サムエル​記​第​二 19:1-43

19  ヨアブのところに,「おうがアブサロムのことでき,なげかなしんでいる+」というほうこくがあった。  そのため,へいたちみなにとって,そのしょう*よろこびはなげきにわった。息子むすこのことでおうかなしんでいるといたからである。  へいたちはそのくつじょくのうちにはいそうするひとたちのように,ひっそりとまちかえった+  おうかおおおい,「わがアブサロム! わが,わがアブサロム+!」とおおごえさけんでいた。  ヨアブはおうがいるいえはいり,こうった。「あなたは今日きょうらいたちみなはじをかかせました。かれらはあなたのいのちすくい,息子むすこ+むすめ+つまそくしつ+いのちすくったのではないですか。  あなたは,あなたをにくひとたちをあいし,あなたをあいするひとたちをにくんでいます。あなたが今日きょうしていることからすれば,あなたにとってちょうらいたちはたいしてじゅうようではありません。今日きょうアブサロムがきていてわたしたちがんでいるほうが,あなたにとってはよかったのだとおもいます。  さあ,がってていき,らいたちをあんしんさせてください。わたしはエホバにけてちかいます。もしあなたがていかないなら,こんだれもあなたのもとにとどまりません。そうなれば,わかときからこれまでにあなたにかったどんなさいなんよりもひどいことがきるでしょう」。  そこでおうがり,まちもんところすわった。そしてたみみな,「おうもんところすわっている」とらされ,おうまえにやってた。 いっぽう,イスラエルは,それぞれぶんいえかえっていた+  イスラエルのぜんぞくなかで,ひとびとみなこうあらそっていた。「おうわたしたちをてきからすく+,フィリスティアじんからすくしてくれたが,いまはアブサロムのことでとうぼうしている+ 10  わたしたちがえらんだ*アブサロム+たたかいでんでしまった+いま,どうしておうもどそうとしないのか」。 11  ダビデおうひとつかわして,さいのザドク+とアビヤタル+にこうつたえさせた。「ユダ+ちょうろうたちにこうはなしなさい。『どうしてあなたたちはおういえもどそうとせず,ほかのぞくおくれをっているのですか。イスラエルのみなこえわたしいえとどいています。 12  あなたたちは,わたしきょうだいわたしにくしん*です。それなのにどうしておうもどそうとせず,ほかのぞくおくれをるのですか』。 13  また,アマサ+にこういなさい。『あなたはわたしにくしんではないですか。もしあなたがこんヨアブ+わりにぐんたいちょうにならないなら,かみわたしきびしくばっしますように』」。 14  こうしてユダのすべてのひとこころがすっかりかたむいた。かれらはひとつかわしておうに,「あなたも,あなたのらいたちもみな,おもどりください」とつたえさせた。 15  おうかんはじめ,ヨルダンがわまでた。ユダのたみは,おうむかえてヨルダンがわわたるのをたすけようとして,ギルガル+にやってた。 16  ベニヤミンぞくでゲラのである,バフリムのひとシムイ+も,ダビデおうむかえるためにユダのひとたちといっしょいそいでやってた。 17  ベニヤミンのひとたち1000にんがシムイとともにいた。また,サウルじゅうしゃツィバ+も15にん息子むすこや20にん使つかいをれて,おうるよりもまえにヨルダンがわけた。 18  かれ*は,おういえひとわたらせたりおうようぼうこたえたりするため,わたわたった。いっぽう,ゲラのシムイは,おうがヨルダンがわわたろうとしたとき,そのまえでひれした。 19  そしておうった。「おうわたしゆうざいとおかんがえになりませんように。おうがエルサレムからていかれたに,わたしおかしましたあやま+おもさないでください。おうよ,こころめないでください。 20  わたしは,ぶんつみおかしたことをよくかっております。それで今日きょうおうをおむかえするためにヨセフのいちぞくなかいちばんさきまいりました」。 21  ツェルヤの+アビシャイ+った。「シムイはころされるべきではないでしょうか。エホバがえらんだ*かたをののしったのですから+」。 22  ダビデはった。「ツェルヤのたち+,これはわたしのことで,あなたたちにはかんけいのないことです。