サムエル​記​第​二 13:1-39

13  ダビデのアブサロムにはタマル+といううつくしいいもうとがいた。ダビデのアムノン+はタマルにこいをした。  アムノンはいもうとタマルのことでおもなやみ,あいわるくなるほどだった。かのじょしょじょで,アムノンはかのじょなにもできそうになかったからである。  アムノンには,ダビデのきょうだいシムア+で,エホナダブ+というまえゆうじんがいた。エホナダブはこうひとだった。  エホナダブはった。「おうであるあなたが,どうしてまいあさそんなにおもなやんでいるのですか。はなしてくれませんか」。アムノンはった。「タマルにこいをしているのです。わたしおとうとアブサロムのいもうと+です」。  エホナダブはった。「ベッドによこになり,びょうのふりをしなさい。あなたのちちうえいにたら,こううのです。『いもうとのタマルがここにるようにしていただけませんか。わたしべるものをタマルにようさせてください。まえかのじょびょうにんのためのしょく*つくってしてくれるなら,べます』」。  そこでアムノンはよこになってびょうのふりをした。おういにやってたので,おうった。「いもうとのタマルがここにるようにしていただけませんか。タマルがわたしまえを2つくようにしてください。それをしてもらったら,べます」。  それでダビデはひとつかわし,いえにいるタマルにこうつたえさせた。「アムノンにいさんのいえって,しょく*つくってあげてほしい」。  タマルがあにアムノンのいえくと,アムノンはよこになっていた。タマルはかれまえをこねてつくった。  そしてなべからしてアムノンのまえした。しかしかれべようとせず,「みんな,ていきなさい!」とった。それでみなていった。 10  アムノンはタマルにった。「しょく*しんしつべられるようってきてくれないか」。タマルはつくったしんしつにいるあにアムノンのところっていった。 11  すると,アムノンはタマルをつかまえてった。「いもうとよ,さあ,わたしてくれ」。 12  かのじょった。「いけません,おにいさま! わたしはずかしめないでください。イスラエルではそのようなことをしてはならないのです+。そんなひどいことをしないでください+ 13  はずかしめをけたらわたしえられません。おにいさまもイスラエルではじをかくことになってしまいます。ですから,どうかおうはなしてください。おうはきっとわたしをおにいさまにあたえてくださるでしょう」。 14  それでもアムノンはれず,ちからずくでかのじょおかし,はずかしめた。 15  するとアムノンはタマルをにくはじめた。じょうつよにくしみだった。かのじょたいするにくしみが,かのじょいだいていたあいよりもおおきくなり,「きて,ていけ!」とった。 16  タマルはった。「いやです,おにいさま。わたしすなんて,すでにわたしにしたことよりももっとひどいことです!」 それでもアムノンはれなかった。 17  アムノンはわかじゅうしゃんでった。「このおんなをここからそとし,かぎけておけ」。 18  (タマルはとくべつ*ながふくていた。それは,しょじょであるおうむすめたちがふくだった。)じゅうしゃかのじょそとし,かぎけた。 19  タマルはあたまはいをかぶり+ていたじょうとうながふくいた。あたまいてあるき,きながらっていった。 20  あにのアブサロム+かのじょった。「いっしょにいたのはアムノンにいさんだったのか。いいか,タマル,だまっていなさい。かれはあなたのあに+。このことをまなくていい」。それでタマルはあにアブサロムのいえみ,ひとわないようにした。 21  ダビデおういちじゅうき,じょうおこったが+,アムノンをめるようなことはしなかった。ちょうなんであるアムノンをあいしていたからである。 22  アブサロムはアムノンになにわなかった。いもうとタマルをはずかしめた+アムノンをにくんでいた+ 23  まる2ねんがたったころ,エフライム+ちかくのバアル・ハツォルに,アブサロムのひつじひとたちがいた。アブサロムはおうぜんいんまねいた+ 24  アブサロムはおうのもとにった。「いまひつじっております。どうかおうらいたちもわたしともにおいでください」。 25  おうはアブサロムにった。「でも,アブサロム,みなってたんけるといけない」。アブサロムはしきりにたのんだが,おうこうとせず,ただアブサロムのためにしゅくふくねがもとめた。 26  アブサロムはった。「おいでにならないのでしたら,どうかアムノンにいさんをともかせてください+」。おうった。「どうしてアムノンがかなければいけないのか」。 27  しかしアブサロムがつよたのんだので,おうはアムノンとおうぜんいんをアブサロムとともかせた。 28  アブサロムはじゅうしゃたちにめいじた。「よくていなさい。アムノンがぶどうしゅでいいぶんになったら,わたしはあなたたちに,『アムノンをて!』とう。そうしたら,かれころしなさい。おそれてはいけない。これはわたしめいれいだ。つよくあって,ゆうしなさい」。 29  それでアブサロムのじゅうしゃたちは,めいじられたとおり,アムノンをころした。おうのほかのたちはみながり,それぞれラバにってげた。 30  かれらがとうちゃくするまえに,ダビデは,「アブサロムがおうぜんいんち,みなんだ」というほうこくけた。 31  おうがってふくき,ゆかよこになった。らいたちはみなふくき,そばにっていた。 32  ダビデのきょうだいシムア+エホナダブ+がこうった。「ごしゅじんさま,おうぜんいんころされたとはおもわないでください。くなったのはアムノンだけです+。アブサロムが,いもうと+タマル+がアムノンにはずかしめられたからけつしていたこと+めいれいしたのです。 33  それで,ごしゅじんさま,おうよ,『おうたちがみなんだ』ということこころめないでください。くなったのはアムノンだけなのです」。 34  そのあいだにアブサロムはった+りがげると,うしろのやま沿いのみちからおおくのひとがやってるのがえた。 35  それでエホナダブ+おうった。「ごらんください。おうたちがもどってこられました。わたしもうげたとおりです」。 36  かれはなえると,おうたちがて,こえげていた。おうらいたちみなじょうはげしくいた。 37  いっぽう,アブサロムはり,ゲシュルのおうアミフドのタルマイ+ところった。ダビデはなんにち息子むすこなげかなしんだ。 38  げてゲシュル+ったアブサロムは,3ねんそこにとどまった。 39  やがてダビデおうはアブサロムのところきたいとおもった。アムノンのれた*のである。

脚注

または,「慰めのパン」。
または,「慰めのパン」。
または,「慰めのパン」。
または,「飾り付きの」。
または,「死について慰めを得た」。

注釈

メディア