サムエル​記​第​二 8:1-18

8  その,ダビデはフィリスティアじん+やぶってせいあつした+。そしてフィリスティアじんからメテグ・アマをった。  ダビデはモアブじんやぶった+。そしてかれらをめんよこにならせてなわはかった。なわ2ほんぶんひとたちをころし,なわ1ぽんぶんひとたちをかしておくためである+。こうしてモアブじんはダビデにつかえ,みつものおさめることになった+  ダビデは,ツォバ+おうレホブのハダドエゼルをやぶった。ハダドエゼルがユーフラテスがわ+きんでのけんりょくもどそうとしててきたときのことだった。  ダビデはしゅ1700にんへい2まんにんらえた。また,100とうのぞいてすべてのへいしゃうま+ひざのけんをった。  ダマスカス+のシリアじんがツォバのハダドエゼルおうたすけにとき,ダビデはシリアじん2まん2000にんった+  ダビデはシリアのダマスカスにしゅたいいた。こうしてシリアじんはダビデにつかえ,みつものおさめることになった。ダビデはどこにっても,エホバのおかげでしょうした*+  ダビデはまた,ハダドエゼルのらいたちからきんまるだてり,エルサレムにってきた+  ハダドエゼルのまち,ベタハとベロタイからは,たいりょうどううばった。  さて,ハマト+のトイおうは,ダビデがハダドエゼルのぜんぐんぜいやぶったことをいた+ 10  それでトイはぶんヨラムをダビデおうのもとにつかわしてあいさつさせ,ハダドエゼルをやぶったことへのしゅくつたえさせた。(ハダドエゼルとトイはよくたたかっていたのである。)ヨラムは,ぎんきんどうしなじなってきた。 11  ダビデおうはそれらをしんせいなものとしてエホバにささげた。ぜんせいあつしたくにぐにからうばったぎんきんも,おなじようにしんせいなものとしていた+ 12  シリアやモアブ+,アンモンじん,フィリスティアじん+,アマレクじん+,ツォバのおうレホブのハダドエゼルからうばったものである+ 13  また,ダビデはしおたにでエドムじん1まん8000にんって+かえってきて,げた。 14  ダビデはエドムにしゅたいいた。エドムぜんしゅたいき,エドムじんみな,ダビデにつかえることになった+。ダビデはどこにっても,エホバのおかげでしょうした*+ 15  ダビデはイスラエルぜんたいおさつづけた+たみすべてにたいして+こうせいただしいことをおこなった+ 16  ツェルヤのヨアブ+ぐんたいちょう,アヒルドのエホシャファト+ろくかんだった。 17  アヒトブのザドク+とアビヤタルのアヒメレクはさい,セラヤはしょかんだった。 18  エホヤダのベナヤ+はケレトじんとペレトじんをまとめ+,ダビデのたちはほうしゃちょう*になった。

脚注

または,「に救い出された」。
または,「に救い出された」。
直訳,「は祭司」。

注釈

メディア