サムエル​記​第​二 9:1-13

9  ダビデはった。「サウルにはのこっているひとだれかいますか。ヨナタンのために,るぎないあいしめしたいのです+」。  サウルにはツィバというらいがおり+,ダビデのもとにばれた。おうが「あなたがツィバですか」とたずねると,かれは「わたしはあなたにつかえるものです」とこたえた。  おうつづけた。「サウルのこっているひとだれかいますか。かみるぎないあいあらわしたいのです」。ツィバはおうこたえた。「ヨナタンの1人ひとりいます。りょうあしゆうひとです+」。  おうたずねた。「そのひとはどこにいますか」。ツィバはおうこたえた。「ロ・デバルのアミエルのマキル+いえにいます」。  ダビデおうただちに,ロ・デバルのアミエルのマキルのいえからそのひとれてこさせた。  サウルのヨナタンのメピボセテがダビデのもとにやってて,すぐにひれした。ダビデが「メピボセテ!」とうと,かれは「はい,おうよ」とった。  ダビデはった。「おそれることはありません。あなたのちちおやヨナタンのために,わたしかならずあなたにるぎないあいしめします+。あなたのサウルのすべてあなたにかえします。あなたはいつもわたししょくたくしょくをすることになります+」。  メピボセテはひれして,「わたしなにものだというので,わたしのようなんだいぬ+めてくださるのですか」とった。  おうはサウルのじゅうしゃツィバをれてこさせ,こうった。「サウルとそのいっぜんたいのものをすべて,あなたのしゅじんまごあたえます+ 10  かれのためにあなたはたがやしてください。あなたのたちも使つかいたちもです。あなたはみのったものあつめ,あなたのしゅじんまごぞくしょくもつとしてあたえます。あなたのしゅじんまごメピボセテは,いつもわたししょくたくしょくをすることになります+」。 ツィバには15にん息子むすこと20にん使つかいがいた+ 11  ツィバはおうった。「おうがおめいじになることはぜんいたします」。こうしてメピボセテはおう1人ひとりのようにダビデのしょくたくしょくをするようになった。 12  メピボセテにはミカ+というおさな息子むすこがいた。ツィバのいえひとみな,メピボセテの使つかいになった。 13  メピボセテはエルサレムにみ,いつもおうしょくたくしょくをした+かれりょうあしゆうだった+

脚注

注釈

メディア