どうしてわたしはんぱつするのですか。今日きょうイスラエルでだれかがころされてよいでしょうか。わたしいまイスラエルのおうであることを,わたしかっています」。 23  おうはシムイに,「あなたはぬことはありません」とい,ちかった+ 24  サウルのまごメピボセテ+おうむかえにた。メピボセテは,おうていったからかんしたまで,あしあらわず,くちひげのれもせず,ふくあらわなかった。 25  かれおうむかえるためにエルサレムに*ときおうかれにこうった。「メピボセテ,あなたはどうしてわたしいっしょなかったのですか」。 26  メピボセテはった。「ごしゅじんさま,おうよ,わたし使つか+のたくらみにはまったのです。わたしあしゆうですので+,『ロバにっておういっしょけるよう,くらをいておいてください』とってありました。 27  それなのに,かれおうまえわたしのことをちゅうしょうしました+。ですが,おうしんかみてん使のようなかたですから,おういとおもうことをなさってください。 28  わたしちちいえものみなおうほろぼされてもおかしくないのに,あなたはわたしおなしょくたくかせてくださいました+わたしには,これじょうなにかをおうもとめるけんなどございません」。 29  おうはメピボセテにった。「それじょうはなさなくてけっこうです。こうします。あなたとツィバではたけいなさい+」。 30  メピボセテはおうった。「おういえもどられたのですから,ぜんかれのものになってもかまいません」。 31  ギレアデのひとバルジライ+もロゲリムからやってて,ヨルダンがわまでおうった。 32  バルジライはじょうとしっており,80さいだった。とてもゆうふくで,おうがマハナイムにいたときにはしょくもつきょうきゅうした+ 33  おうはバルジライにった。「いっしょわたりましょう。エルサレムであなたにしょくもつあたえます+」。 34  バルジライはおうった。「おうともにエルサレムにったとしても,わたしはあとなんねんきられるでしょうか。 35  わたしいま80さいです+わたしは,ものしあしをけられるでしょうか。べるものやむものをあじわえるでしょうか。だんじょうたたち+こえけるでしょうか。おうけいおもわせるわけにはいきません。 36  ヨルダンがわまでおれできただけでじゅうぶんです。そこまでしていただくにはおよびません。 37  どうかかえらせてください。ちちはははか+ちかわたしまちなせてください。ここにキムハム+がおります。かれおうともわたらせてください。いとおもうことをかれになさってください」。 38  おうった。「キムハムといっしょわたります。あなたがいとおもうことをかれにしましょう。あなたのねがいはなんでもかなえます」。 39  たみみなヨルダンがわわたはじめた。おうわたときくちづけして+バルジライのためにしゅくふくねがった。そうしてバルジライはまちかえっていった。 40  おうかわわたってギルガル+かい,キムハムもいっしょった。ユダのたみみなとイスラエルのたみはんぶんおうわたっていかせた+ 41  ほかのイスラエルのひとたちみなおうのもとにて,こうった。「わたしたちのきょうだいであるユダのひとたちは,どうしてあなたをよこりして,おういえひとたちやたちにヨルダンがわわたらせたのですか+」。 42  ユダのひとたちみながイスラエルのひとたちにこたえた。「おうわたしたちのうちだからだ+。このことでどうしておこっているのか。わたしたちはおうようなにかをべたり,おくものったりしたか」。 43  イスラエルのひとたちはユダのひとたちにった。「わたしたちのぞくかずは10にのぼり,ダビデについてあなたたちよりもおおきなけんがある。それなのに,どうしてわたしたちをくだすようなことをしたのか。わたしたちがさきおうもどすべきではなかったか」。しかし,ユダのひとたちのはつげんはイスラエルのひとたちをあっとうした*

脚注

または,「救出」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「骨と肉」。
もしかすると,「彼ら」。
直訳,「油を注いだ」。
もしかすると,「から」。
または,「よりも厳しかった」。

注釈

メディア