サムエル​記​第​二 21:1-22

21  ダビデの時代に3年連続で飢饉+が起き,ダビデはエホバに相談した。するとエホバは言った。「サウルとその一家には流血の罪がある。サウルがギベオンの人たちを殺したからである+」。  それで王はギベオンの人たち+を呼び寄せて話した。(ギベオンの人たちはイスラエル人ではなく,アモリ人+の生き残りだった。イスラエル人はかつて彼らに危害を加えないと誓っていたが+,サウルはイスラエルとユダの民への極端な愛ゆえに,彼らを討とうとした。)  ダビデはギベオンの人たちに言った。「私は皆さんのために何ができますか。どんな償いをすれば,皆さんはエホバの民のために祝福を願ってくれますか」。  ギベオンの人たちは言った。「サウルとその家の人たちのことは銀や金の問題ではありません+。また,私たちがイスラエルで誰かを殺すこともできません」。ダビデは言った。「皆さんの言うことは何でも皆さんのために行います」。  彼らは王に言った。「私たちを絶滅させようとした人,イスラエルの領土では生きていけないよう私たちを滅ぼし尽くそうとした人+  その人の子孫の中から7人を私たちに引き渡してください。エホバが選んだ人+であるサウルの町ギベア+で,エホバの前に彼らの遺体をつるし*ます+」。それで王は,「引き渡しましょう」と言った。  しかし王は,サウルの子ヨナタンの子メピボセテ+に同情を覚えた。ダビデとサウルの子ヨナタンは,エホバの前で誓いを交わしていたからである+  それで王は,サウルとアヤの娘リツパ+との間に生まれた2人の息子アルモニとメピボセテと,メホラ*の人バルジライの子アドリエル+とサウルの娘ミカル*+との間に生まれた5人の息子を集め,  ギベオンの人たちに引き渡した。ギベオンの人たちは彼らの遺体を山でエホバの前につるした+。収穫の初めの頃,大麦の収穫の初めの頃に7人は処刑され,一緒に死んだ。 10  アヤの娘リツパ+は粗布を取り,収穫の初めから雨が遺体に降り注ぐ時まで,それを岩の上に広げた。昼は鳥が降りてこないよう,夜は野生動物が近寄らないようにしたのである。 11  サウルの側室,アヤの娘リツパがしたことがダビデに伝えられた。 12  ダビデは,サウルとその子ヨナタンの骨を取りに,ヤベシュ・ギレアデ+の指導者*たちの所に行った。その人たちは以前,フィリスティア人がギルボア+でサウルを討った時に遺体をつるしたベト・シャンの広場から,それをひそかに奪ってきたのである。 13  ダビデはサウルとその子ヨナタンの骨をそこから運んだ。処刑された*人たち+の骨も集められた。 14  サウルとその子ヨナタンの骨は,ベニヤミンの土地ツェラ+にあるサウルの父キシュ+の墓に葬られた。王が命じたことは全て実行され,その後,神は国に関する願いを聞き入れた+ 15  フィリスティア人とイスラエルの戦いが再び起きた+。ダビデと家来たちは下っていき,フィリスティア人と戦ったが,ダビデは非常に疲れた。 16  レファイム人+の子孫イシュビ・ベノブがダビデを討とうと狙った。彼は重さ約3キロの銅のやり+と新しい剣で武装していた。 17  すぐにツェルヤの子アビシャイ+が助けに来て+,そのフィリスティア人を殺した。するとダビデの部下たちは,ダビデにこう言って譲らなかった*。「もう私たちと一緒に戦いには来ないでください+。イスラエルの明かりを消してはいけません+!」 18  その後,ゴブでまたフィリスティア人との戦いが起き+,フシャ人シベカイ+がレファイム人+の子孫サフを討った。 19  ゴブでまたもフィリスティア人との戦いが起き+,ベツレヘムの人ヤアレ・オレギムの子エルハナンがガトの人ゴリアテを討った。ゴリアテのやりの柄は,機織りが使う巻き棒のように太かった+ 20  ガトでまたしても戦いが起きた。そこには,手と足にそれぞれ指が6本あり,合わせて24本の指がある巨人がいた。その人もレファイム人の子孫だった+ 21  彼はイスラエルをあざけっていたので+,ダビデの兄弟シムイ+の子ヨナタンが彼を討った。 22  以上の4人はガトのレファイム人の子孫で,ダビデと家来たちの手によって倒された+

脚注

直訳,「彼らをさらし」。
アベル・メホラのことと考えられる。
もしかすると,「メラブ」。
もしかすると,「地主」。
直訳,「さらされた」。
直訳,「誓った」。

注釈

メディア