サムエル​記​第​二 17:1-29

17  アヒトフェルはアブサロムに言った。「どうか私に1万2000人を選ばせ,今夜,ダビデの後を追わせてください。  疲れて弱っている*ところ+を襲い,彼を混乱に陥れます。共にいる皆が逃げ出すでしょうから,私は王だけを討ちます+  そして民全てをあなたのもとに連れ戻します。あなたが狙っている男さえ何とかすれば,民は皆,戻ってきて,やがて穏やかになるでしょう」。  アブサロムとイスラエルの全ての長老にとって,これは名案と思えた。  それでもアブサロムは,「アルキ人のフシャイ+を呼んでもらいたい。彼の言うことも聞こうではないか」と言った。  それでフシャイがアブサロムの所に来た。アブサロムは言った。「アヒトフェルはこのような助言をした。この助言を実行してよいだろうか。よくないなら,どうすればよいか話しなさい」。  フシャイはアブサロムに言った。「アヒトフェルがした今回の助言は良くありません+!」  フシャイは続けた。「よくご存じのように,あなたの父上と部下たちは強く+,野原で子を奪われた雌熊のように+気が立っています。それに,あなたの父上は戦士ですから+,民と共に夜を過ごすことはありません。  今はどこかの洞窟*かほかの場所に隠れているでしょう+。あなたの父上が先に攻撃してきたら,『アブサロムに付いていた民は打ち破られた!』といううわさが広まります。 10  そうなると,ライオンのように勇敢な*+でもおじけづいてしまいます。イスラエル全体が知っている通り,あなたの父上は強く+,共にいる部下たちも勇敢なのです。 11  私の助言はこうです。イスラエル全体をあなたのもとに集めてください。ダンからベエル・シェバにかけて+,海辺の砂のように+多くの人を集め,あなたが率いて戦いに行くのです。 12  そうすれば,彼がどこにいようとも私たちは見つけ,露が地面に降りるかのように彼に襲い掛かれます。彼も部下たちも,一人も生き残りません。 13  もし彼がどこかの町に逃げ込むなら,イスラエル全体と共に行ってその町に綱を掛け,町を谷まで引きずっていき,そこに小石一つさえ残らないようにします」。 14  するとアブサロムとイスラエルの人たち皆は言った。「アルキ人フシャイの助言は,アヒトフェルの助言よりも優れている+!」 エホバの決定*により,アヒトフェルの的確な助言は実行を阻まれることになっていた+。エホバはアブサロムに災難をもたらそうとしていたのである+ 15  フシャイは,祭司のザドクとアビヤタル+に言った。「アヒトフェルはアブサロムとイスラエルの長老たちにこれこれの助言をし,私はこれこれの助言をしました。 16  それですぐに人を遣わしてダビデにこう伝えてください。『今夜は,荒野に近い渡り場*にいてはいけません。必ず川を渡っていってください。そうしないと,王も民も皆,消し去られてしまいます+』」。 17  ヨナタン+とアヒマアツ+はエン・ロゲル+で待機していた。あえて都市に入ることをしなかったのである。そこに召し使いの女性がやって来て報告し,2人はダビデ王の所に伝えに向かった。 18  ところが,ある若者が2人を見掛け,アブサロムに話した。それで2人はすぐに去っていき,バフリム+のある男性の家に行った。庭に井戸があったので,2人はその中に下りた。 19  男性の妻が井戸の口に覆いを掛け,その上に砕いた穀物を載せたため,誰にも気付かれなかった。 20  アブサロムの家来たちが家に来て女性に言った。「アヒマアツとヨナタンはどこにいるのか」。女性は答えた。「ここを通り過ぎて川の方に行きました+」。家来たちは捜したが,見つけられず,エルサレムに帰った。 21  家来たちが去ると,2人は井戸から出てきて,ダビデ王の所に行ってこう伝えた。「さあ,すぐに川を渡ってください。アヒトフェルはあなたを討つためにこれこれの助言をしました+」。 22  ダビデと民の皆は直ちに出発して,ヨルダン川を渡った。夜明けまでに,全員がヨルダン川を渡り切った。 23  アヒトフェルは,自分の助言が実行されなかったのを知って,ロバを用意し,故郷+の自分の家に帰った。そして家の人たちに指示を与えてから+,首をつった+。彼は死に,父祖たちの墓に葬られた。 24  その間にダビデはマハナイム+に行った。アブサロムもイスラエルの人たち皆を連れてヨルダン川を渡った。 25  アブサロムはヨアブ+の代わりにアマサ+に軍隊を任せた。アマサは,イスラエル人イトラとナハシュの娘アビガイル+の間の子である。アビガイルは,ヨアブの母ツェルヤの姉妹だった。 26  イスラエルとアブサロムは,ギレアデ地方+に陣営を張った。 27  ダビデがマハナイムに着くとすぐ,アンモン人の都市ラバ+の人ナハシュの子ショビと,ロ・デバルの人アミエルの子マキル+と,ギレアデのロゲリムの人バルジライ+が, 28  寝具,鉢,土器,小麦,大麦,麦粉,炒った穀物,空豆,レンズマメ,あぶった穀物を持ってきた。 29  蜂蜜,バター,羊,チーズ*もあった。彼らは,ダビデと民が食べられるようにとこれら全てを持ってきた+。「民は荒野で飢えて疲れ,喉が渇いている+」と思ったのである。

脚注

または,「両手に力がない」。
または,「穴」,「峡谷」。
直訳,「心が勇敢な」。
または,「命令」。
もしかすると,「砂漠平原」。
直訳,「牛の凝乳」。

注釈

メディア