サムエル​記​第​二 6:1-23

6  ダビデはふたたびイスラエルのせいえい3まんにんすべあつめた。  ダビデとともにいたたちみなは,しんかみはこはこすため+,バアレ・ユダにかった。そのはこまえひとびとは,ケルブたちのうえ*おうとしてすわっている+たいぐんひきいるエホバ+ぶ。  かれらは,しんかみはこおかうえのアビナダブのいえからどうさせるため,あたらしいぎゅうしゃうえせた+。アビナダブ+たちであるウザとアフヨがあたらしいぎゅうしゃせんどうしていった。  こうしてしんかみはこは,おかうえのアビナダブのいえからはこされた。アフヨがはこまえあるいていた。  ダビデとイスラエルこくみんぜんたいは,ネズのでできたさまざまながっ,たてごとげんがっ+,タンバリン+,シストラム,シンバル+によって,エホバのまえいわっていた。  しかし,ナコンのだっこくまでときうししんかみはこをひっくりかえしそうになったため,ウザはしてそれをつかんだ+  するとウザにたいしてエホバのいかりがえ,しんかみはそのでウザをった+かれけいこうをしたからである+かれしんかみはこのそばでんだ。  ダビデは,エホバがウザにいきどおりをあらわしたためにおこった*。そのしょはペレツ・ウザ*ばれて,いまいたっている。  ダビデはその,エホバをおそれて+,「エホバのはこをどうしてわたしところっていけるだろうか」とった+ 10  ダビデはエホバのはこを「ダビデのまち+」のぶんのもとにっていこうとはせず,ガト*ひとオベデ・エドムのいえどうさせた+ 11  エホバのはこはガトのひとオベデ・エドムのいえに3カげつかんかれ,エホバはオベデ・エドムといえひとたちみなしゅくふくつづけた+ 12  「エホバは,しんかみはこのゆえにオベデ・エドムのいえとそのすべてのものをしゅくふくした」というらせがダビデおうつたえられた。そこでダビデはしんかみはこをオベデ・エドムのいえから「ダビデのまち」にはこぶため,よろこびながらけていった+ 13  エホバのはこかつひとたち+が6すすむと,ダビデはうしえたちくせいとしてささげた。 14  ダビデはエホバのまえちからいっぱいおどり,くるくるとまわっていた。そのあいだずっと,ぬののエフォドをていた+ 15  ダビデとイスラエルこくみんぜんたいは,かんせい+つのぶえらしながら+,エホバのはこ+はこんでいった。 16  エホバのはこが「ダビデのまち」にはいったとき,サウルのむすめミカル+まどからろし,ダビデおうがエホバのまえねておどり,くるくるとまわっているのをた。ミカルはこころなかでダビデのことをけいべつした+ 17  こうしてエホバのはこはこれられ,ダビデがはこのためにったてんまくなかしょていかれた+。そのダビデはエホバのまえ+ぜんしょうささもの+きょうしょくせい+ささげた。 18  ダビデはぜんしょうささものきょうしょくせいささえると,たいぐんひきいるエホバのによって,たみのためにしゅくふくねがもとめた。 19  さらにダビデは,すべてのたみ,イスラエルのぜんぐんしゅう一人ひとり一人ひとりに,だんせいにもじょせいにも,がたパン1,ナツメヤシの1しぶどうの1くばった。それからたみみな,それぞれいえかえった。 20  ダビデが,ぶんいえひとたちのためにしゅくふくねがもとめようとしてもどると,サウルのむすめミカル+むかえにてきて,こうった。「イスラエルのおう今日きょうなんげんがあったのでしょう。まるでおろものはだかをさらすように,使つかいのおんなれいたちのまえはだかになったのですから+」。 21  ダビデはミカルにった。「あのいわいはエホバのまえでしたことだ。かみは,あなたのちちいえひとたちではなくわたしえらんで,エホバのたみイスラエルのどうしゃにんめいしてくださった+。だから,わたしはこれからもエホバのまえいわい, 22  こんかいよりもいっそうけんそんになり,ぶんひくたちものる。あなたがったおんなれいたちが,わたしをたたえるだろう」。 23  サウルのむすめミカル+は,ぬまでどもがいなかった。

脚注

もしかすると,「間」。
または,「気分を害した」。
意味,「ウザへのさく裂」。
ガト・リモンのことかもしれない。

注釈

メディア