サムエル​記​第​二 14:1-33

14  ツェルヤのヨアブ+は,アブサロムをおもおうちにいた+  そこでヨアブはテコア+ひとつかわし,1人ひとりこうじょせいれてこさせた。そしてかのじょった。「ふくて,なげかなしんでいるふりをしてくれないか。からだあぶらってはいけない+だれかをくしてながあいだなげかなしんでいるじょせいのようにうのだ。  おうのもとにき,こういなさい」。そうしてヨアブはうべきことをかのじょつたえた。  テコアのじょせいおうのもとにき,をかがめてひれし,「おうよ,たすけてください!」とった。  おうかのじょに,「どうしたのですか」とった。するとかのじょった。「わたしはやもめです。おっとくなりました。  わたしには2人ふたり息子むすこがおり,息子むすこたちははらでけんかをはじめました。ってはいひとだれもおらず,1人ひとりがもう1人ひとりおうしてころしてしまいました。  するといちぞくぜんたいわたしかってがり,『きょうだいおうしたものわたせ。ころされたきょうだいのために,そのものころすのだ+あとぎがえることになってもかまわない』とうのでございます。かれらは,わたしのこされたさいすみ*して,おっとまえそん*じょうからろうとしているのです」。  おうじょせいった。「いえかえりなさい。あなたのことでめいれいしましょう」。  テコアのじょせいおうった。「おうよ,つみせきにんわたしちちいえものにあります。おうとそのおうけっぱくです」。 10  おうった。「あなたになにかをってくるひとがいれば,そのひとわたしところれてきなさい。そのひとがあなたをなやますことはとなくなります」。 11  じょせいった。「どうかおうがエホバかみおぼえていてくださり,ふくしゅうしゃ*+息子むすこさつがいすることがありませんように」。おうった。「きているかみエホバにけています+。あなたの息子むすこかみ1ぽんでさえめんちることはありません」。 12  じょせいは,「どうかおうひとこともうげさせてください」とった。おうは,「はなしなさい」とった。 13  じょせいった。「おうはどうしてかみたみ+にとってそんしつとなることをしておられるのですか。おうがおっしゃったことからすると,ついほうした+もどさないおうにはつみがあるのではありませんか。 14  わたしたちはみなかならにます。めんそそされ,もどすことのできないみずのようです。しかし,かみいのちったりはしません。かみは,だれかがついほうされたとしても,ごぶんのもとからはついほうされるべきではないゆうこうりょされます。 15  わたしがこうしたことをおうにおはなしにまいりましたのは,ひとびとこわくなったからです。わたしかんがえました。『おうはなそう。おうはきっとわたしねがいをいてこうどうしてくださる。 16  おういて,わたしすくってくださるにちがいない。かみいただいたからわたしとたった1人ひとり息子むすころうとするひとから,すくってくださる+』。 17  そしてこうねがいました。『おうわたしあんしんさせることをってくださいますように』。おうは,しんかみてん使のように,いこととわるいことをけるからです。エホバかみおうともにいてくださいますように」。 18  おうじょせいこたえた。「わたしたずねることにかくさずにこたえてください」。じょせいった。「おうよ,どうぞおっしゃってください」。 19  おうたずねた。「これはぜん,ヨアブがさせたことなのですか+」。じょせいこたえた。「おうよ,きているあなたにけてもうします。おうわれるとおりです*。あなたのらいヨアブからけ,うべきことをおしえられました。 20  おうじょうきょうちがったかんてんていただくため,あなたのらいヨアブがしたことです。ですが,おうしんかみてん使のようなをおちで,じょうきていることをすべてごぞんじです」。 21  それでおうはヨアブにった。「いいでしょう。こうしましょう+わかものアブサロムをもどしにきなさい+」。 22  ヨアブはをかがめてひれし,おうしょうさんした。そしてった。「ごしゅじんさま,おうよ,今日きょうわたしおうこうていることをりました。おうわたしねがいをいてこうどうしてくださったからです」。 23  こうしてヨアブはがってゲシュル+き,アブサロムをエルサレムにれてきた。 24  おうは,「かれぶんいえもどらせなさい。ですが,かれわたしいにてはなりません」とった。それでアブサロムはぶんいえもどり,おういにはかなかった。 25  イスラエルのどこにも,アブサロムほどりりしくてしょうさんされるひとはいなかった。あたまのてっぺんからあしうらまでけってんがなかった。 26  かれかみると,おもさはおうしついしおも*はかって2.3キロだった。(かれかみじょうおもかったので,ねんに1っていた。) 27  アブサロムには3にん息子むすこ+1人ひとりむすめまれた。むすめはタマルといい,とてもうつくしいじょせいだった。 28  アブサロムはまる2ねんエルサレムにんでいたが,おういにくことはなかった+ 29  アブサロムはヨアブをんでおうのもとにつかわそうとしたが,ヨアブはなかった。ふたたひとおくってかれんだが,それでもようとしなかった。 30  ついにアブサロムはらいたちにった。「わたしとなりにヨアブのがあり,おおむぎえてある。そこにけにけ」。それでアブサロムのらいたちはそのけた。 31  ヨアブはがり,アブサロムのいえった。「あなたのらいたちはどうしてわたしけたのですか」。 32  アブサロムはヨアブにこたえた。「わたしひとおくってあなたにこうつたえさせた。『こちらにてほしい。あなたをおうのもとにつかわし,こうたずねてもらいたいのだ。「なぜわたしはゲシュルからたのでしょうか+わたしにとってはあそこにいたほうがましでした。おうわせてください。もしわたしつみがあるのでしたら,おうわたしころすべきです」』」。 33  それでヨアブはおうのもとにってはなした。おうがアブサロムをせたので,アブサロムはおうのもとにて,おうまえをかがめてひれした。おうはアブサロムにくちづけした+

脚注

子孫を残せる最後の望みのこと。
直訳,「残りの者」。
または,「流血に対する復讐者」。
または,「言われることから誰も右にも左にもそれることはできません」。
一般の重りとは違う「王室の」重り,あるいは王宮に保管されていた標準重りのことかもしれない。

注釈

メディア