げ倒すために来るのです」という答えが返ってきた。

脚注

意味,「エホバは覚えた」。
付録B15参照。

注釈

メディア