サムエル​記​第​二 2:1-32

2  そのダビデはエホバにたずねた+。「ユダのまちのぼっていくとよいでしょうか」。エホバは,「のぼっていきなさい」とった。ダビデはさらにたずねた。「どこへのぼっていくとよいですか」。かみは,「ヘブロン+へ」とこたえた。  そこでダビデは,2人ふたりつま,エズレルのアヒノアム+と,かつてカルメルのひとナバルのつまだったアビガイル+れ,そこへのぼっていった。  ダビデは,ともにいたひとたちやそれぞれのいえひとたちもれていった+かれらはヘブロンとしゅうへんまちんだ。  そこへユダのひとたちがやってて,ダビデにあぶらそそいで*ユダぞくおうとした+ ダビデのもとに,「ヤベシュ・ギレアデのひとたちがサウルをほうむった」というらせがあった。  それでダビデはヤベシュ・ギレアデのひとたちのところ使しゃたちをおくり,こうつたえさせた。「みなさんがエホバにしゅくふくされますように。サウルをほうむり,おうへのるぎないあいしめしたからです+  エホバがみなさんにるぎないあいしめし,ささつづけてくださいますように。みなさんがしたことのゆえに,わたしみなさんにしんせつにします+  それでいまちからふるこし*ゆうしてください。サウルおうに,ユダぞくわたしあぶらそそいでおうとしたのです」。  いっぽう,サウルのぐんたいちょう,ネルのアブネル+は,サウルのイシ・ボセテ+れてマハナイム+わたり,  イシ・ボセテを,ギレアデ+,アシュルじん,エズレル+,エフライム+,ベニヤミン,イスラエルぜんたいおうにした。 10  サウルのイシ・ボセテは40さいでイスラエルのおうになり,2ねんおさめた。ただ,ユダぞくはダビデをした+ 11  ダビデがヘブロンでユダぞくおうだったかんは7ねん6カげつだった+ 12  やがてネルのアブネルと,サウルのイシ・ボセテのらいたちはマハナイム+てギベオン+かった。 13  ツェルヤ+ヨアブ+と,ダビデのらいたちもていき,りょうたいはギベオンのいけのそばであいたいした。いけいっぽうがわほうがわにそれぞれがすわった。 14  アブネルがヨアブにった。「わかものして,われわれのまえたたかわせる*のはどうか」。ヨアブは,「そうしよう」とった。 15  それで,ベニヤミンとサウルのイシ・ボセテのがわから12にん,ダビデのらいなかから12にんどうすうひとたちががってすすた。 16  かれらはあたまをつかみい,つるぎあいわきばらし,みなともたおれた。それで,ギベオンのそのしょはヘルカト・ハツリム*ばれた。 17  そのたたかいはじょうはげしくなり,アブネルとイスラエルのひとたちはダビデのらいたちのまえやぶられた。 18  ところで,そこにはツェルヤ+の3にん息子むすこ,ヨアブ+,アビシャイ+,アサエル+がいた。アサエルははらのガゼルのようにあしはやかった。 19  アサエルはアブネルのあとった。みぎにもひだりにもそれずにっていった。 20  アブネルはいて,「アサエル,おまえなのか」とい,アサエルは「そうだ」とこたえた。 21  するとアブネルはった。「みぎひだりってわかもの1人ひとりつかまえ,なんでもしいものれ」。しかしアサエルはうのをやめようとしなかった。 22  それでアブネルはもういちアサエルにった。「わたしうのはやめておけ。おまえをつわけにはいかない。おまえのきょうだいヨアブにわせるかおがなくなる」。 23  それでもアサエルはうのをやめなかった。それでアブネルは,やりのいしきでアサエルのふくした+。やりはうしろからて,アサエルはたおれ,そのんだ。アサエルがたおれてんだしょひとみな,そこでまるのだった。 24  ヨアブとアビシャイもアブネルのあとった。しずころかれらはアマのおかた。そこはギベオンのこうへのじょうにあるギアハにめんしていた。 25  ベニヤミンぞくひとたちがアブネルのうしろにあつまり,いちだんとなっておかのてっぺんにっていた。 26  アブネルはヨアブにけた。「つるぎをいつまでもるいうつもりなのか。けっきょくさんなことになるだけだとおもわないのか。いつになったらへいたちに,きょうだいたちをうのをやめるようするのか」。 27  ヨアブはった。「きているしんかみけてう。もしもおまえがいださなかったなら,へいたちはきょうだいたちをうのをあさまでやめなかっただろう」。 28  ヨアブがつのぶえいたので,へいたちはイスラエルをうのをやめ,たたかいはわった。 29  アブネルとたちはひとばんかけてアラバ*+とおけ,ヨルダンがわわたり,けいこく*ぜんいきとおってマハナイム+いた。 30  ヨアブはアブネルをうのをやめてかえしたあとへいぜんいんしゅうごうさせた。すると,ダビデのらい19にんとアサエルがいなくなっていた。 31  いっぽう,ベニヤミンぞくひとたちとアブネルのたちは,ダビデのらいたちにやぶられ,360にんんでいた。 32  アサエル+はこばれて,ベツレヘム+にあるちちはかほうむられた。ヨアブとたちはひとばんじゅうどうし,がたヘブロン+いた。

脚注

用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「手を強くし」。
または,「勝負させる」。
意味,「火打ち石の小刀の野原」。
用語集参照。
もしかすると,「ビトロン」。

注釈

メディア